青年漫画

学校と人質の奪還に成功!サワダが悲惨な最期を迎え、戦いに終止符が打たれる『自殺島』15巻【ネタバレ注意】

~前巻までのあらすじ~

生きる義務を放棄し、自殺を繰り返す「常習指定者」たちが送られる島、通称「自殺島」。

主人公のセイは自殺未遂の末、病院のベッドからこの島へと送り込まれた。

そこに待っていたのはセイと同じ自殺未遂者達。

死ねなければ生きるしかないサバイバルが始まり、グループで協力して生活のサイクルができるなか、冬に備えてセイは自分の力で生きるため、1人で山に入り鹿を追うことに。

弓を作り、思考錯誤で挑戦した狩りで鹿を仕留めたセイは、命への感謝の気持ちが内側から湧き上がり、数多の命の上に立ってこの島で生き抜く強い意志を固めた。

さらにこの島に先住している男に出会ったセイは、鹿の肉と引き換えに肉の保存の仕方など生活の知恵と共に1匹の子犬を譲り受け、その子犬「イキル」を猟犬として共に狩りを続け、さらに新たな「リヴ」という名前で前向きに生きることを決意した彼女とも急接近。

そして結束を深めだしたセイだが、サワダという暴君が支配する別のグループから逃げてきたという売春婦のナオを迎え入れたことでサワダに目をつけられることとなり、争いの火種が生まれ、次第に衝突することとなる。

さらに皆を引っ張ってきたカイが裏では弱った者に寄り添いながら死へと誘惑していることが明らかとなり、カイを追放することで一時的に平和な生活が戻ったものの、カイはセイたちのグループの内情をネタにサワダに取り入った。

そしてサワダ派との争いが激化し、殺し合いに否定的なリョウは強硬派のリュウにリーダーの座を譲るなか、カイによる奇襲を受けてセイの親友であるトモが拉致されてしまう。

すぐさまトモを救出しにサワダの集落を襲うセイたちだったが、女性としての生活が手に入ることを知ってしまったトモはサワダの傍に留まってしまい、救出は失敗。

どうしてもトモを助けたいセイは、グループの多数が戦いを望んでいない状況でも自らの意志を貫き通し、リヴと2人で独立、2人きりで生活し始める。

他方、安定した生活よりも刺激を求めるサワダは集落の不安を煽って戦いへと駆り立て、女性陣が奇襲をしかけてきた。

助けを求めるフリをしながらリョウたちの集落へ駆け込み、ミノルを含む3人が刺されてしまう。

集落ではついに稲作が行われ収穫を待つのみとなるが、ミノルはそのまま還らぬ人となってしまった。

サワダが生きている限り、戦いは終わらない。

リョウたちは本気でサワダ派と戦う覚悟を固め、ミノルの死の報せを受けたセイとリヴも2人だけの生活を続けたいという本心を押し殺してリョウたちの援護に向かうのであった。

リョウたちと合流したセイは争いの元凶であるサワダの暗殺を試みるが、作戦は失敗し、決戦へと機運が高まっていく。

リュウたちが装備を整えて出陣するも、サワダたちは全員で山を抜けて入れ違いになるように奇襲をしかけ、学校を占拠する。

戦えない女性たちを始め、学校に残っていた仲間を人質に取られてしまったセイたち。

屋上に立てこもった仲間を救出するため、秘かに作戦を練るのであった。

 

15巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

学校の解放に成功、サワダは逃走

木に登った状態でセイがリード付きの矢を屋上へと放ち、手紙で指示しながらロープをかけることに成功。

サワダ派に見つからないように、静かに見張りを拘束しながら、リョウ、セイ、そしてボウシの3人が校舎の壁をロープで登り、立てこもっていた女性たちと合流した。

あとは下でリュウたちが突入して騒ぎを起こし、その間にセイたちが人質を救出しながら脱出する作戦。

リュウたちの襲撃に気付いたサワダは女性たちやトモを裸にして肉の壁にする。

サワダ派の中にも本当は殺し合いを躊躇う者もおり、屋上から脱出したセイたちは犠牲者を出すことなくサワダと人質たちのもとへとたどり着いた。

人質をとるサワダを前後から挟み撃ちにし、カイや取り巻きらを制圧。

サワダは暴れながらロープを伝って地上へと降り逃走するが、リヴの放った矢がサワダに命中。

サワダは逃げたものの血を追うことはでき、セイたちは廃校の解放と人質の救出に成功したのだった。

サワダの最期

イキルを連れて逃げたサワダを追うセイたち。

サワダももとはアドレナリン中毒で苦しむ同じ未遂者ではあるものの、生かしてはおけない。

山を越えた反対側の海沿いでサワダを追い詰め、傷を負ったサワダは海に飛び込んで逃げようとする。

しかしもう日没を迎え、サメが活発に活動し始める時間。

血の匂いにサメが群がり、サワダはサメに食われるという悲惨な最期を遂げたのであった。

戦いが終わった

サワダの死によって、殺し合いを煽る者はいなくなった。

サワダの集落ではヒロという青年が皆の安全のために身体を張り、戦いに終止符が打たれた。

元サワダ派とは
原則として互いのエリアには近づかない
やむなく連絡する際は1人の使者を送る
などの取り決めを交わし、解放。

そんななか、彼らにも見捨てられたカイはセイたちの集落にただ1人捕虜として捕らえられたまま、処遇について話し合いが行われるのであった。

【15巻のまとめ】

セイたちの作戦が功を奏し、学校と人質の奪還に成功。

逃走したサワダは海に飛び込んだものの、サメに食われて悲惨な最期を辿った。

戦いはセイたちのグループが勝利を収め、今後は原則として互いに干渉しないことを条件に和平が成立。

そんななか、元サワダ派にも見捨てられたカイはセイたちの集落にただ1人捕虜として捕らえられたまま、処遇について話し合いが行われるのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考自殺未遂常習者たちが孤島で命の意味を見つめ直す極限サバイバルドラマ『自殺島』全17巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ