青年漫画

戦いは激化、甲賀はお胡夷が、伊賀は蠟斎・夜叉丸・蛍火が討たれる『バジリスク~甲賀忍法帖~』2巻【ネタバレ注意】

講談社/山田風太郎・せがわまさき

 

~前巻までのあらすじ~

源平の昔より数百年、互いに憎悪を抱く不倶戴天の敵同士である忍者の甲賀卍谷衆と伊賀鍔隠れ衆は、服部半蔵の統制下「不戦の約定」を結び和平を保っていた。

甲賀組の首領甲賀弾正の孫弦之介と伊賀組の頭目お幻の孫娘朧は恋仲にあり、両家の縁組がすめば長きに亘った甲賀と伊賀の確執も解けるかと思われた矢先の慶長19年4月末、徳川第3代将軍となる後継者選びに悩んでいた家康は、その選定を甲賀対伊賀の忍法争いによって決めることにして「不戦の約定」を解く。

勝負のルールは双方から10人ずつの「選手」を出し、最後まで生き残った者が託された巻物を再び家康の前に持ち帰ること。

後継者は、伊賀が勝てば竹千代、甲賀が勝てば国千代と決まる。

甲賀・伊賀とも戦士10人を選び、その中には祝言間近の弦之介と朧の名もあるなか殺し合いの火蓋が切って落とされた。

甲賀弾正とお幻の相討ちに始まり、先に勝負が始まったことを知った伊賀側が仕掛ける。

甲賀の風待・地虫・鵜殿が討たれ、さらに何も知らない弦之介にも危機が近づく。

甲賀側は勝負が始まったことさえ知らないまま、既に4人が討ちとられてしまうのだった。

 

2巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

甲賀卍谷への襲撃

地虫の星占いの結果が悪く、伊賀の里へと向かった弦之介らの安否を心配する甲賀卍谷のメンバー。

左衛門は妹のお胡夷を伊賀の里へ物見にやるが、ちょうどその時盲目の豹馬が卍谷に近づく5人の不審な足音を察知する。

その5人とは、甲賀に攻め入ってきた天膳・蠟斎・念鬼・小四郎・蛍火。

左衛門と刑部が里の者を集めて取り囲むが、伊賀のメンバーは強硬手段に出る。

切れ味鋭いかまいたちを操る小四郎が先陣を切り、甲賀の人間を惨殺。

そして「伊賀の里に追って来れば里にいる弦之介に対して礼をすることになる」と脅迫し退却していくのだった。

甲賀側も異変を察知する一方、お胡夷が拉致される

その頃、伊賀の里を目指して移動するお胡夷は、伊賀の里へと退却する天膳らに追いつかれる。

天膳たちの態度や言葉を怪しむお胡夷だが、あえなく念鬼に捕まり、伊賀の里へと拉致されていってしまう。

他方、卍谷で対応を考える豹馬たちは弦之介と鵜殿の強さを信じつつ、伊賀が攻め入ってきたことの理由を突き止めることに。

考えられることは1つ、「不戦の約定が解かれた」という可能性。

伊賀の者たちが来た方角から、その方角である東海道を通って帰ってくるはずの風待が討たれたのではないかと推測し、刑部と左衛門が東海道へと向かうのだった。

変装名人の左衛門が夜叉丸を討ち伊賀の里へ潜入

東海道で風待の後を追い続ける伊賀の夜叉丸を発見した左衛門は、得意の声真似で天膳になりすましながら夜叉丸から事情を聞き出す。

不戦の約定が解かれたこと、ターゲットを記した巻物の存在を知った左衛門と刑部は夜叉丸を始末し、弦之介を救うために伊賀の里を目指すことに。

左衛門は忍法で土から夜叉丸の顔を作り出し、そっくりになりすまして伊賀の里へ潜入。

そこで夜叉丸の恋人である蛍火と遭遇。

蛍火の使役する蛇に噛まれるアクシデントがありながらも蛍火を騙し、甲賀の頭領である弾正の死と、蛍火が風待を討ったことを知るのだった。

甲賀はお胡夷が、伊賀は蠟斎が討たれ、弦之介が立ち上がる

お胡夷を監禁し、朧の破幻の瞳をどうにか利用して弦之介を討とうとする天膳たち。

しかしお胡夷を尋問して甲賀のメンバーの情報を吐かせようとした蠟斎は、お胡夷の肌に触れた際に、皮膚から血を吸うお胡夷の忍法にかかって討たれた。

蠟斎の持っていた巻物を手に入れたお胡夷はひとまずそれを隠し、続けて様子を見に来た陣五郎も忍法にかけるが、俵から漏れ出た塩によって陣五郎の身体がナメクジのように溶け出したことで拘束を解いてしまう。

そこに現れた念鬼によってお胡夷は討たれ、後から蛍火と左衛門(夜叉丸に化けた状態)も駆けつけた。

致命傷を負ったお胡夷は最後の力を振り絞って左衛門の手を握って巻物の隠し場所を伝え、そのまま息絶える。

左衛門は妹の死を見届けながら巻物を回収して状況の打開を狙うが、そこに天膳から不戦の約定が解かれたことを聞かされた朧が現れた際、蛇に噛まれた毒が回って変装が解けてしまう。

左衛門は傍に土と同化して隠れていた刑部と共に巻物を回収して弦之介のもとに届け、弦之介も事態を把握するに至るのだった。

敵意を跳ね返す弦之介の瞳術、対する朧は自ら瞳を封印

状況を理解した上で甲賀卍谷に帰ろうとする弦之介を止めるため、一斉に斬りかかる伊賀の里の者たち。

しかし弦之介は、敵意を持って襲って来る者を幻術にかけて自滅させる瞳術の使い手。

それでも小四郎が勝負を挑み、朧が弦之介の瞳術を無効化すれば勝ち目があると踏む伊賀のメンバーだったが、弦之介を愛する朧は2人の戦いを止めようとするのみ。

小四郎は弦之介の瞳術によって自身のかまいたちで自爆し、両目を負傷。

弦之介はそのままその場を後にし、朧は弦之介が去っていってしまったことに涙を流す。

天膳らは朧の不甲斐なさを叱責して戦う決意を持たせようとするが、朧は一族の秘薬を両目のまぶたに塗布し、七日間両目が開けない状態に自らを追い込んで破幻の瞳を封印してしまうのだった。

【2巻のまとめ】

戦いは激化し、甲賀側はお胡夷が、伊賀側は夜叉丸・蠟斎が討たれる。

不戦の約定が解かれた事実は弦之介の知る所となり、卍谷に帰ろうとする弦之介に襲い掛かった伊賀の者たちは敵意を跳ね返す弦之介の瞳術によって返り討ちになった。

小四郎も弦之介の瞳術によって自爆を誘われ、両目を負傷。

弦之介は戦うことなくその場を後にする一方、どうしても愛する弦之介と戦う覚悟が固まらない朧は一族の秘薬を両目のまぶたに塗布し、相手の忍法を無効化する「破幻の瞳」を7日間の間封印してしまうのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

講談社/山田風太郎・せがわまさき
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

全巻まとめに戻る

参考伊賀vs甲賀、運命をも引き裂く忍者同士の殺し合い『バジリスク~甲賀忍法帖~』全5巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ