青年漫画

奈津子が消えても終わらないゲーム、そして警察が撤退『王様ゲーム 起源』4巻【ネタバレ注意】

投稿日:

双葉社/金沢伸明・山田J太
~前巻までのあらすじ~

1977年の夜鳴村。

本多一成と本多奈津子は従姉同士でありながら相思相愛の関係だが、2人の仲を反対されたことに反抗した奈津子は呪術家である実家の薬庫に閉じこもってしまう。

その数日後から「王様」を名乗る謎の人物から命令を記した黒い手紙が村人のもとへ届くようになった。

一成は親友の勇二や友人のミチ子、龍司らとともに最初はゲーム感覚で命令に従うが、従わなかった村人が次々に死んでしまう。

誰が犯人なのかもわからず異常事態に村中が騒然となり、殺人事件として警察も捜査に入るが、その目の前でも人が死んでいく。

続く命令で生贄を1人指名することになった一成だが、ミチ子が細工したクジにより久子が息子の目の前で犠牲になってしまった。

容赦なく届く王様の次の命令は「不要なことを犯すな」。

その真意が「王様への悪口を言うな」であることに気づくまでに大量の犠牲者が出てしまい、残る村人は12人にまで減ってしまう。

次の命令は「掲示板の前に村人の生首を置け」。

警察の配慮で犠牲になった村人たちの生首を使うことになるが、一成と勇二は息子の死で錯乱した百合によって罠にハメられ、山奥の鍾乳洞に閉じ込められてしまう。

力を合わせて脱出した一成と勇二だが、百合は命令を実行せずに愛する息子の待つ天国へと旅立った。

命令終了後、奈津子の姿が見えないことに気づいた一成。

村中を探しても見つからず、ミチ子ら4人が不穏な動きをしているところに遭遇するのだった。

 

4巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

奈津子が消えたと同時に届かなくなった王様の手紙

一成が奈津子を探していると知り、やや表情が曇る修平。

〈表情が曇る修平 [王様ゲーム 起源 4巻](c)双葉社/金沢伸明・山田J太〉

しかし4人とも何をしていたのかは告げずに去っていく。

一成は4人の表情がどこか落ち着いていることに違和感を覚えながら帰宅するのだった。

夜が明けても奈津子は見つからず、王様からの次の手紙も届かない。

修平やミチ子らは奈津子が犯人である可能性を強く疑い、奈津子がいなくなったために王様ゲームが終わったのではないかと主張する。

〈奈津子が犯人? [王様ゲーム 起源 4巻](c)双葉社/金沢伸明・山田J太〉

奈津子がハンカチに何かを包んで早朝にフラフラと出歩いていたという証言もあり、一成以外のほぼ全員が奈津子が犯人だと信じ始めている。

信じたくない一成は一人で奈津子を探し続けるが、結局見つからないままその日は終わった。

再び届き始めた王様の命令

翌日も王様からの手紙は見つからない。

龍司もようやくオオスズメバチに刺された怪我から回復。

王様ゲームから解放されたと思い安堵する村人たち。

堂島も、1週間程度様子を見て、確実に終わったと確認が取れるまでの辛抱だと告げる。

「俺の予想では『王様』の命令はもう…届かない」

と安心して笑顔を見せる修平。

一成だけは奈津子の身を案じて探し続けるが、合計して丸4日、奈津子も王様の手紙も見つかることはなかった。

しかし、一成は掲示板に王様からの手紙が貼られているのを見つけてしまう。

〈ゲームは終わっていなかった [王様ゲーム 起源 4巻](c)双葉社/金沢伸明・山田J太〉

「命令7 午前0時から8時間ごとに1名が自殺しろ。
命令に従わなかった場合には無作為に骨砕きの罰を1名に与える。」

一成が堂島に手紙を渡すと、すぐさま村人たち全員が集められた。

取り乱した修平が「奈津子は死んだはず」と口を滑らせる。

〈口を滑らせた修平 [王様ゲーム 起源 4巻](c)双葉社/金沢伸明・山田J太〉

そうこうしているうちに最初の8時間が経過しようとしていた。

警察が引き揚げ、無法地帯と化す村

誰も自殺するはずがなく、無作為に選ばれる犠牲者。

浩司が選ばれ、全身の骨を砕かれて死んでいく。

〈無作為に選ばれた犠牲 [王様ゲーム 起源 4巻](c)双葉社/金沢伸明・山田J太〉

その8時間後には早苗が選ばれて同様に死んだ。

夕方。宮澤は堂島に王様の正体を突き止めたと報告。

堂島はすぐさま村人たちを招集し、警察が夜鳴村から引き揚げることになったとの決定事項を告げる。

意思を理解して人を操る新種のウイルスが村人の遺体や一成たち村人の全員の血液から見つかり、これが王様ゲームの正体だというのである。

〈王様ゲームの正体 [王様ゲーム 起源 4巻](c)双葉社/金沢伸明・山田J太〉

統一されたウイルスの意思によって状況は常に感染者である村人たちの間で共有され、ときにい無自覚のままウイルスに操られて死んでいた。

まだ感染していない警察や研究者たちはここで退去し、拡散を防ぐ。

確実にウイルスを死滅させるには今いる村人たちが全員死ぬしかない。

絶望と共に一成たちは村に取り残され、警察という抑止力がなくなった今、村は地獄と化すのだった。

〈警察が撤退 [王様ゲーム 起源 4巻](c)双葉社/金沢伸明・山田J太〉

【4巻のまとめ】

奈津子の姿が見えなくなると同時に王様からの手紙も届かなくなり、心配する一成をよそに安堵する村人たち。

しかし単独で奈津子を探し続けていた一成は王様からの手紙が掲示板に貼られているのを見つけてしまう。

その内容は「8時間ごとに1名が自殺しろ。従わなければ無作為に1名が死ぬ」というものだった。

生物学者の宮沢が王様ゲームの正体が特殊なウイルスであることを突き止め、拡散を防ぐために警察や医師らが村から撤退を決める。

夜鳴村は封鎖され、無法地帯と化すのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

双葉社/金沢伸明・山田J太
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『王様ゲーム 起源』全6巻のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リクvsアラン 完全アウェーの孤独な闘い『リクドウ』18巻【ネタバレ注意】

リクドウ 18巻 集英社/松原利光 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 父に虐待され、母は薬物中毒で入院。 幼くして入所した児童保護施設でも性のトラウマを抱えながらも、ヤクザの所沢 …

一家乗っ取り事件と一家殺害事件、2つの重大事件への復讐『善悪の屑』2巻【ネタバレ注意】

善悪の屑 2巻 少年画報社/渡邊ダイスケ *Amazonでは取り扱いがありません 楽天 ~前巻までのあらすじ~ 様々な事件の遺族が、罪を償わずに生き延びる犯人たちへの恨みを晴らすために復讐を依頼する「 …

暗い過去を持つ麻酔のプロ、荒瀬『医龍』6巻【ネタバレ注意】

医龍 6巻 暗い過去を持つ麻酔のプロ、荒瀬 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 女性として教授に上り詰める野望をもつ加藤が天才外科医の朝田とオペ看のプロであるミキをス …

止まらない死の連鎖『王様ゲーム 臨場』2巻【ネタバレ注意】

王様ゲーム 臨場 2巻 双葉社/金沢伸明・栗山廉士 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 廃校となった広島県の高校で見つかった1冊のノート。 そこには当時行われていた恐怖の「王様ゲー …

リクvs三瀬早 トラウマを呼び起こして勝て『リクドウ』3巻【ネタバレ注意】

リクドウ 3巻 集英社/松原利光 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 父に虐待され、母は薬物中毒で入院。 ヤクザを殺してしまい幼くして入所した児童保護施設でも面倒を見てくれた先生が …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!