青年漫画

佐藤の目標は大量虐殺?恐るべきテロ計画が幕を上げる『亜人』4巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

初夏、友達と下校中だった高校生・永井圭は、交通事故に遭い轢死するが、すぐに生き返った。

外見は人間だが決して死なない「亜人」だと判明した永井圭は、戸崎を始めとする政府機関に追われる身となり、疎遠になっていた幼馴染の海斗(カイ)を頼ってバイクで逃走を図る。

しかし「帽子」と呼ばれる亜人のテロリスト佐藤が仲間の田中と共に圭に接触。

佐藤は人間への憎悪を煽って自分の仲間にするため、あえて圭を眠らせて人間側へ差し出す。

囚われの身となった圭は非人道的な実験の対象とされ、佐藤は仲間の田中と共に圭の救出と、その研究所にいる亜人研究の第一人者・オグラ博士の誘拐を狙って研究所を襲撃した。

佐藤は亜人だけが出すことのできる黒い幽霊・IBMを使わずとも不死という特性をフルに活かし、圧倒的な戦闘力で侵攻、難なく圭を解放させる。

しかし圭は人間への憎悪と殺意は思いとどまり、無抵抗の人間も全員殺すことに反発した圭は佐藤と袂を分かつことに。

「亜人にも死はある」と言いながら圭を殺しに来る佐藤を振り切り、圭は研究所の屋上から川へ身を投げて逃げることに成功した。

圭を取り逃がした佐藤だが、真の目的は亜人に対して政府や民間企業が行ってきた非人道的な研究を世間に暴露し、亜人への同情を呼びかけるためのデモを餌にして亜人の同志を見つけることにあった。

佐藤の呼びかけに答えた亜人たちが一般人には見えないIBMで集結し、佐藤は真の集合場所へと場所を移すことに。

一方、襲撃を防げなかった戸崎は、意識不明で入院している婚約者の多額の治療費を負担するため、自分の地位を守ろうとなりふり構わない手段に出る。

襲撃を利用してオグラ博士の死を偽装し、戸崎がオグラ博士を誘拐。

佐藤を止めるため、オグラ博士から亜人の特性を聞き出そうとするのだった。

 

4巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

佐藤のもとに集まった亜人たち

佐藤はIBMを使い、集まった亜人達をある建物の内部へ案内する。

そこで待っていた佐藤は「亜人の権利をどう訴えていくのか」という質問に対し「大量虐殺する」と自身の危険な思想を明かす。

本気でこれから政府や国民に亜人の力を認めさせると言い切る佐藤に対し、集まった亜人たちは賛否両論の様子。

集まった亜人7人のなかで佐藤に反対を示したのは、中野 攻(なかのこう)という少年消防士の男、そしてもう2人。

しかし反対派がその場を後にしようとしたとき、奥に身を潜めていた田中がライフルで狙撃を開始。

2人が撃たれて制圧され、攻と消防士は何とか部屋の外へ退避する。

消防士の男は家族を守る為佐藤を何としてでも止めるため、佐藤達の追っ手を一手に引き受けながら攻を逃がした。

消防士から想いを託された攻は意を決して建物から飛び降り、逃走するのだった。

戸崎たちからも追われる身となった攻

辛くも佐藤たちから逃れた攻だが、防衛省前に集合していたときの映像から政府に亜人であることを見抜かれてマークされてしまう。

攻が自宅マンションに帰ると、既に戸崎が雇った怪しげな男たちが待ち構えていた。

今度は戸崎たちから追われることとなった攻だが、近所の人が通報してくれたおかげで怪我人として救急車に乗り込むことに成功。

そして搬送先の病院で一度死んで復活。

攻は再生するときに自分の身体から出る黒い物質を見て、佐藤達かのもとから自宅へ戻るまでの間、電車から見えた黒い煙のようなものが亜人によるものだと気付くのだった。

圭と攻の出会い

空に立ち上る黒い物質のもとへと向かう攻は、森の中でIBMと話す圭と出会う。

圭のIBMは相変わらずコントロールが難しく、暴走気味に攻に攻撃を仕掛ける。

それでも攻は事情を説明し、一緒に佐藤を止めるよう圭に呼びかけた。

圭はいったんは攻に協力する姿勢を見せながらも、内心は「邪魔者が増えた」と感じているのだった。

圭 vs 攻

研究所を脱出して漂流した後、山間の田舎に身を隠していた圭は、山中さんというお婆ちゃんの家でお世話になりながら静かに暮らしていく方法を考えていた。

佐藤と戦うことを考える攻に対して毒を盛り、抵抗と説得を試みる攻と亜人同士の戦いが始まる。

亜人としての戦いに慣れ始めていた圭は亜人の無力化の手段を次々と試し、海辺で窒息させて攻を昏倒させることに成功。

圭は崖下に廃棄されたトラックのなかに功を閉じ込めるのだった。

佐藤のテロ計画が始まる

その頃、佐藤は仲間になった亜人の奥山は、生まれつき右脚が不自由ながらもパソコンや機械類への知識を活かして「AJIN.com」というサイトを立ち上げる。

そこには佐藤が動画をアップして日本国民に対してテロを予告。

水曜3時、グラント製薬本社を爆破すると宣言する。

佐藤によればグラント製薬は亜人を使った人体実験に関与しており、マスコミが政府に厳しく詰め寄る事態に。

そんな中亜人管理委員会の戸崎は佐藤への対策を考えるが、大臣は戸崎の後任候補として戸崎の後輩である曾我部を送り込み、早くも戸崎に全責任を被せて尻尾切りする構えを見せる。

戸崎に残された道は犯行までの48時間以内に佐藤への対策をひねり出すこと。

なりふり構っていられなくなった戸崎は監禁したオグラ博士を拷問してまで情報を吐かせることに。

オグラによれば、IBMは発生と同時に崩壊が始まり、5~10分程度で自動的に消滅してしまうらしい。

そして連続で何度も出せるものではなく、 雨の日は意思の疎通や制御がしづらくなるとのこと。

戸崎はオグラ博士の情報を元に警備を固め始めるが、その情報から曾我部は「オグラ博士がまだ生きている」と確信し、大臣に密告。

大臣はしばらく戸崎を好きに泳がせ、全ての事態が収拾した後で全責任を被せて消すことを考える。

対する戸崎も泉のIBMを使って大臣と曾我部の会話を盗聴し、大臣たちと袂を分かつ決意を固めるのだった。

ハイジャックでグラント製薬本社にテロ敢行

そして犯行予告の時が来た。

グラント製薬の本社前は大勢の警察が守りを固め、ビルの壁面には水が撒かれる。

万全の防御に自信満々の社長だが、佐藤は驚くべき方法でテロを決行した。

仲間のIBMを使って武器を飛行機の中に持ち込み、上空でハイジャック。

田中はこれから始まるテロに巻き込ませまいと近くですれ違った少女3人組に注意を呼び掛けるが、田中の発言一つでは何も変えることはできない。

佐藤はコックピットを制圧して 操縦かんを握り、飛行機をグラント本社ビルにそのまま突っ込ませた。

本社は倒壊、飛行機の乗員・乗客の大勢が死亡、それでも亜人の佐藤はすぐに再生する。

まるでスリルを楽しむかのように、佐藤の計画が始まったのだった。

【4巻のまとめ】

亜人の同志を募ることに成功した佐藤は、大量虐殺を起こして亜人の力を国民に認めさせるという危険な思想を明かす。

佐藤に反発した亜人の少年・中野 攻は、同じく佐藤を止めるために抵抗する消防士の亜人が佐藤達の追っ手を引き付ける間に脱出。

戸崎たちの捜索の手からも逃れ、人里離れた村でうまく身を隠していた圭と出会うこととなる。

佐藤を止めるための協力を求める攻だが、あくまで平穏な暮らしを望む圭にハメられ、投棄されたトラックに閉じ込められてしまった。

一方、仲間を得た佐藤は国民に向けてテロを予告。

ターゲットとなったグラント製薬には戸崎指揮のもと厳戒態勢が敷かれるが、佐藤は飛行機をハイジャックしてそのままグラント製薬本社ビルに特攻。

多くの犠牲者を出しながら、亜人の特性を利用して再生するのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『亜人』全17巻のまとめに戻る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ