少年漫画

「七つの壁」を越え新たな約束が結ばれる『約束のネバーランド』16巻【ネタバレ注意】

集英社/白井カイウ・出水ぽすか
~前巻までのあらすじ~

「ママ」と慕われるイザベラのもとで色々な孤児が家族同然に幸せに暮らす「孤児院」・グレイス=フィールド(GF)ハウス。

ある日、主人公で身体能力に優れるエマと知略に優れるノーマンは孤児院が実は「鬼」に捧げる食用児の養殖農園だったこと知ってしまい、リアリストで博識なレイ、年長者のドン・ギルダを仲間に引き入れ、GFから全員で逃げ延びるための脱獄計画をスタートさせる。

ノーマンが志半ばで「出荷」されてしまったが、エマはフィルを始めとする4歳以下の子供たちは2年以内に迎えに行くまで農園に残すことを決断、イザベラの目を欺いて見事15人での脱獄に成功した。

「ウィリアム・ミネルヴァ」という人物が秘かに残していた手がかりが頼りのエマ達は、途中で宗教上の理由から人間を食べない異端の鬼、ソンジュとムジカに窮地を救われる。

そしてこの世界は”約束”によって人間と鬼の世界に分断され、鬼は安定した食糧供給のために農園を作ったという真実を知り、最終目標は鬼の頂点に立つ”あの方”と新たな”約束”を結んで人間の世界への移住することとなった。

エマ達はミネルヴァのヒントを追って地下シェルターを発見し、新たな仲間を加えて鬼の秘密の狩場であるゴールディ・ポンドを壊滅させ、一歩ずつ世界を変えていく。

しかしゴールディ・ポンド壊滅の知らせを聞いた2つの世界の門番ピーター・ラートリーもエマ達の阻止と襲撃に動き、エマ達は犠牲者を出しながらも逃走、そしてミネルヴァの名前を借りて子供たちの反乱を指揮していたノーマンとの再会を果たす。

鬼は人間を食べ続けなければ形質を保てないという代償に目をつけ、鬼の女王レグラヴァリマと五摂家に恨みを持つギーラン家と同盟を組み、王都での反乱計画を進めるノーマン。

ノーマンが鬼の根絶やしを狙う一方、殺し合いを避ける道を模索するエマは、ムジカの持つ特殊な血が死者を出さない道への鍵になることを知る。

ムジカの「邪血」は一度飲めば人間を食べなくても形質を保てるようになる性質があり、農園の利権を牛耳る王や貴族にとっても、計画の不安要素を排除したいノーマンにとっても邪魔な存在だった。

ノーマンがソンジュとムジカの排除を狙うなか、エマとレイはまず”あの方”と新たな”約束”を結ぶために「七つの壁」の謎を解きに向かう。

入り口を抜けた先には、迷宮と化したGFハウスがあったのだった。

16巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

ソンジュとムジカの捜索へ

ソンジュとムジカの捜索をドンとギルダに依頼するノーマン。

〈ソンジュ・ムジカの捜索へ [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

「エマの計画の為、先に見つけ出して保護してほしい」という名目で2人が通りそうな場所をリストアップしていた。

ノーマンは2人を殺すつもりではなかったのか―。

ドンとギルダは真意が読めないながらも、自分たちで2人を守る為に捜索に出発する。

護衛につくのはハヤトと、3匹の犬を率いる無口なアイシェ

〈無口なアイシェ [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

アイシェは鬼に飼われて育てられた過去があり、人間の言葉は通じないようである。

このアイシェがソンジュとムジカを殺すために仕向けられた刺客なのだろうか―。

七つの壁の謎を解け

迷宮を彷徨うレイとエマ。

全てが不安定であり、全くもって謎解きの糸口すらも見えない。

僅かに行き着いたヒントは、「七つの壁=立方体の前後左右上下の6面の枠に時間を加えた、物理的限界のこと」というもの。

〈七つの壁のヒント [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

しかし時空を越えるための肝心の方法がわからない。

そうこうしているうちにハウスを抜け、砂漠にたどり着いた2人。

ここでレイは時間の感覚もわからなくなり意識が途絶えかけてしまうが、エマが謎を解く手がかりを掴んだ

〈エマが手がかりを掴んだ [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

迷宮はすべて自分の意識・無意識とリンクしており、「時空を超える=自分の脳を信じて時間を巻き戻す」ということかもしれない。

さっそく2人が実践に移すと、迷宮の景色が消えて立方体の無機質な空間が現れた。

〈現れたワームホール [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

中心には真っ黒なワームホールがあり、"あの方”が待つゴールへ向かうために、ワームホールに手を伸ばすエマとレイ。

しかしレイはこの場でアジトに戻され、自分の脳を100%信じることができたエマだけが”あの方”に接見を果たすこととなる。

〈"あの方"と対面を果たす [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

エマが約束を結び直したいと切り出すと、”あの方”はあっさりと了承するが、代わりに”ご褒美”を求めるのだった。

ソンジュとムジカを狙う別働隊

ソンジュとムジカを探すドン・ギルダ・ハヤト・アイシェの4人。

ドンとギルダにとっては正体の掴めないアイシェに警戒しながらの捜索となるが、2人がソンジュとムジカを逃がそうとしていることに気づいたアイシェの方から接触してきた。

〈アイシェから接触してきた [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

農園の職員だった鬼に愛情をもって育てられたアイシェは、鬼を恨むどころか、その父を農園ごと殺したノーマン達を恨み、ずっと人間の言葉がわからないフリをしながら生き抜くために行動を共にしていただけだったのである。

アイシェが刺客ではないと知りドンとギルダは安心するが、ノーマンはハヤトに命じて別働隊のジンやほかのラムダ出身者と連携を取らせ、ソンジュとムジカを見つけ次第殺す準備を整えているのだった。

〈ノーマンが放った別働隊 [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

1000年前の”約束”と”ご褒美”

1000年と少し前、人類と鬼が最初に”約束”を結んだときの話。

当時、人間と鬼は終わりのない殺し合いの日々に疲弊していた。

人間側のリーダーだったユリウス・ラートリーは鬼と和平を結ぶことも考え始め、一部の人間を差し出すことを考えていた。

〈疲れ果てたユリウス [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

次々と仲間が殺されていくことに心身ともに限界を迎えたがゆえの考え。

ユリウスはレウウィス大公を相手に王との取引を持ち掛け、和平の礎として自分の臣下を鬼に差し出したのである。

〈1000年前の約束 [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

鬼にとっても安定した食糧供給が手に入る、WIN-WINの関係。

そして鬼の王とユリウスは”あの方”の立ち会いのもとで約束を交わす。

このときも”あの方”は”約束”に対する”ご褒美”を求めた。

鬼に対しては「その年に実った一番いい肉を差し出すこと」、そしてユリウスには「2つの世界の平和を保つため、子々孫々に渡り『門番』の役目を務めること」。

〈ユリウスに求められたご褒美 [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

こうしてラートリー家は人間と鬼の世界の調停役として運命から逃れられなくなった。

求められた”ご褒美”は絶対に断ってはならない。

そしていま、新たな”約束”を結ぼうとするエマにも”ご褒美”が提示されようとしていた

 

エマが結んだ新たな約束

エマが”約束”として求めたのは、「食用児全員で人間の世界へ行き、それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にする」というもの。

〈新たな約束を求めたエマには…? [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

”あの方”はあっさりと了承。

しかし、それに対して提示した”ご褒美”の内容にエマは驚きを隠せないのだった。

ソンジュとムジカを発見、一触即発に

捜索を続けること数日、ようやくソンジュとムジカの痕跡を見つけたドンたち。

そしてハヤトが発信機で別働隊のジンたちに位置を知らせ、ソンジュとムジカの包囲作戦が始まる。

〈ソンジュ・ムジカと再会 [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

近くにいたソンジュとムジカとの再会をドン・ギルダが喜ぶのも束の間、ジンたち別働隊が取り囲んだ。

しかしソンジュも一筋縄ではいかない相手。

ソンジュはすぐさまジンの背後を取り、別働隊と一触即発の緊張感に包まれるのだった。

〈一触即発 [約束のネバーランド 16巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

【16巻のまとめ】

「七つの壁」の謎を解き、ついに”あの方”と新たな”約束”を結ぶことに成功したエマ。

しかし”約束”の対価として”ご褒美”を求められ、その内容に驚くこととなる。

一方その頃、地上世界ではノーマンの指示で捜索に出ていたドンとギルダがソンジュ・ムジカと再会を果たす。

ノーマンはジンやハヤトにも捜索をさせており、ソンジュ・ムジカを始末するために包囲。

ソンジュ・ムジカと刺客たちの間を一触即発の緊張感が包むのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

集英社/白井カイウ・出水ぽすか
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

全巻まとめに戻る

参考過酷な運命に抗い鬼の世界から脱獄せよ『約束のネバーランド』全20巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-少年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ