青年漫画

母ばかり意識していた愛知の精神的な脆さが露呈、挫折から立ち上がることはできるか『あさひなぐ』18巻【ネタバレ注意】

~前巻までのあらすじ~

二ツ坂高校1年の東島旭は中学まで美術部だったものの、「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム」という謳い文句に感激し、薙刀部に入部した。

インターハイ予選ではダークホースである國陵に敗れてしまい、3年生が引退してエースの宮路真春、部長の野上えり、2年の大倉文乃、1年で剣道経験者の八十村将子、初心者だが長身の紺野さくらと共に新たな体制でスタートを切る。

本格的な薙刀の練習が始まり、二ツ坂が薙刀教士・寿慶やその紹介で来た元インカレ優勝者の福留やす子を指導者に迎え、厳しい稽古を乗り越えていく旭たち。

他方、國陵は部内の空中分解の危機を乗り越えながらプレースタイルもガラっと変えた部長の寒河江、熊本からきた孤高のエース寧々、薙刀経験者の的林を主軸に選抜大会の団体戦全国3位を果たし、その他にも巨体の1年生薬師丸擁する聖泉や、個人戦最強の戸井田奈歩率いる絶対王者の熊本東、そしてその熊本東から団体戦で金星を挙げた出雲英豊など、ライバルが続々と登場。

そして旭たちは2年になり、藤ヶ丘高校の監督の娘でサラブレッドの愛知、ボーイッシュで勢いのある等々力、虚弱で存在感のない座敷わらしのような大工原の3人が新たに入部。

実力主義を掲げた愛知の発案で今度のインハイ予選の団体メンバーの座をかけて全員による部内戦が行われることとなり、自分の実力のなさが露呈して精神的に限界を迎えてしまった野上が途中棄権。

見かねた紺野が野上に寄り添い、少しでも負担を軽くするために部長の座を譲り受けることとなる。

全ての部内戦が終わり、インハイ予選団体戦のメンバーが決まった。

新たな防具を身につけ一丸となる二ツ坂だが、母に喜んでもらうために薙刀を続けてきた愛知だけは未だにチームの輪に入ろうとしない様子。

果たして自信満々で団体戦メンバーの座を掴み取った愛知はどんな試合を見せるのか―。

 

18巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

空気を乱す愛知

愛知の相手はまだ薙刀を始めて間もない初心者。

相手の自滅による反則を含めて愛知が完勝するが、愛知は母が見ている手前、「相手の反則がなければちゃんと二本勝ちできたのに」と苛立つ。

次の相手は聖泉だが、愛知の頭の中にはその次でぶつかるであろう藤ヶ丘との対戦でいっぱいだった。

個人的なお願いとして「聖泉との試合で私が二本勝ちできたら藤ヶ丘との試合では新田と当たるようにしてほしい」と言い出し、部内に不穏な空気が流れだすのであった。

団体戦2回戦 二ツ坂vs聖泉

団体戦2回戦の聖泉との試合。

先鋒で出場した真春が薬師丸を圧倒して二本勝ちし、次鋒の八十村と中堅の旭は攻めあぐねて引き分け。

副将の大倉が得意の出バナで奪った一本を守り切って勝ち、二ツ坂の勝ち抜けが確定する。

そして大将の愛知の試合。

愛知は早々に相手に一本を奪われ、躍起になって一本を奪い返す。

試合終了間際に愛知が二本目を奪い、勝ち星を挙げた。

宣言通り二本勝ちを収めた愛知だったが、旭たちは「試合結果を交換条件に使うべきではない、オーダーとは関係ない」と反発。

愛知の自信を信じるべきかどうか、やす子は珍しく頭を悩ませることになるのだった。

因縁の相手に敗れた愛知が精神的な脆さを露呈

先輩達に反対されて希望が通らなかった愛知は、「実力を示すしかない」と決意しながらも頭の中は団体戦と個人戦の両方で新田に勝つことでいっぱい。

和を乱す愛知を皆無意識に避けようとしてしまうが、大工原が率先してフォローする。

個人戦では全員が1回戦を突破し、そして愛知は因縁の新田との試合を迎えた。

幼い頃から新田の良いところも悪いところも知り尽くした愛知が攻めるが、新田もいつまでもあの頃のままではない。

愛知の母に目をかけられていた新田はいつしか愛知が自分に敵対心のような眼差しを向けていることに気付き、今でも愛知が母のことを意識しているのを悟って落胆する。

かつては親友だったのに、今では高校に入って努力した新田の方が実力で上回り、新田は寂しさを覚えながらも愛知から一本を奪った。

対する愛知は新田に一本を奪われたことで完全に取り乱し、そのまま立て直すこともできずに敗戦。

愛知は感情があふれ出して人目をはばからずに涙を流し、やす子は愛知の精神的な脆さを知るのであった。

旭の後悔と愛知の涙

愛知が負けてトイレに閉じこもってしまう一方、個人戦が進みベスト16に二ツ坂からは真春・大倉・旭・八十村・野上の5人が入る。

旭は藤ヶ丘の部員との試合に勝てば次に寧々と対戦できると気合が入るが、目の前の相手に先に一本を奪われてしまう。

取り返すために必死になる旭だが、相手の堅守を崩すことができずそのまま試合時間終了、まさかの敗戦を喫してしまった。

目の前の相手に集中せずに負けた旭は悔し涙を流しながらトイレに籠り、愛知と壁越しに言葉を交わす。

自分が負けた理由を口にする旭に対し、愛知の口から出てきたのは「自分は母が望むほど強くも薙刀を好きにもなれなかった出来損ないだ」という自己嫌悪。

異変を察知した二ツ坂の部員たちや愛知の母が女子トイレに来ると、愛知は個室から出てくるなリ母の期待に応えられなかったことへの謝罪とともに泣きながら薙刀をやめる決意を口にする。

愛知の母は冷静に「あなたは、そのほうがいいのかもしれない」と突き放してしまうのであった。

愛知の再起へ背中を押す二ツ坂

愛知の母はただ不器用なだけ。

離婚してから娘が自分の顔色をばかりをうかがうようになったのを感じていた母は、「母ではなく自分自身のために薙刀と向き合ってほしい」という思いからあえて素っ気ない態度を取り続けていた。

心のどこかでは薙刀を続けてほしいと願いながらも、母である自分から解放してあげなくてはという思いもある。

一部始終を見ていたやす子は、次の藤ヶ丘のオーダーを決める。

真春・大倉・旭・八十村の4人は誰も異存なく、やす子は戦略上のメンバーとして5人目に野上を入れる考えを明かす。

しかしあえて部員たちに同意を求めるやす子。

愛知は消え入りそうな声で「はい」と返すが、ここで旭はこのままでは愛知がダメになると考え、あえて藤ヶ丘の新田とぶつかる中堅に愛知を推した。

和を乱す愛知は嫌いだが、愛知が薙刀に真剣なのは皆が知っている。今度は自分のために闘ってほしい―。

旭の言葉にみな同調し、野上がメンバーを辞退してオーダーが固まるのであった。

【18巻のまとめ】

母にいいところを見せたいがために躍起になる愛知だったが、個人戦で母が目をかけている教え子である新田に敗れ、精神的な脆さを露呈してしまう。

母の期待に応えられなかったことに耐えきれず「薙刀を辞めたい」と明かす愛知。

心のどこかでは娘に薙刀を続けてほしいと願いながらも、母である自分から解放してあげなくてはという思いもあった不器用な母、親子のいざこざに巻き込まれることとなった二ツ坂。

次の団体戦の試合ではその母が監督をする藤ヶ丘と当たるが、旭は愛知を再起させるためにメンバーに推した。

愛知が薙刀に真剣だったのは確か。今度は母ではなく自分のために闘ってほしい―。

その言葉に皆同調し、愛知が藤ヶ丘との試合に出ることとなるのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考高校部活界のアメリカンドリーム?運動音痴な女子の青春が薙刀で花開く!『あさひなぐ』全34巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ