少年漫画

月日は流れ、ブラジルでビーチバレーを学ぶこととなった日向『ハイキュー!!』42巻【ネタバレ注意】

投稿日:

 

~前巻までのあらすじ~

ある日「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始めた小柄な少年・日向翔陽。

中学時代は環境に恵まれず、3年最後の大会にようやくメンバーを集めて出場するも、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。

影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校バレーボール部に入部した日向だが、奇しくも影山もチームメイトとなり、他の1年生である月島・山口や主将の澤村、副主将の菅原、2年でムードメーカーの田中、エースの東峰、リベロの西谷らと共に新チームとして始動する。

インターハイ予選では烏野は影山の先輩セッターである及川率いる強豪・青葉城西に敗れ3回戦で姿を消したが、長年のライバル校である音駒ら複数校による東京での合同練習に招待され、音駒に新たに加入した長身の灰羽リエーフや梟谷学園を率いる大エース木兎らライバルたちから貪欲に技術を吸収。

チームとしても新たな攻撃パターンに挑戦し始めた烏野は春高の予選で青葉城西へのリベンジを果たし、王者・白鳥沢との激闘を制して念願の全国大会出場を決める。

烏野がいち早く出場権を獲得した一方、東京都でも強豪が集う予選が開幕し、全国トップ3に入るスパイカー・佐久早率いる井闥山、梟谷、そして音駒の3校が全国への切符を掴んだ。

全日本ユース合宿で影山が、県内の有望な1年生を集めた疑似ユース合宿で月島と日向が経験を積み、春高バレー本戦が開幕。

烏野は2年連続出場の椿原学園を、2回戦ではユース合宿に選ばれたセッター宮侑らを擁する優勝候補・稲荷崎との激闘を制して3回戦へ。

音駒も順調に勝ち進み、3回戦で烏野と音駒、往年のライバルによる「ゴミ捨て場の決戦」が全国の舞台で実現する。

互いに1セットずつ取り合う激闘はファイナルセットにもつれこみ、音駒の粘りを振り切って猛攻を見せた烏野がゴミ捨て場の決戦を制した。

烏野は同じ日に行われる準々決勝で「小さな巨人」星海擁する鴎台高校と激突することが決まる。

同じく3回戦を突破した梟谷は全国3本の指に入るエース・桐生率いる貉坂高校を破って準決勝へ進出する一方、準々決勝に臨む烏野は、「小さな巨人」星海に加えて身長2m超の白馬と”不動”の異名を持つ昼神ら強力なブロック陣が相手。

抜群の安定感を誇る鴎台を相手に突破口を開けず第1セットを落とした烏野は第2セットを奪い返し、試合はファイナルセットへ。

必死に食らいつく烏野はついに日向が鴎台のブロックを翻弄することに成功するが、ここで日向が高熱を出すアクシデントに見舞われる。

日向はコートに立ち続けることができない悔しさを噛みしめながら、仲間に後を託して交代となるのだった。

 

42巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

日向を欠き、無念の敗退

試合終盤での日向の離脱を受け、チーム一丸となって挑む烏野。

満身創痍のなか気持ちを切らさず最後まで攻め続けるが、先にマッチポイントを握ったのは鴎台。(烏23-24鴎)

粘りを見せる烏野だが、最後は星海の渾身のスパイクを拾いきることができず。

〈鴎台に一歩及ばず [ハイキュー!! 42巻](c)集英社/古舘春一〉

準々決勝で無念の敗退となるのだった。(烏23-25鴎)

月日は流れ、それぞれ新たな舞台へ

その他の会場でも波乱が起こる。

優勝候補の井闥山は主将の飯綱が負傷交代し、犬伏東に逆転負け。

志半ばでコートを去った日向にとっては苦い経験となり、体調管理の大事さを胸に刻む。

〈敗北を噛みしめる [ハイキュー!! 42巻](c)集英社/古舘春一〉

澤村や東峰、菅原たち3年生は後輩たちに部を託して卒業。

翌年、烏野は夏のインターハイ予選で伊達工業に敗れて全国出場は叶わず、春高バレーでは本戦3回戦で再び稲荷崎と激突し惜敗を喫する。

日向・影山らが3年の最後の春高は井闥山に敗れ全国3位に終わった。

卒業後、影山はそのままVリーグへ進み、10代としてプロとして活躍する一方、日向はリオデジャネイロの地に身を置いているのだった。

〈ブラジルに渡った日向 [ハイキュー!! 42巻](c)集英社/古舘春一〉

ビーチバレーでの修行

卒業後、白鳥沢の鷲匠監督のツテでブラジルに渡り、2年限定でビーチバレーを学ぶことにした日向。

〈ビーチバレーを学ぶ日向 [ハイキュー!! 42巻](c)集英社/古舘春一〉

2人ペアで行うビーチバレーの世界で、ペアを探しながらスキルを身につけていく。

初めは生活環境の違いや砂の上での跳び方、風の影響などに苦労したが、偶然にも同じように海を渡りアルゼンチンのプロリーグに身を置いている及川と再会を果たす。

〈及川と偶然の再会 [ハイキュー!! 42巻](c)集英社/古舘春一〉

及川との思いがけない再会に元気をもらった日向は持ち前のポジティブさで全てのプレーに磨きをかけ、すぐ次の体勢に移ることを意識するようになっていく。

そして月日が経ち、日向はブラジルのビーチバレー界で”ニンジャ・ショーヨー”として名が売れるようになっていくのだった。

〈ニンジャ・ショーヨー [ハイキュー!! 42巻](c)集英社/古舘春一〉

【42巻のまとめ】

日向を欠いた烏野は粘りを見せるも鴎台に一歩及ばず、準々決勝で無念の敗退となった。

その後月日は流れ、影山は高校卒業後にプロ入りしVリーグで活躍する一方、日向は単身ブラジルに渡り、ビーチバレーの修行を始める。

そこでアルゼンチンのプロリーグに身を置く及川と偶然の再会を果たしながら、ビーチバレーを通じて全てのプレーに磨きをかけていく。

メキメキと腕を上げていく日向はいつしか、”ニンジャ・ショーヨー”としてブラジルのビーチバレー界で名を馳せていくのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『ハイキュー!!』全45巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

勇次郎とマホメドJrが圧勝、そして刃牙も復活へ『バキ』21巻【ネタバレ注意】

バキ 21巻 勇次郎とマホメドJrが圧勝、そして刃牙も復活へ あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 偶然にも世界各地で死刑囚5人が「敗北を知りたい」という言葉を残して脱 …

プロレス界の二大巨塔が二回戦に登場『グラップラー刃牙』27巻【ネタバレ注意】

グラップラー刃牙 27巻 プロレス界の二大巨塔が二回戦に登場 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙。 その正体は東京 …

脱出への希望を打ち砕く最悪の展開『巨蟲列島』5巻【ネタバレ注意】

巨蟲列島 5巻 秋田書店/藤見泰高 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 飛行機が墜落し、島に漂着した私立鳳翔高等学園の生徒たち。 そこは巨大化した虫が巣食う島だった。 蝶に襲われ早 …

二刀流サーブと双子速攻の難敵『ハイキュー!!』29巻【ネタバレ注意】

ハイキュー!! 29巻 集英社/古舘春一 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ ある日「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高 …

ゲームは終盤、最終決戦へ『神さまの言うとおり弐』16巻【ネタバレ注意】

神さまの言うとおり弐 16巻 講談社/金城宗幸・藤村緋二 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 平凡な毎日が突然終わりを告げた。 明石靖人は親友の青山との喧嘩が原因で学校をサボるが、 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!