青年漫画

明かされる山引の本性と過去『食糧人類』4巻【ネタバレ注意】

投稿日:2019年4月2日 更新日:

明かされる山引の本性と過去
~前巻までのあらすじ~

高校生の伊江とカズが拉致された先は「ゆりかご」という謎の施設。

そこでは冷凍された人間や、薬液で自我をなくされ超肥満体形にされた人間、そして薬で発情し続けさせられる”生殖種”の人間たちがいた。

伊江とカズは施設で山引とナツネという2人の青年と出会い、脱出を試みる。

巨大生物に見つかりそうになったところを小倉に助けられた伊江たち。

小倉は元ルポライターで施設に潜入しており、脱出できずに情報収集しながらひっそりと生き延びていた。

小倉から「玉座の間」の存在を聞くと、巨大生物に激しい敵意を抱くナツネが詰め寄る。

ナツネは施設から逃げた母から産まれた子で、驚異的な再生力と成長力を持つ完全な増殖種だった。

運悪く遭遇した巨大生物によってナツネは喰われるが、腹の中を割いて復活し、返り討ちにしてみせる。

ナツネが巨大生物を殺したことにより、罰として施設職員の中から17人が生贄に捧げられた。

所長の和泉は6年前の脱走事件による大粛清を思い起こし、ナツネたちの追手として人造人間たち「夕凪の会」を放つ。

施設に残り巨大生物の殲滅を狙う山引・ナツネと別れて脱出を図る伊江・カズ・小倉を夕凪の会が襲い、3人は捕まってしまった。

3人の運命やいかに。

 

4巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

人類にできるのは絶対服従のみ

夕凪の会に捕らえられて人体改造されそうになった伊江たちに、桐生は施設の存在や巨大生物たちの秘密について語る。

カマキリのような巨大生物たちは宇宙からやってきた神のような存在で、異常気象の原因も彼らにあるらしい。

人間では到底敵わない存在であり、人間に唯一できることは絶対的服従のみ

〈巨大生物の正体を語る桐生 [食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

この施設「ゆりかご」は巨大生物が好む食事である人間を安定して供給し、一般市民には秩序と安寧をもたらすために政府が作った施設だったのである。

山引とナツネが助けに現れる

いよいよ改造手術が始まるとなり、山引からもらった毒を飲もうとする小倉。

しかしその毒入りのカプセルは改造人間によって没収され、万事休す。

〈いよいよ手術へ [食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

伊江は麻酔によって意識が遠のいていく。

と、その伊江たちの前にナツネと山引が現れ、窮地を救う

〈ナツネと山引が助けに [食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

ナツネが覚醒し牛刀一本で改造人間たちをなぎ倒していく。

大勢の改造人間たちを相手に自分の骨を武器にして闘うナツネ

さらに山引は桐生に「お義父さん」と話しかけ、精神を揺さぶっていく

〈桐生は山引の義父…? [食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

山引の秘密

山引は桐生が教授をしていた遺伝子分野の研究室の学生だった。

山引は天才的な発見を桐生に譲り、桐生は一躍名声を得るようになる。

金の卵を逃すまいと、桐生は自分の娘を山引に近づけ、2人はすぐに結婚した。

〈桐生の娘と結婚した山引 [食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

こうして山引を手中に収めて飛躍を遂げる桐生だったが、山引の本当の恐ろしさを知ることになる。

長い講演旅行から戻ると、研究室では山引が得体のしれないキメラを作り出していた。

〈倫理を逸脱する山引[食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

倫理に触れる研究をすぐさま止めようとする桐生だが、サイコパスの山引は悪びれる様子もなく、さらに山引に心酔する学生たちもみな山引の肩を持つ。

やむなく桐生は夜の研究室に忍び込んでキメラを殺害するが、翌朝学生たちが号泣しながらその死を悲しんでいた。

「次はもっと凄いヤツ作りましょーよ。」と笑いながら話す山引を見て、桐生は山引を殺さないとこの流れは止められないと悟る。

〈芽生える山引への殺意 [食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

山引を泥酔させた桐生は山引を放射線照射室へ連れていき、事故に見せかけて致死量の放射線を浴びせる

山引の死を確信した桐生は海外公演を終えて山引の遺体を確かめに行く。

しかし放射線照射室に遺体はなく、山引は研究室でケロリとしていた。

山引は様々な生物のDNAを取り込んで生きながらえていた

それどころか、山引に心酔していた妻の有希も放射線を浴びて同じように他の生物のDNAを摂取

有希にはメガネザルやアイアイの原猿にあたるDNAが適合し、その体もメガネザルのように変わり果てていた

〈娘が山引の手によって異様な姿に [食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

山引はヤモリの遺伝子を取り込んだことで天井にくっつくこともできるようになっており、桐生は絶望してその場から逃げ出した。

〈特殊能力を手に入れた山引 [食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

その後、路上で行くあてもない桐生を和泉がスカウトし、桐生は山引に復讐するために再び研究に没頭していく。

桐生が山引の胸を刺す

時は戻り、手術室。

桐生は自分の作り上げた改造人間たちが山引とナツネに倒され、再び山引への敗北感を覚える。

それでも負けを認めたくないプライドから、桐生はアイスピックで山引の胸を突き刺すのだった。

〈山引を刺す桐生 [食糧人類 4巻](c)講談社/イナベカズ〉

【4巻のまとめ】

人体改造されそうなところを助けに現れたナツネと山引。

山引は夕凪の会のリーダーである桐生の元教え子で、義理の息子でもあった。

天才でありながらも倫理観が欠如したサイコパス山引を桐生は危険視し、過去に放射線で殺そうとしたが、山引は様々な生物のDNAを摂取することで生き延び、特殊能力をも得ている。

山引への劣等感が爆発し、桐生は持っていたアイスピックで山引の胸を刺してしまうのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

明かされる山引の本性と過去
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>
 

『食糧人類』全7巻のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

椿vsカーン 世界タイトルへの挑戦『リクドウ』21巻【ネタバレ注意】

リクドウ 21巻 集英社/松原利光 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 父に虐待され、母は薬物中毒で入院。 幼くして入所した児童保護施設でも性のトラウマを抱えながらも、ヤクザの所沢 …

江原先生との再会で戦う理由を取り戻す『リクドウ』22巻【ネタバレ注意】

リクドウ 22巻 集英社/松原利光 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 父に虐待され、母は薬物中毒で入院。 幼くして入所した児童保護施設でも性のトラウマを抱えながらも、ヤクザの所沢 …

借金漬けの若者が裏社会への入り口を開く『東京闇虫』1巻【ネタバレ注意】

東京闇虫 1―人生で最も選びたくないシナリオ (ジェッツコミックス) posted with ヨメレバ 本田 優貴 白泉社 2011-03-29 Amazon Kindle 楽天ブックス   借金を抱 …

結衣が拉致され野々宮の怒りが爆発『東京闇虫2nd scenario』3巻【ネタバレ注意】

東京闇虫 ─2nd scenario─パンドラ 3 (ジェッツコミックス) posted with ヨメレバ 本田優貴 白泉社 2014-05-29 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前 …

BFと鯖田の衝突を煽る浅村『東京闇虫2nd scenario』6巻【ネタバレ注意】

東京闇虫 ─2nd scenario─パンドラ 6 (ジェッツコミックス) posted with ヨメレバ 本田優貴 白泉社 2015-07-29 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!