全巻まとめ

無法地帯と化した孤島が舞台のサバイバル+サスペンス『天獄の島』全3巻【ネタバレ注意】

日本文芸社/ 落合裕介

謎に包まれた孤島「天獄島」で繰り広げられる、死と隣り合わせのサバイバルミステリー。

死刑制度を廃止した近未来の日本では、それに代わる極刑として島流しが復活していた。

戦場ジャーナリストだった御子柴鋭(みこしば・えい)は、家族を惨殺した榊(さかき)を追うために、罪を犯して流刑島の天獄島に送られる。

榊を追ううちに島で進められていた国家機密のプロジェクトに巻き込まれ…?

囚人たちが集められた無法地帯でのサバイバルとサスペンスが楽しめる作品です。

登場人物紹介

御子柴 鋭(みこしば えい)

本作の主人公。戦場ジャーナリスト。大学教授である父を含め家族を何者かに殺され、容疑者である親友の榊を追って天獄島に乗り込む。

榊 亮児(さかき りょうじ)

御子柴の父と共に働いていた研究者。その研究の秘密を知る人物。

上妻 裕史(こうづま ひろふみ)

御子柴と共に天獄島に流刑となった犯罪者。

有馬

天獄島の村「天国」に入る南門の管理人。往訪者の出入りなどを管理するが、自らも区長への出世を狙う野心家。

壬影(みかげ)

「天国」の1区長。仮面を被っており、その下には老いた醜い顔がある。

邑崎(むらさき)

「天国」の区長。気に入った囚人に女装をさせ性処理をさせるのが趣味。

一(いち)

天獄島で神と崇められる奇跡の存在。御子柴教授の研究の副作用で不老不死になり、幼い少女の姿のまま生きている。

御子柴教授

御子柴の父。研究の成果である不老薬を悪用されることを恐れ葬ろうとするが、陰謀によって殺害されてしまう。

獅賀

厚生労働大臣。天獄島で進められるプロジェクトの黒幕。

水沢

天獄島で榊の下で働く研究者。

各巻のあらすじ

極悪犯罪者の集まる無法地帯の孤島に潜入した目的とは
神の祝福の正体と天獄島の国家機密
全ての真相を暴き、国家の陰謀を阻止せよ

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-全巻まとめ

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ