少年漫画

“魔槍”vs”滅堂の牙”、明かされる二虎流の真実『ケンガンアシュラ』26巻【ネタバレ注意】

投稿日:

小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子
~前巻までのあらすじ~

裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫の人生が一変する。

争いを収めるための手段として300年前から続く代表闘技者同士の戦い、拳願仕合の新しい闘技者である十鬼蛇王馬の世話役を命じられ、王馬と行動を共にすることに。

王馬と一夫の雇用主である乃木は拳願会会長の片原滅堂に挑戦状をたたきつけ、会長指名権を賭けた「拳願絶命トーナメント」の開催が決定。

乃木グループは従来の正闘技者である初見 泉を代表とし、いつの間にか山下商事として起業させられた一夫も拳願会会員の資格を勝ち取って王馬を闘技者とした。

そして野望を抱く拳願会会員たちは次々と強い闘技者を立てていき、その中には王馬と過去に因縁のある桐生 刹那の姿もある。

バトルロワイヤル形式の予選と水面下での戦いを経て、一行は決戦の地「願流島」に到着し、32社によるトーナメント本戦が開幕。

大会は2回戦を終え、"絞殺王"今井 コスモ・"阿修羅"十鬼蛇 王馬・歴代最多勝利者の"猛虎"若槻 武士、"虐殺者"ムテバ・ギゼンガ、"雷神"御雷 零、"魔槍"黒木 玄斎、"浮雲"初見 泉、"滅堂の牙"加納 アギトが勝利を挙げて3回戦へ進出した。

何とか勝ち上がる王馬だが、二虎流ではない覚醒技「前借り」には重大なデメリットがあり、代償で寿命が削られているうえ、仕合のダメージで意識不明に。

精神の世界で師匠の二虎と再会し、徐々に記憶を取り戻しながら本来の実力を取り戻すカギを呼び覚ましていく。

他方、場外では東洋電力の速水が大量の守護者を率いてクーデターを敢行し、各所で戦闘が勃発。

闘技者たちが抵抗し、さらに滅堂も造園として手配した呉一族などの活躍もあり、速水の策は失敗に終わった。

その中でも守護者のなかに王馬の身柄を狙う者もいたが、二虎流の奥義「鬼鏖」とともに意識を取り戻した王馬が「前借り」を使う守護者を破った。

そしていよいよトーナメントは最終日。

若槻との準決勝を制した王馬が決勝進出を決め、もう1仕合では黒木とアギトが激突する。

26巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

準決勝第2仕合 黒木玄斎vs加納アギト

準決勝第2仕合は黒木玄斎vs加納アギト。

優勝候補同士の戦いは互いの読み合いによる膠着状態で始まる。

相手の動きの先を捕らえる見切り合いから先に黒木の魔槍がアギトの肩に刺さった。

〈黒木が先制[ケンガンアシュラ 26巻](c)小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子〉

対するアギトも反撃に出はじめ、黒木が防御しながらカウンターを狙う。

アギトは徐々に黒木の動きに適応し、本領を発揮し始めた。

〈アギトの反撃開始[ケンガンアシュラ 26巻](c)小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子〉

防戦を強いられ苦境に立つ黒木。

しかし黒木も親指だけによる貫手を武器に、冷静にアギトの隙を見抜く。

一転して黒木がアギトを滅多打ちにする展開となるが、アギトもただでは終わらない。

〈黒木が上回る[ケンガンアシュラ 26巻](c)小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子〉

蹴りを解禁しますます進化を続けるアギトが押し返し、必殺の一撃「龍弾」を放つ。

が、アギトの動きを未然に察知した黒木が小手返しでアギトの右腕を完全に破壊した。

〈アギトの一撃は不発[ケンガンアシュラ 26巻](c)小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子〉

互いに深刻なダメージを負いながら、すべてを懸けた攻防がはじまる。

最後には黒木の武がアギトのアギトを打ち砕き、「滅堂の牙」の伝説を破った。

〈黒木がアギトを破る[ケンガンアシュラ 26巻](c)小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子〉

アギトが敗れたことで、拳願会に戦国時代が到来する。

敗戦を噛みしめるアギトは潔く「滅堂の牙」の座を明け渡し、滅堂は次に来る挑戦の時代に胸を膨らませるのだった。

二虎流の真実

決勝戦を前に、黒木が王馬に二虎流の真実を告げる。

かつて「中」の統一という野望を抱いた臥王 鵡角(がおう むかく)という男がいた。

〈二虎流の源流[ケンガンアシュラ 26巻](c)小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子〉

古流柔術「臥王流」を用いて圧倒的な武力で暴れまわった臥王だが、30年戦い抜いても「中」を統一することはできず、野望を次世代に継ぐ。

臥王は目を付けた子供たちを弟子として武術を教え、その弟子たち全員が「十鬼蛇 二虎」という名を名乗った。

〈十鬼蛇二虎たち[ケンガンアシュラ 26巻](c)小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子〉

「十鬼蛇 二虎」たちが各地で武勇を残し、臥王の思惑通りその名はやがて伝説の存在となっていく。

十鬼蛇 二虎を狙う反攻勢力も出始め、激化する闘いに打ち勝つために臥王は弟子たちに奥義を伝授する。

修行の地は王馬も連れていかれた死の樹海。

しかしここで十鬼蛇 二虎たちの大半は何者かに殺され、生き残った者も離散。

臥王もその日以来姿を消したのだった。

この臥王流をベースに二虎流が作られたが、そのアレンジに協力したのが黒木の師匠である下地 和文

二虎流と怪腕流の親交はかねてから存在し、黒木もまた王馬の師である二虎と面識を持っていた。

そして今、トーナメントの決勝で二虎流と怪腕流が激突する―。

【26巻のまとめ】

黒木とアギト、トーナメントの本命同士の激突は、黒木の武が滅堂の牙を伝説を終わらせる結果となった。

怪腕流の先代当主である下地が二虎流の成り立ちに関わったこともあり、二虎流の真実が黒木によって明かされる。

二虎流を継ぐ王馬と怪腕流の黒木、2人がいよいよ決勝で激突する。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『ケンガンアシュラ』全27巻+外伝のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

激闘の末、堂々の完結!『アイシールド21』37巻(完)【ネタバレ注意】

アイシールド21 37 (ジャンプコミックス) posted with ヨメレバ 稲垣 理一郎 集英社 2009-10-02 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ 光速 …

夜叉猿を倒すための山籠もり修業『グラップラー刃牙』11巻【ネタバレ注意】

グラップラー刃牙 11巻 夜叉猿を倒すための山籠もり修業 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙。 その正体は東京ドー …

伝説の剣豪 宮本武蔵が現代に蘇る『刃牙道』2巻【ネタバレ注意】

刃牙道 2巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 勇次郎との決闘を終え、欠伸の止まらない日々を過ごす刃牙。 しかしスカイツリーの地下研究施設で極秘で武蔵のクローン …

勇次郎も乱入、推薦出場の天内悠の実力とは…?『グラップラー刃牙』24巻【ネタバレ注意】

グラップラー刃牙 24巻 勇次郎も乱入、推薦出場の天内悠の実力とは…? あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙。 その …

儚い家族愛、戦う決意が固まる『ぼくらの』9巻【ネタバレ注意】

ぼくらの 9巻 小学館/鬼頭莫宏 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 夏休みの自然学校で出会った15人の少年少女たちはココペリと名乗る男と出会い、「巨大ロボットを操って敵から地球を …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!