少年漫画

山王の大攻勢で一気にワンサイドゲームに『スラムダンク』27巻【ネタバレ注意】

投稿日:2018年8月22日 更新日:

~前巻までのあらすじ~

赤髪の不良、桜木花道が同級生の赤木晴子に一目ぼれし、彼女目当てでバスケ部に入部。

しかしバスケ初心者の花道に待っていたのは地味すぎる基礎練習。

不満を募らせた花道は一度は部を辞めかけますが、晴子への思いが勝って思いとどまります。

安西監督の指導のもと行われた部内の紅白戦では流川がスーパープレイを披露。

一方の花道も将来に期待を持たせる身体能力を発揮し、超初歩的なレイアップシュートを練習し、リバウンドの極意をゴリから教わりました。

そしていよいよ陵南との練習試合。

花道が試合デビューし大激戦を繰り広げますが、惜しくも敗戦。

そして次期キャプテン候補の宮城リョータがバスケ部に復帰しました。

大乱闘事件を経て三井もバスケ部に復帰し、インターハイ神奈川県予選が始まります。

準々決勝まで順調に勝ち進んだ湘北は藤真率いる翔陽も破り、決勝リーグへ進出。

決勝リーグ初戦の海南戦。

あと一歩のところまで追い詰めながら、最後は花道のパスミスで敗戦。

悔いの残る敗戦を噛みしめる花道はボウズとなり、レベルアップのためにシュート練を開始。

決勝リーグ第2戦では花道を温存したまま無事に武里を破った湘北。

一方、決勝リーグもう1試合では陵南と海南が激突。

陵南と海南の試合は延長にもつれこみながらも海南が制し、海南はそのまま武里も破ってリーグ優勝。

インターハイ出場のもう1枠を賭けた湘北と陵南の直接対決。

陵南との死闘を制し、湘北のインターハイ出場が決定。

全国でも続々と代表校が決まっていきます。

湘北のカギを握る花道はシュート2万本の猛特訓を経て、インターハイが開幕。

湘北の1回戦の相手は大阪の豊玉高校。

前評判Aランクの実力校で、ラン&ガンのオフェンスとラフプレイに苦しめられる湘北でしたが、ラン&ガンの真っ向勝負を制して湘北が逆転勝利。

2回戦の相手は昨年の覇者、山王工業。

昨年の覇者、山王工業の名に臆することなく試合に臨む湘北。

リョータと花道によるアリウープで幸先よく先制し、三井を中心に点を重ねます。

山王はまだ沢北が本調子ではなく、さらにこの試合でデビューした河田美紀男も花道によって挫折を味わい、湘北リードのまま前半を終えました。

 

27巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

後半開始直後から山王の大逆襲

後半開始直後。沢北が3Pで山王が逆転します。(湘北36 - 37山王)

そしてここから山王の怒涛の攻撃。

お家芸であるフルコートディフェンスで湘北のスローインから激しいプレスをかけ、インターセプトを連発。

〈山王のフルコートディフェンス [スラムダンク27巻](c)集英社/井上雄彦〉

湘北はハーフコートまでボールを運ぶことすらできないまま山王に次々とゴールを決められ、たった2分半で14点差をつけられてしまいます。(後半2分30秒 湘北36 - 50山王)

平常心や判断力が奪われ、疲労だけが蓄積していき、タイムアウトを取る湘北。

〈あっという間に広がる点差 [スラムダンク27巻](c)集英社/井上雄彦〉

山王は湘北に安全圏である20点差をつけるまで手を休めるつもりはありません。

対する湘北はゾーンプレス打開をリョータのスピードに託します

〈打開のカギを握るリョータ [スラムダンク27巻](c)集英社/井上雄彦〉

タイムアウト明け、山王の松本がフリースローを決めて15点差。(湘北36 - 51山王)

湘北のスローインは流川と三井が一気にゴールへ向かって駆け上がる奇襲。

赤木のスローインはロングパスと見せかけて山王のディフェンスの反応を一瞬遅らせ、リョータへ投げ入れます。

リョータにはこの一瞬の余裕があれば十分でした。

持ち前のスピードでようやくゾーンプレスを突破し、流川がダンクへ持ち込みます。

が、河田にブロックされ、こぼれ球を拾った花道のシュートも河田が連続ブロック。

湘北は赤木にボールを託しますが、河田のディフェンスを突破することができません。

逆に河田が赤木を1on1で抜き、花道のファウルをものともせずにダンクを叩き込みます。フリースローも決め、実力の差を見せつける河田。(後半3分30秒 湘北36 - 54山王)

湘北は再び赤木にボールを預けますが、赤木の攻めのパターンはすべて河田に読まれており、山王のカウンター。

最後は河田が個人技でゴールを決め、ついに20点差がついてしまいました。(湘北36 - 56山王)

「勝負あった」

観客も他チームの選手も、誰もがそう思ったとき、魚住(陵南)が会場に駆けつけます。

湘北はリョータが不得意なジャンプショットを打たされ、三井もガス欠。流川も沢北を前に思うように攻めることができず、逆にまた河田にゴールを許します。(残り12分強 湘北36 - 58山王)

勝利を諦めない安西監督と花道

大黒柱の赤木が何もさせてもらえない。

〈ゴリを心配する魚住 [スラムダンク27巻](c)集英社/井上雄彦〉

手詰まりとなり、最後のタイムアウトに逃げる湘北。

「負ける」

この言葉が脳裏をよぎり、安西監督の声すら頭に入ってきません。

安西監督は花道に代えて小暮を投入。

「小暮の思い出作りのために試合を諦めたのか」と震える花道に対し、安西監督は湘北が勝つ最後の希望を叩き込みます

〈勝利のために花道に希望を叩き込む安西監督 [スラムダンク27巻](c)集英社/井上雄彦〉

勝利のカギはオフェンスリバウンド

花道がリバウンドを取れれば、山王のカウンターがなくなり、さらに湘北の得点も増えるはず。

〈花道のオフェンスリバウンドに賭ける [スラムダンク27巻](c)集英社/井上雄彦〉

コートでは見事に山王のカウンターが決まり、沢北の豪快なダンクで点差がまた開きました。(残り11分 湘北36 - 60山王)

「ボールよ吸いつけ」

ベンチ全員からの念を受け、再びコートに戻る花道。

満身創痍の4人に向かい、試合を諦めない花道が喝を入れます

赤木にカンチョーを決め、さらに客席に向かって叫ぶ花道。

「ヤマオーは俺が倒す!!by天才・桜木!!」

〈チームを奮い立たせる花道 [スラムダンク27巻](c)集英社/井上雄彦〉

【27巻のまとめ】

後半開始直後、山王のお家芸であるオールコートゾーンプレスによって一気に20点以上差をつけられてしまった湘北。

「敗北」の文字が濃厚になり誰もが諦めかけるなか、花道だけは勝負を捨てません。

オフェンスリバウンドを取ることに全てを賭け、いざ奇跡の大逆転へ。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

 

『スラムダンク』全31巻のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

刃牙と勇次郎再びの親子団欒、しかし次第にお仕置きモードへ『範馬刃牙』30巻【ネタバレ注意】

範馬刃牙 30巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 地上最強の生物と謳われる父、勇次郎との決闘へ向けてトレーニングに励む刃牙。 自らアリゾナ州立刑務所に収監され …

全てが名シーン!涙なしでは読めない『スラムダンク』31巻(完)【ネタバレ注意】

スラムダンク (31) (ジャンプ・コミックス) posted with ヨメレバ 井上 雄彦 集英社 1996-10-01 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ 赤髪 …

克己がピクル相手に奮戦、しかし代償は大きかった『範馬刃牙』16巻【ネタバレ注意】

範馬刃牙 16巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 地上最強の生物と謳われる父、勇次郎との決闘へ向けてトレーニングに励む刃牙。 自らアリゾナ州立刑務所に収監され …

次の試練は目隠しでの「すなとり」『神さまの言うとおり弐』3巻【ネタバレ注意】

神さまの言うとおり弐 3巻 講談社/金城宗幸・藤村緋二 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 平凡な毎日が突然終わりを告げた。 明石靖人は親友の青山との喧嘩が原因で学校をサボるが、こ …

刃牙 vs 烈海王 中国4000年の歴史が範馬の血を呼び覚ます『グラップラー刃牙』37巻【ネタバレ注意】

グラップラー刃牙 37巻 刃牙 vs 烈海王 中国4000年の歴史が範馬の血を呼び覚ます あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝し …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!