少年漫画

山王にペースをつかませない怒涛の攻撃『スラムダンク』26巻【ネタバレ注意】

投稿日:2018年8月21日 更新日:

~前巻までのあらすじ~

赤髪の不良、桜木花道が同級生の赤木晴子に一目ぼれし、彼女目当てでバスケ部に入部。

しかしバスケ初心者の花道に待っていたのは地味すぎる基礎練習。

不満を募らせた花道は一度は部を辞めかけますが、晴子への思いが勝って思いとどまります。

安西監督の指導のもと行われた部内の紅白戦では流川がスーパープレイを披露。

一方の花道も将来に期待を持たせる身体能力を発揮し、超初歩的なレイアップシュートを練習し、リバウンドの極意をゴリから教わりました。

そしていよいよ陵南との練習試合。

花道が試合デビューし大激戦を繰り広げますが、惜しくも敗戦。

そして次期キャプテン候補の宮城リョータがバスケ部に復帰しました。

大乱闘事件を経て三井もバスケ部に復帰し、インターハイ神奈川県予選が始まります。

準々決勝まで順調に勝ち進んだ湘北は藤真率いる翔陽も破り、決勝リーグへ進出。

決勝リーグ初戦の海南戦。

あと一歩のところまで追い詰めながら、最後は花道のパスミスで敗戦。

悔いの残る敗戦を噛みしめる花道はボウズとなり、レベルアップのためにシュート練を開始。

決勝リーグ第2戦では花道を温存したまま無事に武里を破った湘北。

一方、決勝リーグもう1試合では陵南と海南が激突。

陵南と海南の試合は延長にもつれこみながらも海南が制し、海南はそのまま武里も破ってリーグ優勝。

インターハイ出場のもう1枠を賭けた湘北と陵南の直接対決。

陵南との死闘を制し、湘北のインターハイ出場が決定。

全国でも続々と代表校が決まっていきます。

湘北のカギを握る花道はシュート2万本の猛特訓を経て、インターハイが開幕。

湘北の1回戦の相手は大阪の豊玉高校。

前評判Aランクの実力校で、ラン&ガンのオフェンスとラフプレイに苦しめられる湘北でしたが、ラン&ガンの真っ向勝負を制して湘北が逆転勝利。

2回戦の相手は昨年の覇者、山王工業。

昨年の覇者、山王工業の名に臆することなく試合に臨む湘北。

リョータと花道によるアリウープで幸先よく先制し、三井を中心に点を重ねます。

しかし試合は始まったばかり。

 

26巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

三井を中心にリードする湘北

湘北は三井が絶好調。連続で3Pを決め、山王を突き放します。(湘北8 - 4山王)

対する山王も深津のポストプレーから河田が冷静にシュート。(前半1分30秒 湘北8 - 6山王)

湘北は三井が一之倉のマークにつかれながらまた3Pを決めます。(湘北11 - 6山王)

シュートに全く迷いのない三井に対し、ディフェンスのプレッシャーを増す一之倉

〈一之倉のスッポンディフェンス[スラムダンク26巻](c)集英社/井上雄彦〉

山王は野辺が花道をかわしてシュートを決めます。(前半2分 湘北11 - 8山王)

湘北は再び三井にボール集めますが、一之倉が激しいディフェンス。

しかし三井は一之倉をドリブルで抜いて河田をひきつけながら赤木へパス。

赤木が豪快なダンクを決め、追加点を挙げます。(湘北13 - 8山王)

山王はすぐさま河田がミドルシュートを決めて追撃。(前半2分30秒 湘北13 - 10山王)

その後も一之倉がその忍耐力を活かして三井にボールすら持たせないディフェンスを披露。

山王の厳しいディフェンスを前に攻め手が少なくなったリョータは隙をついて自らシュートへ持ち込みますが、沢北がブロック。

しかしこのボールが花道の顔面に当たって跳ね返り、ゴールへ吸い込まれていきます。(湘北15 - 10山王)

〈花道の顔面シュート[スラムダンク26巻](c)集英社/井上雄彦〉

鼻血を出した花道は一時止血のためベンチへ。代わりに入った角田は野辺を相手にポジションを取ることができません

沢北 vs 流川

ここで山王の沢北が流川に1on1を仕掛けます。

沢北は最小限のフェイクと鋭いドライブで流川を抜いてゴール。(前半3分 湘北15 - 12山王)

〈沢北が鋭いドライブからゴール[スラムダンク26巻](c)集英社/井上雄彦〉

ここで湘北は花道を再度投入。

そして沢北に対抗心を燃やす流川がお返しといわんばかりに沢北を抜き、野辺のブロックを物ともせずに豪快なダンク。(前半3分30秒 湘北17 - 12山王)

日本一のプレーヤーの座を賭けた対決が白熱していきます。

流川に抜かれ油断を指摘された沢北。さらにボールを失ったところから流川が1人で速攻を仕掛けます。

しかし後ろから全速力で追いついた沢北がファウルで失点を防ぎました。

花道 vs 河田美紀男

精神的にムラの見える沢北は懲罰として一時交代しますが、得点確実なシーンを止められたことで流川にも火が付きます。

流川がフリースローを2本とも決めたところで、湘北も小暮を投入して流川を温存。(湘北19 - 12山王)

さらに山王は野辺に代え、河田の弟にして210cm130kgの巨体を持つ河田美紀男を投入

〈巨漢の美紀男を投入[スラムダンク26巻](c)集英社/井上雄彦〉

美紀男は圧倒的なフィジカルで花道とのゴール下のポジション争いを制し、そのままシュートを決めます。(湘北19 - 14山王)

と、今一つペースをつかみきれない山王はここでタイムアウト。

湘北は三井へのマークが厳しくなったことを受け、花道を中心に攻める作戦に出ます。

〈花道vs美紀男[スラムダンク26巻](c)集英社/井上雄彦〉

対する山王も美紀男を中心に攻めることに。これは来年以降も視野に入れ、美紀男に経験と自信を植え付けたいという堂本監督の意図もありました。

花道と美紀男の勝負。

美紀男がパワーで押し込み追加点を挙げます。(前半残り12分30秒 湘北19 - 16山王)

対する湘北も花道の速さと運動量に期待しますが、パワーでも負けたくない花道の攻めはオフェンスファウルに。

逆に山王は見事な連携から最後は河田がダンクを決め、1点差に詰め寄ります。(湘北19 - 18山王)

一気に盛り上がる会場。

赤木はここで花道に「腰を落とせ」「負けるな、パワーでもだ」と激励。

〈ゴリの激励[スラムダンク26巻](c)集英社/井上雄彦〉

赤木のアドバイスを受けて基本に立ち返った花道は、ここから美紀男に圧し負けなくなっていきます

さらに美紀男のプレーがワンパターンであることから、美紀男が「ゴール下でポジションを取ってシュート」しかできないことに気づき、美紀男をゴール下へ入れさせません。

逆に花道はスピードで美紀男をかわしてジャンプシュート。(湘北21 - 18山王)

花道を相手に何もできなくなった美紀男はフラストレーションから花道にファウルを犯し、攻撃の芽をつぶしてしまいます。

花道はさらに美紀男をドリブルで抜いて自らゴール。(湘北23 - 18山王)

美紀男のデビュー戦は花道によって苦い記憶となるのでした。

〈花道が美紀男を破る[スラムダンク26巻](c)集英社/井上雄彦〉

美紀男はここでベンチへ下がり、その後も湘北がリードして前半を終えます。(前半終了 湘北36 - 34山王)

【26巻のまとめ】

試合は湘北がリードする展開に。

山王はまだ沢北が本調子ではなく、さらにこの試合でデビューした河田美紀男も花道によって挫折を味わい、湘北リードのまま前半を終えました。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>
 

『スラムダンク』全31巻のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マホメドJrを一蹴し、いよいよ勇次郎との決闘へ『バキ』31巻(完)【ネタバレ注意】

バキ 31巻(完) マホメドJrを一蹴し、いよいよ勇次郎との決闘へ あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 5人の死刑囚との死闘を制した地下格闘士たち。 しかし戦いの中で …

ピクルの手加減が刃牙の闘志に火をつける『範馬刃牙』20巻【ネタバレ注意】

範馬刃牙 20巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 地上最強の生物と謳われる父、勇次郎との決闘へ向けてトレーニングに励む刃牙。 自らアリゾナ州立刑務所に収監され …

最後は小細工なしのじゃんけん対決『神さまの言うとおり弐』7巻【ネタバレ注意】

神さまの言うとおり弐 7巻 講談社/金城宗幸・藤村緋二 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 平凡な毎日が突然終わりを告げた。 明石靖人は親友の青山との喧嘩が原因で学校をサボるが、こ …

ジャックの無慈悲な闘い、渋川vs独歩 柔と剛の対決へ『グラップラー刃牙』35巻【ネタバレ注意】

グラップラー刃牙 35巻 ジャックの無慈悲な闘い、渋川vs独歩 柔と剛の対決へ あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙 …

戦争開始、早くも独歩とドリアンが激突『バキ』3巻【ネタバレ注意】

バキ 3巻 戦争開始、早くも独歩とドリアンが激突 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 偶然にも世界各地で死刑囚5人が「敗北を知りたい」という言葉を残して脱獄し、東京へ …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!