青年漫画

逃げ回ることは許されない、恐竜たちと死と隣り合わせの戦い『GANTZ』13巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

ある日、高校1年生の玄野計は小学生時代の親友だった加藤勝と共に地下鉄のホームで線路に落ちた酔っ払いを助けようとして電車に轢かれ命を落としてしまった。

目を覚ました次の瞬間、2人がいたのはとあるマンションの一室。そこには同じように死んだはずの人々が集められていた。

部屋の中央には「ガンツ」と呼ばれる謎の大きな黒い球。

同じ部屋にいた中学生の西や美少女の岸本らとともに、玄野たちは理由もわからないまま星人を「やっつける」ように指示され、別の場所へと強制的に転送されていく。

破壊的な威力を持つ近未来の武器を手にわけもわからぬままゲームが始まり、2度目のゲームでは経験豊富な西が命を落とすまさかの事態となってしまう。

「あと10点で自由になれたのに…」というのが西の遺言だった。

その後もゲームは繰り返され、仏像星人達を相手にした回では岸本と加藤も命を落とし、玄野だけが生き残ってしまった。

元の学校生活では黒い球の部屋について探りを入れてくる謎の転校生・和泉 紫音が玄野に近づくなか、現実世界では罰ゲームで付き合い始めた小島 多恵との交際で心情に変化が訪れていく。

GANTZのゲームに居場所を求めていた自分はおらず、今や生きてゲームから解放され多恵と共に生きたいと願うようになっていた。

しかし自らが「黒い球の部屋」の元住人であることを確信した和泉はGANTZからのメッセージの通り、大勢の道連れを出してあの部屋に戻ることを決意、変装して銃を手に新宿の地で無差別に虐殺を始めた。

坂田という男に超能力を伝授された元いじめられっ子の桜井、そして強い奴との戦いを求めて上京してきた男・風らが和泉の銃撃によって命を落とし、和泉も玄野と相討ちとなってGANTZの部屋へと転送を果たす。

和泉が記憶を呼び起こしながら単身で行動する一方、スーツを置いてきたうえに「15点以上取らないと死」というハンデを背負わされた玄野は、気弱なオジサンやグラビアアイドルのレイカを導きながら必死に立ち向かう。

今回の敵は恐竜に扮した異星人。

何も知らない初心者たちが襲われパニックが伝播するなか、風・坂田・桜井の3人が生身ながらも異星人に対抗するのだった。

 

13巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

自分と周囲を鼓舞する玄野

和泉、玄野とオジサン、風・坂田・桜井がそれぞれの場所で恐竜と戦うなか、初心者たちのなかには犠牲者も出始めてしまう。

和泉のもとにはトリケラトプス2体のほかに火球を吐くティラノサウルスも現れ、同士討ちを始めて手が付けられなくなる始末。

複数のティラノサウルスが展示会場の外へと姿を現し、玄野はいったん態勢を整えるために退却。

GANTZの部屋にあったバイクで逃げながら応戦する玄野にオジサンは「きみについて行けば生きのびることができると思った」と告げる。

ティラノサウルスにかじられてスーツが壊れたレイカ、そして風や坂田・桜井ほか逃げ惑う人たちの目の前で果敢に戦い、自分と周囲を鼓舞していく。

玄野は自然とリーダーとして皆をまとめ上げるのだった。

ラスボスを倒さなければ死

玄野たちがターゲットであるかっぺ星人と接敵し、かっぺ星人が呼び寄せた恐竜たちと戦闘に入る。

風・坂田・桜井が恐竜たちの包囲に対抗し、玄野は亡き加藤を見習って弱いものを助けながら応戦。

単独行動を続ける和泉は先にラスボスと接敵し、苦戦を強いられる。

和泉ですらも手が付けられないボスを自ら囮として引き付けながら、時間制限いっぱい逃げ回って生き残ることを狙う玄野。

しかしチビ星人のときに逃げ回った結果全ての点を没収されたことを思い出す。

かっぺ星人は和泉が難なく倒すが、玄野が生きてこのゲームをクリアするためにはどうにかしてボスを倒さなければならないのであった。

【13巻のまとめ】

生身でありながらも自分と周囲を鼓舞しながら奮戦する玄野がリーダーとしてメンバーを束ねていく。

しかし今回のラスボスは和泉ですらも苦戦を強いられるほどの相手。

自らを囮にして制限時間いっぱい逃げ回ることを狙う玄野だったが、逃げ回ったチビ星人の時には全得点が没収されたことを思い出す。

今回15点以上を取らなければならない玄野にとって、生きてクリアするためにはどうにかしてボスを倒さなければならないのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

全巻まとめに戻る

参考転送先に待つのは地獄、SFアクション漫画の金字塔『GANTZ』全37巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ