青年漫画

貘・鞍馬組・アイデアルの混沌とした勝負に幕、賭郎と警察の勝敗も決し、運命の號奪戦へ『嘘喰い』24巻【ネタバレ注意】

~前巻までのあらすじ~

多重債務者の冴えない青年・梶隆臣はひょんなことから凄腕のギャンブラー・斑目貘と出会い、行動を共にするようになる。

さらに梶は命すら対価にするギャンブルや、それを成立させるために立会人を派遣する中立の秘密組織「賭郎」の存在を知り、廃ビルでの命懸けの脱出勝負に勝った貘は、全てを凌駕する暴力を持つ別人格の怪物・ロデムを宿すマルコを仲間に加え、賭郎の会員権や大金を得た。

賭郎の会員権を梶に譲った貘はさらに賭郎の能輪立会人の手配で新たな賭郎勝負の場を設定してもらうこととなり、貘と顔なじみである立会人の夜行妃古壱が梶の専属につくなか、富士山中のトンネルでテロリストの佐田国との賭郎勝負に勝ち、お屋形様との取引で再び賭郎会員に復帰。

しかしその裏ではお屋形様の思惑通り警察以上の力を持つ新組織成立へと動き始めており、さらに賭郎の乗っ取りを企む米国の犯罪組織「アイデアル」も実行部隊リーダーである暗殺者カラカルが暗躍する。

貘は警察とグルになって未解決事件の犯人をでっち上げるための迷宮ギャンブルを利用して自分が屋形越えに失敗した事実を無かったことにし、さらにイカサマを読み切って勝利を手繰り寄せ、合計11億円とこの迷宮ギャンブルに関与していた警察関係者の名前として天真という男の名前を得た。

貘の命を狙ってその天真とその部下である密葬課の箕輪が現れ、この迷宮ギャンブルの関係者のデータが入ったLファイルを賭けて門倉が仕切る勝負が行われるが、これにも勝利して天真からLファイルを獲得する。

他方、梶は自らの力で無実を証明すべく立ち上がり、貘から得た情報で殺人事件の真犯人である羽山邸へと潜入、羽山家に取り入るヤクザの鞍馬と滑骨の代理戦争に巻き込まれる形で完全な証拠を賭け、梶・カール・郁斗の3人で「ファラリスの雄牛」の勝負。

焼かれたカールが瀕死の重傷を負うが、カールとの協力もあり梶が最終的に勝利して事件の証拠を獲得、負けを認めようとしなかった滑骨は屋敷の外で伽羅によって葬られるが、伽羅は滑骨が契約していた伝説的ボディーガードのキョンホ・ジョンリョに狙われることとなり、姿を消した。

貘は梶が獲得した証拠と犯罪者が載るLファイルを使い、テレビ局を乗っ取って生放送での暴露番組を企画、賭郎勝負としてスタジオには弥鱈立会人が目を光らせるなか、番組ではゲストたちがパネルと共に事件の犯人として暴かれていき、貘はゲストの中に潜ませていた梶と共謀して500億もの大金をゲストから巻き上げることに成功。

放送市場類を見ない番組を終えた貘は、500億に続いて屋形越えの権利を得るため、次の手としてLファイルに残る犯罪者たちに賭郎が用意した搦手の人員を受け入れさせることを目的に電波ジャックを継続。

旧電波塔である帝国タワーで賭郎勝負をすることで、電波ジャックの発信源に何者も邪魔させない構えだが、放送を阻止しようと警視庁の副総監が独断でSAT出動を指示、そこにお屋形様と棟耶立会人が対峙する。

帝国タワーでは零號立会人の切間撻器を連れた謎の男・捨隈を相手に、互いの珠の数を読み合い、タワー最上階の端末に正しい合計数を入力した方が勝ちという勝負が行われることに。

珠の数を絞る為に用意されたドティの部屋で2人とも1ターン目を外し、雹吾の入力ミスと、目を潰された貘により、両チームに残された端末の入力権利は各1回のみに。

タワー内では捨隈の相方である鞍馬組の雹吾とレオも暗躍するなか、ドティの部屋での2ターン目の読み合いも互いにハズレ、命を賭けたドティでの3ターン目に臨むが、先攻の貘は確信をもって宣言した数字を外してしまった。

他方、タワーの外では賭郎と警察が一触即発の事態となり、互いの代表による激しいバトルが繰り広げられた結果、警察が2人分の突入許可を得たものの、大一番で賭郎が勝利し、大負けした笹岡副総監は多数のトップシークレットを吐かざるを得なくなる。

その頃タワーの上部では500億円をかすめとろうとする鞍馬組にアイデアルのカラカルとマーティンが激突し。

マーティンを倒し、カラカルを麻酔で眠らせることに成功したものの、眠ったことでカラカルの凶暴な野生が覚醒、リミッターが解除されたカラカルは雹吾をあっという間に殺め、そこに合流したマルコとも戦闘に。

鞍馬がマルコの中に眠るロデムを呼び起こし、2匹の怪物による激闘が始まった。

その頃タワーの1階では先に密葬課の2人が突入し、撻器・妃古壱と2対2での死闘が狭い車内で繰り広げられることになるのだった。

 

24巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

カラカルの最期

痛みを感じないカラカルと、傷みを感じながら自分の中の狂気に抗いながら戦うマルコ。

2人は展望台の屋上から落下し、絡まったケーブルを命綱にしながら戦う。

最後は自分を取り戻したマルコが渾身のパンチを放ち、カラカルが転落。

衝撃で目を覚ましながら屋上に落下し、さすがにダメージで身動きが取れなくなる。

そこにマーティンが合流し安心するカラカルだったが、マーティンは親友のニコラに見立てたカラカルをその手にかけ、カラカルが最期を迎えるのであった。

賭郎と警察の勝負に幕、密葬課の解体が決まる

その頃、賭郎と警察の代表者による決闘では、SATの隊長が賭郎の代表者と一進一退の攻防を繰り広げていた。

戦いの間自分の血が流れ続ける笹岡副総監は恐怖に煽られていく一方、車中での戦いでは一瞬でも気を抜けば死に至るギリギリの攻防が繰り広げられる。

発煙筒を焚いて煙に包まれるなか、寸でのところで搦手成立の連絡を受けた妃古壱が車を急発進させて壁にぶつけ、戦闘を中断。

撻器は真鍋との打ち合いを制しつつも、人材を惜しんで殺さず。

もともと撻器と妃古壱の目的は搦手の完了までの時間稼ぎだったこともあり、これ以上の戦闘は不要となった。

ちょうど笹岡副総監が本当に命を落とし、密葬課の解体が決まる。

笹岡副総監の拷問器具は手首にただ傷みを与えて水を滴らせていただけで本当に血を流していたわけではなかったが、恐怖と錯覚だけで命を落としてしまったのである。

こうして真鍋と三鷹は密葬課の解体と共に賭郎に吸収されるのであった。

ドティでの3回目の勝負

真鍋たちが突入する少し前、ドティの中では貘と捨隈による3回目の勝負が行われていた。

先攻の貘が13を外し、後攻の捨隈も15を入力してハズレ。

結果を見届けた捨隈は動じることなく最上階を目指す。

全ては捨隈の計算どおり、最上階で鞍馬たちと合流するのだった。

捨隈の裏切り、貘との騙し合い

鞍馬たちと合流した捨隈だが、突如として鞍馬を裏切り、隠し持っていた銃でマルコや鞍馬を撃つ。

雹吾にすら自分の珠の数を偽って伝えていた捨隈は、自分の網膜を使って解き明かしたパスワードの16を入力。

捨隈は外す前提で雹吾に8を入力させていたが、本当は9つの珠を持っていたのである。

ドティではあえりえない数の宣言は禁止されていたが、端末への入力では禁止されておらず、これが皆を騙すトリックになっていた。

しかしそこに梶と共にヘリコプターに乗った貘が最上階へ現れる。

結果として捨隈がたどり着いた16もハズレ。

貘も負けたように見せて全員を騙していたのだった。

捨隈をハメていた貘

1ターン目が終わった後に貘があえて身の危険を冒してまで捨隈を追ったのは、捨隈が雹吾に入力させたのが8と読んだうえで、それがブラフかどうかを確かめるため。

結果として目を潰され肝心のところはわからなかったが、それでも非常階段であることに気づいたのである。

あのとき捨隈はビルからの狙撃を認識・警戒し、貘に殺意を向けたのは狙撃の射線を自然に避けるためのとっさの行動だった。

8入力を本気で当てに行ったと思わせるために躊躇なく殺意を向けていたことを見抜いた貘は、さらに鞍馬と協力して捨隈をハメていた。

もともと捨隈が賭郎会員権を獲得した梟とのポーカー勝負は、その映像に貘ですらも何も読み取ることができなかったことから、貘はこれがイカサマではなく八百長、つまり梟も捨隈もその背後にアイデアルいた可能性に気づく。

そしてそれをマルコに託した手紙で鞍馬に伝え、鞍馬は捨隈の拾から予め銃弾を抜いており、捨隈が撃ったのは空砲。

捨隈が雹吾に教えていた自分の珠の数も偽りであり、捨隈があらかじめボイスレコーダーをカラカルに横流ししていたが、鞍馬は捨隈の裏切りに気付かされ貘と組んだ。

さらに貘がマルコに指示した「13」も、端末に入力しないところまで予め貘が作戦を伝えており、入力権を使ったように見せかけるためのものだった。

捨隈の最期と正解パスワード

捨隈は鞍馬に対しただ「アイデアルではなく、今初めて鞍馬組の配下となろう」と告げると、鞍馬は捨隈を試すために「貘の持つ珠の数を当ててみろ」と返す。

その様子はカールが管理する監視カメラの映像を通じ、貘と梶も固唾を呑んで見守る。

いま捨隈が絞り込んでいるのは8・9・10の3つ。

捨隈に対して貘の珠が入った袋を差し出し、その中に入っていた数が9であることを確認した捨隈は、用心深く人を徹底して信用しない性格からそれをブラフだと読み、10と返答する。

しかしそれも鞍馬にとっては織り込み済み。

貘の珠はもともと9であり、捨隈は勝負師として負けたことを立証。

鞍馬は銃で捨隈を粛清し、貘はマルコに正解のパスワード18を入力させるのであった。

【24巻のまとめ】

暴走するカラカルをマルコが重傷を負いながらも撃破。

そしてアイデアルの工作員だった捨隈の思考をも看破した貘が出し抜き、正解のパスワードに辿り着いた。

賭郎と警察の勝負も搦手の成立と笹岡副総監の死によって決着し、密葬課は解体、真鍋と三鷹の2人は賭郎に吸収されることとなる。

賭郎勝負は貘の勝利、しかしまだ妃古壱と撻器による凄絶な號奪戦が控えているのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考命を賭けた高度なギャンブルと手に汗握る超人たちのバトルが目白押し!『嘘喰い』全49巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ