全巻まとめ

初心者でダメダメな主人公が仲間と共に成長する青春サッカー漫画『DAYS』全42巻+外伝【ネタバレ注意】

中学校ではいじめられっ子だった柄本つくしは、高校入学前に同い年のサッカーの天才・風間陣と偶然知り合い、フットサルの誘いを受ける。
フットサルの試合に出場した柄本は、下手なりに必死に走ってゴールを奪う。
その後風間も柄本と同じ聖蹟高校の生徒だったことが分かり、サッカー初心者の柄本がサッカー名門高校でチームメイトと共に成長していく。

登場人物紹介

<聖蹟高校>

柄本 つくし(つかもと つくし)
本作の主人公。FW、1年生。父親を幼いころに亡くし、車椅子生活だが気丈に児童センターで働く母親との母子家庭で育つ。
サッカーはまったくの初心者で運動神経も良くないが名門高校のチームメイトを驚かせるほどの忍耐力、向上心を持つ。
不器用ながらも何事にも一生懸命に取り組み、その姿勢はチームメイトにも影響をおよぼす。

風間 陣(かざま じん)
本作のもう一人の主人公。1年生。主なポジションはフォワード。サッカーの天才。
1年生ながら周りからは個人技なら聖蹟1と言われており、選手権で風間のプレイを見た平からは「十傑に匹敵する」とまで言わしめる程。

水樹 寿人(みずき ひさひと)
FW、3年生。聖蹟高校サッカー部キャプテンでチームの大黒柱。
一般で入学したサッカー初心者だったが並々ならぬ努力で東京ビッグ3および十傑の一人に数えられるほどの最強選手になった。
口数こそ少ないが人望や信頼度は非常に高く、グラウンドの内外でチームの核。
ただしサッカー歴は非常に浅いため、戦術理解度は未だ低く、トラップミスやパスの精度に安定度を欠くなど経験不足なプレーも目立つ。

君下 敦(きみした あつし)
MF、2年生。主なポジションはトップ下。実家はスポーツショップを営んでいるが超貧乏。成績は学年トップ。
大柴とは犬猿の仲で試合中でも何かとケンカを始める。

大柴 喜一(おおしば きいち)
FW、2年生。ポジションはセンターフォワードとセンターバック。
聖蹟一の恵まれた体格とフィジカルを持つが、反対に頭脳に恵まれず凄まじいバカ。
君下とは犬猿の仲で何かとケンカを始める。

臼井 雄太(うすい ゆうた)
DF、3年生。聖蹟高校サッカー部副キャプテン。ポジションはディフェンダー。
面倒見が良く、戦術眼に優れる頭脳派。チームの危機を何度も救ってきた守備の要。
アメとムチを使いこなし後輩からは畏敬の念を込め鬼軍曹と呼ばれる。

灰原 二郎(はいばら じろう)
DF、3年生。ポジションはディフェンダー。小柄だが運動量豊富な右サイドバック。
似ていないイケメンの双子の弟がおり、頼れる兄として慕われている。
持久走では全部員の中で1番のタイムを出している。

猪原 進(いのはら すすむ)
GK、3年生。大柄で強面。チームの守護神。
口下手でプレーは地味だが徹底して基本に忠実、チームのために体を張ってゴールを守る。

来須 浩之(くるす ひろゆき)
FW、1年生。泥臭いキープ力が持ち味。新戸部、白鳥とは中学時代からのチームメイトかつ一年生三馬鹿トリオの一人。

新戸部 哲也(にとべ てつや)
DF、1年生。来須、白鳥とは中学からのチームメイトかつ一年生三馬鹿トリオの一人。
闘志を剥き出しにしたプレースタイルが特徴。

白鳥 直樹(しらとり なおき)
FW、1年生。シュート技術が高い。来須、新戸部とは中学からチームメイトかつ一年生三馬鹿トリオの一人。

今帰仁 翔(なきじん しょう)
GK、1年生。生まれ持った運動神経と野生の勘を持つ天才肌のプレーヤー。運動神経は1年生では風間に並んでトップクラスだが、プレーはまだ不安定で、猪原に比べると弱々しく感じられる。

佐藤 栄樹(さとう ひでき)
MF、2年生。レギュラーであり、鈴木とダブルボランチを組む。
味方のフォローやケアでピッチを走り回り、攻守のバランスを巧みに取るプレイヤー。チームのために、目立つことなく黒子に徹することができる。
誰とでも分け隔てなく仲良くでき、かつ言うべきことは言ってくる人類皆兄弟タイプ。

鈴木 栄太(すずき えいた)
MF、2年生。レギュラーであり、佐藤とダブルボランチを組む。聖蹟の戦術の幅を広げてくるユーティリティープレイヤーで、GK以外は全ポジションをこなす稀有な存在。
フォーメーションによってはセンターバックやトップ下も務める器用な選手。
パスもドリブルも守備も的確にこなし、状況に左右されず常に最善な方法で冷静にプレーする。

国母 みつる(こくぼ みつる)
DF、3年生。三股するなど、女好きな性格。

速瀬 隆伸(はやせ たかのぶ)
DF、3年生。 聖蹟で1番の左利きの高速ドリブラー。主に左サイドバック。
普段は軽い性格で女好きだが、サッカーになると真剣になる。

笠原 淳平(かさはら じゅんぺい)
3年生。シュートが丁寧で正確、試合終盤に入っても慌てないメンタルが頼もしいが、その分思い切りの良さに欠ける。
限界を感じサッカー部を辞めると言うが、本当は祖母の体調が悪化したため、IHを最後に引退を決める。

生方 千加子(うぶかた ちかこ)
1年生。サッカー部のマネージャー。性格は男勝りでぶっきらぼう。
当初はつくしにきつく当たっていたが、毎日愚直に努力を重ねるつくしの姿に影響される。
何となく入ったサッカー部だったが、選手の情熱にさらに影響を受け自分もチームの一員として他校に偵察に行ったりと積極的に行動するようになる。

橘 小百合(たちばな さゆり)
2年生。柄本の家の隣に住んでいる幼馴染。
幼い時から何かとつくしの面倒を見ており、サッカーに出会って成長するつくしに寂しさを感じている。

中澤 勝利(なかざわ かつとし)
聖蹟高校サッカー部監督。バツ1。聖蹟高校サッカー部のOB。
前任の監督に声をかけられサッカー部の手伝いをしていたが、前任の監督の指名で後任の監督に就任する。
監督として自らの未熟を理解しており、女子マネージャーである生方を信頼し彼女の立てた戦術を採用したり、選手たちの進言を取り入れるなど度量の広さがある。

真中 壮太郎(まなか そうたろう)
聖蹟高校3年生の男子生徒。スポーツ推薦で入学した。元サッカー部。
1年では水樹と同じクラスとなり、水樹がサッカー部に入部したきっかけを作った。

<桜木高校>

犬童 かおる(いんどう かおる)
MF、3年生。桜木高校サッカー部キャプテン。ファンタジスタでパスでチームをコントロールする天才パサーというプレイスタイル。
鳥のような上空からピッチを俯瞰して見る視野を持ち、誰もが想像できないパスを繰り出す。天才の中の天才と呼ばれる選手。
水樹同様プロ入りが内定しており、水樹と同じく十傑の1人。

成神 蹴冶(なるかみ しゅうじ)
FW、3年生。 犬童と共に天才と呼ばれ「死神」の異名を持つ選手。
低身長で見た目は弱々しいがサッカーのことになると強気になる。気管支喘息を患っており、高校入学時までは満足にサッカーが出来なかった。
十傑と同程度の力はあるが、本人が海外を希望しているため、十傑の条件であるプロ入りが内定していないので、十傑には含まれていない。

如月 太狼(きさらぎ たろう)
DF、3年生。中学時代に全国制覇したチームのキャプテンでMVPになった実績を持っている。
普段は穏和な性格だが、サッカーになると人が変わり抜群の統率力と怒鳴りつけることをいとわない熱血漢になる。
スピードとフィジカルを兼ね備え都内屈指の守備能力を誇り闘将如月の異名を持つ。

近藤 留夏(こんどう るか)
GK、3年生。怪物キーパーの異名を持つ。
喧嘩っ早い性格で、高校からサッカーを始ており、高い身体能力の高さを持っているが、サッカーを高校から始めたため、ルールを完璧に理解してなかったり、失点に繋がるプレイミスをする事もあり他のメンバーからはミスをする度に呆れられている。

鳥飼 翔(とりかい しょう)
ボランチ、3年生。元いじめっこであり、体の弱い成神のことをいじめていたこともある。
高校に入って腰を酷く痛めており、試合前には麻酔を打って貰わなければ試合に出れない状態である。
一時期サッカー部を辞めていた時期があったが、成神から執拗に戻る様言われ、戻った過去がある。

猫谷 陽助(ねこたに ようすけ)
3年生。小柄で童顔、スピード抜群のアタッカー。

倉科 丈一郎(くらしな じょういちろう)
2年生。右サイドバック。丈二郎とは双子の兄弟。

倉科 丈二郎(くらしな じょうじろう)
2年生。左サイドバック。丈一郎とは双子の兄弟。

<東院学園>

保科 拓己(ほしな たくみ)
MF、3年生。東京ビッグ3 最後の男。チームの攻守に亘る大黒柱。
徹底的なリスク回避を念頭に置いた的確な状況判断と統率力でチームを牽引する。
長兄はJリーガー、次兄は大学リーグの得点王であり、後に長兄の口利きでプロ入りが決まり、十傑の一人になる。

浦 静(うら しずか)
DF、3年生。保科を天才と思っている反面、自分は誰よりも下手であると認識しており、人並以上の努力をしてきた。ディフェンスは忍耐と考えている。
あわや失点というところでオフサイドトラップを仕掛ける判断力も持っている。東院サッカーの体現者と評されている。

石動 亜土夢(いするぎ あとむ)
GK、1年生。入部の際、ポジションはどこでも出来ると言い切り、思い切りの良さと判断力は群を抜いており、監督がGKとしての適性を見抜いた。
ゴールから離れて攻撃に参加してくる。ゴールキーパーとしての天賦の才を持っているが、元々は関西圏でも有名なレジスタであり、パスやシュート、ドリブルの技術も高い。さらに努力も怠らない。

海藤 隼(かいどう はやと)
FW、3年生。誰もが認める東院の大エース。シュートスキルが極めて高く、どこからでもゴールを狙える。
攻撃の選手は保科以上の評価を得ている。
生まれつきの両利きで、実際に対峙すると相手は困惑してしまうほど、完璧に両方を使いこなす。

<京王河原高校>

丸岡 勇二(まるおか ゆうじ)
FW、2年生。京王河原高校サッカー部のキャプテンでエース。
身体を揺らした独特な動きから相手の逆をつくプレイを得意とし、犬童からは「丸岡のサッカーセンスは常軌を逸している」と言われる。

甲斐 貴文(かい たかふみ)
FW、2年生。中学時代は、君下、大柴と都選抜で同じチームだったが、途中で監督から「選抜に来なくて良い。君と彼らには生涯埋まらない差がある」と言われた過去がある。
左足による大砲みたいなシュートが武器。

<青函高校>

平 源一郎(たいら げんいちろう)
MF、3年生。青函高校サッカー部のキャプテンでゲームメイカー。
自信過剰で奔放な一面もあるが仲間の信頼は厚い。
パワーのあるパスは、威力もシュート並みの強さで、さらに精度も高く、敵が取りにくく味方が合わせやすいパスを供給できる。
強靭な筋肉と力をもつ。高校卒業後は、水樹と同じ鹿島アントラーズへの入団が決まっている。 十傑の一人。

火村 まゆみ(ひむら まゆみ)
FW、1年生。エース。一気にゴール前へと迫るスピード、平からの弾丸パスを柔らかく受け止めるテクニックを併せ持つ。
好不調の波があるものの、好調時には得点を量産する。

樋口 元典(ひぐち もとのり)
DF、3年生。守りの要。審判の死角を突いたプレーや、挑発を繰り返して動揺を誘う心理攻撃など、クレバーなプレーで相手を翻弄することを得意とする。
試合中においても冷静沈着で、火村をたしなめる場面も。自分より大型の選手相手でも、さばき方を工夫することで当たり負けしない。

<梁山高校>

加藤 一彦(かとう かずひこ)
MF、3年生、主将。十傑。年代別の日本代表にも選ばれ、夏のインターハイでは最優秀選手に選ばれている。一年から梁山のレギュラー。
碇屋とは幼稚園からの付き合いだが、マルコと出会うまで仲が良くなかった。
無尽蔵のスタミナを持ち、ピッチのどこにでも顔を出しボールに喰らいつく姿をつくしの目指すべきプレースタイルの究極形の一つと言われる。

碇屋 良介(いかりや りょうすけ)
MF、3年生、十傑。年代別の日本代表にも選ばれ、「日本の至宝」と呼ばれている。2年前のUAE遠征時、イラク戦で膝を故障している。
天才肌だけに入りに多少ムラがあるのが欠点。
状況判断が良く、誰も想像しないプレーを瞬時に思いつき、それを99%左足だけでやってのけ、「神の左足」と呼ばれる。

高木 マルコ(たかぎ マルコ)
DF、3年生、十傑。高校サッカー史上最高のSBとの呼び声も高い。
猛スピードからの急停止を可能とする体の強さもあり、水樹に負けないパワーも持ち合わせている。

志村 千槽 (しむら せんそう)
DF、1年生、水口には十傑クラスと評される。腕が長く、相手に対し威嚇と共に物差しにもなり、上半身の使い方が上手い。
身体能力任せのマルコとは違い、非常に合理的なディフェンスをする。

中野 剛 (なかの ごう)
GK、3年生。今年1試合に2失点以上の失点はない。「GKの醍醐味はヒリつくような緊張感あってこそ」と言い、試合ではビッグセーブを連発する。
加藤と碇屋不在時はキャプテンを務めていた。

瀬戸 敏 (せと さとし)
DF、3年生。センターバックを務める守備の要。対人に強い。

仲本 慎司 (なかもと しんじ)
2年生、碇屋の不在時はトップ下を任される逸材。

武田 さなぎ (たけだ さなぎ)
3年生の女子。マネージャー。短い前髪が特徴。加藤、碇屋と幼馴染。

水口 秋子 (みなくち あきこ)
梁山高校新監督の女性。名将と言われた前任の監督を父に持つ。周囲の不安をよそにその剛腕で生徒の信頼を勝ち取ってきた。
新任の挨拶では、「一度でも敗ければ辞する」と言った。自校の選手を信頼しており、思い切った采配をする勇気と決断力がある。
前監督である父のことを「サッカーという魔力に憑りつかれた人」と思っている。母の葬式の際でさえ、遅れて来る父に激高する。

<音羽学院>

砂山 朝一(すなやま あさいち)
GW、3年生。主将。U-18日本代表正GKでもあり十傑の一人に数えられる。
試合前にゴール前に立つことでその日の自身の感覚や状態を把握する独自のルーティンをしている。
軽やかな動きと無駄の無い動きに加え体幹が非常に強く、水樹と大柴と3人でも空中でぶつかり合うもビクともしなかった。
また、PKでは水樹の強烈なシュートを片手で止めるほどのパワーもあり、梁山の正GKの中野剛からも、自分とは比較にならないと言わしめる程、その守備に穴は無い。

<一星学園>

奥 太一(おく たいち)
3年生、FW。主将。かつてプロを目指していたが、相庭と出会いその夢を諦め、彼の踏み台になっても良いと考えている。
力では未蘭より上。

神村 式部(かみむら しきぶ)
MF、3年生。副主将。冷静で広い視野と優れた技術を持つ攻守の柱。

相庭 未蘭(あいば みらん)
FW。2年生ながら十傑の一人であり、保科曰く「十傑唯一の純血なストライカー」。大会得点王候補。

新納 啓人(にいろ けいと)
1年生、ドリブラー。細かいタッチが武器であり、規格外のドリブラーと称され、風間曰く「成神とタイプが似ている」。

南部 豊(なんぶ ゆたか)
一星学園サッカー部監督。中澤の1つ後輩だが、試合前に再開した際は、自分が1つ先輩だと勘違いをしていた。
現在、一星学園では超攻撃型サッカーに辿り着いたが、高校時代のサッカー部でのポジションはCBで、誰より堅いサッカーをしていた。

<由比ヶ浜高校>

谷口 雅士(たにぐち まさし)
3年生、FW。主将。人格者で人望が厚く、チームのバランサーとしての機能を持つ。
中学時代は風間と同じサッカー部の主将をしており、部員にのびのびと気兼ねなくプレーして欲しいと思っている。

松本 大河(まつもと たいが)
1年生、MF。中学のころ、風間と同じクラスでサッカー部だった。
中学の試合で途中で自ら退場した風間のことを目の敵にしている。

木戸 悠斗(きど ゆうと)
ポジションはオフェンシブミッドフィルダー。2年からサッカー部に入部する。

<その他>

柄本 のぞみ(つかもと のぞみ)
つくしの母親で、車椅子で生活しながら児童センターで働いている。夫とは死別しており、女手一つでつくしを育ててきた。

風間 暁子(かざま あきこ)
風間の母親で気弱そうな伏し目がちの目付きの持ち主。何らかの理由で風間とは別居しているらしい。

風間 有紀(かざま ゆき)
風間の妹。つぶらな目が特徴の中学3年生の女の子。初対面の生方や小百合に対し、お土産を渡し挨拶をするしっかりした性格。
サッカーに詳しく、観戦中の小百合たちに試合の状況やサッカー用語の説明をしている。

成神 夏(なるかみ なつ)
大学1年生。桜木高校サッカー部OGで元マネージャー。蹴治の姉。

猪原 由香(いのはら ゆか)
猪原の年の離れた妹。

来須 恒之(くるす つねゆき)
来須の祖父。

水樹 慶一(みずき けいいち)
水樹の祖父。故人。

保科 満(ほしな みつる)
東院のOBであり保科の兄。保科三兄弟の長男でJリーガー。大阪のチームに所属。保科をチームに誘う。

保科 聖也(ほしな せいや)
東院のOBであり保科の兄。保科三兄弟の次男で大学得点王。浦を自らが所属する大学のサッカーチームに誘う。

千手 理人(せんじゅ りひと)
大学2年生。椿原実業高校サッカー部OB。
近藤のGKの師匠でもある。大学生ではあるが小柄な体格であり、浦からは大学生であることを驚く程。

各巻のあらすじ(編集中)

<序章・インターハイ予選編>

親友と出会い、サッカーの楽しさを知った運動音痴の高校生
つくしがまさかの公式戦出場!?インターハイ予選の初戦はギリギリの辛勝
インターハイ予選の決勝まで勝ち上がった聖蹟、桜高とのライバル対決が始まる
互いにゴールを奪い合う激闘の末、桜高に一歩及ばず決勝敗退

<遠征合宿編>

全国区の強豪たちと遠征合宿、レギュラーを奪うための戦いが始まる
つくしが行き着いたサッカースタイル、強豪の青函高校との練習試合で風間とつくしの友情に亀裂が…?
つくしが価千金の決勝弾!いよいよ3年生にとって最後の公式戦が開幕

<選手権東京都予選準決勝 vs京王河原高校>

水樹・大柴・風間の3本の矢を欠いた状態臨む準決勝、窮地に奮起したのは…?
窮地のなか、君下がフリーキックだけでハットトリックという伝説を打ち立ててチームを勝利に導く

<選手権東京都予選決勝 vs東院学園>

東京の絶対王者・東院との決勝戦がスタート、堅守を崩せるか
東院が早々に切り札を解禁!GKが攻守に躍動し、大エースも投入!劣勢の聖蹟に勝ち目はあるか…
東院に先制を許すも風間のゴールで同点!しかし後半終了間際に痛恨のPKを献上、絶体絶命のピンチが訪れる…
守護神猪原と大黒柱の水樹が劇的な勝利に導き、更なる強者の待つ全国の舞台へ

<選手権全国大会1回戦 vs由比ヶ浜高校>

部内の紅白戦を経て全国大会が開幕、初戦の相手は風間と因縁のある由比ヶ浜
風間の先制ゴールと縦横無尽に走るつくしの投入、聖蹟が完璧な試合運びで初戦を突破

<選手権全国大会2回戦 vs一星学園>

2回戦の一星学園とは攻撃力抜群のチーム同士の激突!1対1で臼井が抜かれるまさかの事態に
臼井がまさかの大乱調!守護神猪原がチームを支えるが更なるアクシデントが聖蹟を襲う
同点に追いつかれながらも水樹の個人技で再び勝ち越し!試合終了まであと僅か
一星学園を下し、次は日本一の梁山に決定!しかしつくしが苦しい胸の内を吐露…

<選手権全国大会3回戦 vs梁山高校>

いよいよ日本一の梁山高校との決戦がキックオフ!序盤から果敢に仕掛ける聖蹟
序盤は聖蹟ペース、しかし梁山がギアを上げ反撃の牙を剥く!試合は前半から激しい攻防に
碇屋のスーパーゴールで梁山が先制!マルコと水樹のマッチアップが白熱
碇屋のゴールで追加点!後半から聖蹟の猛反撃が始まる
碇屋にハットトリックを許す絶望的な展開、聖蹟はゲーゲンプレスで猛反撃へ
つくしの投入でゲーゲンプレス完成!水樹が執念の2ゴールで猛追
体力の限界が近づくなか、水樹のハットトリックでついに同点に!
試合終了間際の白熱した攻防、乾坤一擲のカウンターで聖蹟が奇跡的な逆転に成功!

<選手権全国大会4回戦 vs音羽学院>

日本一の梁山を破りベスト8へ!次の相手は最強GK率いる音羽学院に決定
音羽を下して準々決勝進出!次の相手は桜高と青函の勝者に決まる

<選手権全国大会4回戦 桜木高校vs青函高校>

桜高vs青函、リードしてカウンター狙いの青函に犬童が挑む
桜高の猛攻が青函の気迫を上回る!準決勝では聖蹟と桜高が激突へ

<選手権全国大会準決勝 vs桜木高校>

準決勝へ向け練習に気合が入る聖蹟、しかし風間が部活に姿を見せなくなってしまう…
母が倒れたため風間は欠場、絶対に負けられない桜高との準決勝へ
準決勝、聖蹟vs桜高キックオフ!最高の舞台で序盤から白熱した攻防が繰り広げられる
聖蹟の連携vs犬童の個人技、つくしの先制弾で聖蹟が先制に成功!
エース成神を前倒しで投入した桜高がリズムに乗り逆襲へ
成神のスーパーゴールで同点!試合は振り出しとなり運命の後半が始まる
自分の限界に挑戦する君下が躍動、一方の桜高はチームの要にアクシデントが起こり苦しい展開に
異次元のプレーで迫る犬童、対する聖蹟にはついに風間が復帰!チームの連携でPKのチャンスが到来
犬童・成神の連携で勝ち越しゴールを許した聖蹟、苦しい展開に大黒柱の水樹がリミッターを解除する
水樹のゴールで同点!試合終盤は文字通りの総力戦に
絆が結んだ値千金の決勝弾!仲間と過ごした最高の日々は永遠の思い出に

<外伝>

君下の過去と覚悟、臼井の中学時代のエピソード(前編)
臼井のエピソード(後編)、双子の弟が語る灰原の素顔、遊びにも練習にも熱心な速瀬と国母(前編)
速瀬と国母のエピソード(後編)、元妻と復縁したい中澤監督、佐藤と鈴木の過去、実家に帰省した来栖(前編)
実家に帰省した来栖(後編)、風間の過去・家庭事情と秘めた思い
聖蹟が全国優勝を果たしたあとのサイドストーリー集

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-全巻まとめ

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ