青年漫画

新シーズン開幕!先発転向した凡田だが勝ち星に恵まれずもどかしい日々を送ることに…『グラゼニ』7巻【ネタバレ注意】

講談社/森高夕次・アダチケイジ
~前巻までのあらすじ~

プロ野球のスパイダースに所属していた凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手で、プロ野球選手としては決して一流とは言えない選手である。

このままでは引退後は年収100万円台の生活に陥ってしまう。

「グラウンドには銭が埋まっている」略して「グラゼニ」を胸に、同郷の先輩で引退しラジオでの解説者に転身を果たした徳永、同期で先発投手の渋谷、後輩で期待の若手野手である大野らと共にプロ野球選手としての生活に励んでいる。

中継ぎの便利屋として登板機会が増える凡田だったが、急きょ先発に抜擢される。

先発投手への転向と言う憧れを抱いていた凡田は気合十分だったが、不運にもクロスプレーで骨折し、戦線離脱することに。

根気よくリハビリをして1軍に復帰した頃には4か月が過ぎており、チームは優勝争いの真っただ中。

2軍で苦楽を共にした樹と共に1軍に昇格した凡田は、ブランクがあったものの目覚ましい活躍を見せ、樹と共にチームのリーグ優勝に貢献した。

シーズンオフには解雇やトレード、トライアウトを経ての海外移籍などで出ていく仲間を見送る凡田。

そんななか、ファン感謝デーで秘かに思いを寄せている行きつけの定食屋の店員・ユキと遭遇するも、自分の将来が安泰ではないこと自覚しアプローチをかけられずにいる。

契約更改でアピールに成功し、希望通り年俸がアップした凡田は、春のキャンプでは昨年で引退し今年から解説者になった大物捕手の北王子が視察に訪れ、凡田のことを目にかけるように。

球界の裏話では北王子は来年からワイルドワンズの監督に就任することが既定路線であり、その新体制で凡田の引き抜きを狙っているのか、北王子は凡田の実力を高く評価し、先発への転向を勧めてくるのであった。

 

7巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

新シーズン開幕、先発としてのもどかしい日々

ペナントレースが開幕。

今季から全試合で予告先発が採用されることとなり、なかでも開幕投手には特別な緊張がのしかかる。

スパイダースの先発はエースの椎名

しかし年俸わずか1/4の相手先発の前にチームは敗れ、スパイダースはあれよあれよと開幕5連敗を喫してしまう。

昨季王者のまさかの船出にファンからも厳しい声が飛ぶなか、5戦で1度もマウンドに上がらなかった凡田は6戦目での先発に指名された。

監督はオープン戦から凡田の先発転向を試しており、左の先発として起用することを決めていたのである。

慣れない先発で地に足がついていない凡田は投げるだけで精一杯だったが、相手の早打ちと打ち損じに助けられ、5回2失点とまずまずの結果で降板。

しかしチームが逆転負けを喫したために勝ち星はつかず、チームは6連敗となった。

翌日からの名古屋遠征ではトレーニングしてブルペンで投げるのみであり、凡田は中継ぎと全く違う登板間隔の長さに焦れていく。

チームはその後5連勝と復調するが、凡田は全く関与していない。

そして待ちに待った2回目の先発機会も4回2失点と試合を作ったが、運悪く雨天ノーゲームで試合は流れてしまった。

その後も凡田は先発として可も不可もない結果を出すものの、運に見放されて勝ちも負けもつかない状況が続いていく。

不要な場面では登板のスキップも挟みつつ凡田を先発で使い続ける考えの田辺監督は、ゴールデンウィークの9連戦で3度、4回まで限定で凡田に先発させるプランを立てた。

場繋ぎの便利屋のような使いっぷりに迫田コーチは心配するが、登板間隔が短いことを凡田は逆に喜ぶ始末。

凡田に一目置いている北王子は凡田は先発に向かないのではと考えを改めるようになるなか、凡田は3戦とも3回までパーフェクトピッチングを見せて交代した。

しかし先発した3試合はいずれもチームは逆転負け。

負け運と凡田自身がその後乱調になったことで、凡田は2軍で再調整することになるのであった。

2軍での再調整

2軍でも先発として起用され、2試合投げて2勝を挙げた凡田。

と、そこに凡田の高校時代の先輩でケーブルテレビの野球中継ディレクターになった西浦が取材がてら凡田のもとを訪れ、いま流行りの「動くボール」についてアドバイスする。

西浦の目的は、自分が企画した人気番組に凡田をゲスト出演させること。

2軍にいる凡田は乗り気ではなかったものの、同じく2軍で再調整しているスター選手の五利の口利きもあって、凡田は1軍に戻ったら番組に出るという約束をすることになった。

そして試合では五利を打ち取れば1軍復帰というところまできた凡田。

しかし追い込んだところで西浦のアドバイスどおりの動くボールを投げ込んだものの、威力のないボールをスタンドに叩き込まれ、1軍復帰はお預けになるのであった。

復調し1軍に復帰

2軍捕手の天城に手伝ってもらいながら、動くボールを試し続ける凡田。

実力はないながらも的を射たアドバイスをする天城は、調子を落として2軍に来た大野を復調させると共に、凡田にも動くボールの封印を意見する。

それを機に凡田もボールにキレを取り戻し、大野と一緒に1軍に復帰。

凡田には残り少ない交流戦でリリーフとして出て感覚を取り戻した後、再度先発として起用することが告げられる。

番組出演に向け、西浦のことを尊敬している大野はアピールに気合いが入り絶好調。

一方の凡田もピンチの場面で五利を打席に迎え、球威のあるストレートで打ち取って2軍での雪辱を晴らした。

これで自信を回復した凡田は、晴れて西浦の番組に出演するのであった。

ナッツ(高校生)編⑤

鶴見川高校が春季山梨大会で優勝し、凡田の名前もボチボチ知られ始めたある日。

海藤大長坂高校にはとんでもないバッティングセンスをもつ1年生の大野が入学してきた。

鶴見川高校との練習試合で大野は凡田から2ホームランを含む4安打を打ちつつも、第2試合では西浦の前に4三振を喫する。

そして試合後、ラーメン屋で食事をしていた凡田や西浦たちは、悪い先輩に囲まれて酒やタバコに手を染めている大野と遭遇する。

他校と言えど西浦は大野にその場でくってかかり、その場は凡田の機転で収拾がついたものの、大野は完全に西浦にビビってしまう。

その翌週に再び組まれた練習試合で大野は凡田をカモにするが、西浦の前にはバットも触れずに見逃し三振。

才能を持ちながら素行不良でハートも弱い大野に対し、西浦は利き腕をものともせずに殴ってヤキを入れる。

結果的に西浦がプロ入りすることはなかったが、この日から大野は西浦のことを頭が上がらない先輩として心酔するようになるのであった。

【7巻のまとめ】

新シーズンが開幕し、ローテーション6番手の先発として起用されることとなった凡田は、まずまずの結果を残すものの勝ち星に見放される日々が続く。

登板間隔の長さももどかしく感じられ、全く運に恵まれず乱調に陥ったことで2軍落ちを経験。

再調整の後に1軍へと復帰し、慣れている中継ぎで勝負勘を取り戻すこととなるが、スパイダースの田辺監督はまだ凡田の先発起用を諦めたわけではないのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

講談社/森高夕次・アダチケイジ
\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考シビアすぎるプロ野球選手の金勘定の話『グラゼニ』全17巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ