少年漫画

勇次郎と武蔵の立ち会い『刃牙道』10巻【ネタバレ注意】

投稿日:

小学館/板垣恵介
~前巻までのあらすじ~

勇次郎との決闘を終え、欠伸の止まらない日々を過ごす地下格闘士たち。

しかしスカイツリーの地下研究施設で武蔵のクローンが作られ、霊媒師である徳川寒子によって武蔵が現代に蘇った。

蘇った武蔵の実力は相手を意識の上でさえも斬ることができる程。

刃牙が2度敗れ、独歩も敗北を喫するなか、ボクシングに未練の無くなった烈が武蔵との対決に名乗りを上げた。

しかしあえなく武蔵に敗れて命を落としてしまう。

戦国時代の戦い方に精通する本部がいよいよ本気になり、刃牙をはじめ地下格闘士たちを守るために立ち上がる。

公開殺人を重く見た警察も動き出すなか、本部は勇次郎を相手にしても「守る」という覚悟を貫く。

しかし勇次郎が先に武蔵に接触するのだった。

 

10巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

勇次郎 vs 武蔵

勇次郎と武蔵が互いに惹かれるように立ち会うこととなる。

勇次郎は武蔵の構えた真剣を素手で握ったまま、パンチや合気で翻弄。

〈勇次郎が優勢 [刃牙道 10巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

対する武蔵は勇次郎ごと刀を持ち上げ、振りかぶる。

ここで勇次郎は手を放し、武蔵の二刀流と相対することに。

勇次郎は武蔵の斬撃を皮一枚で躱しながら金的で武蔵からダウンを奪った。

〈金的でダウンを奪う [刃牙道 10巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

苦悶の表情を浮かべる武蔵は勇次郎の強さを称え、二刀流の末に行き着いた無刀の構えで勇次郎に仕掛ける。

ここからさらにヒートアップするかというとき、本部が2人の間に飛び出して勇次郎をかばった。

〈本部が乱入 [刃牙道 10巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

闘いに水を差されたことに怒る勇次郎。

結果、武蔵との対決は流れてしまったのだった。

本部の直談判

勇次郎と武蔵の戦いに水を差したことに後悔のない本部は、ご老公に武蔵との対決を直談判。

本部の生半可ではない覚悟を聞いたご老公も本部をぶつけることを決める。

〈本部の覚悟を受け止めたご老公 [刃牙道 10巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

その会話を天井裏で聞いていたガイアもまた、本部の後押しに動くのだった。

【10巻のまとめ】

勇次郎が武蔵からダウンを奪い、武蔵が本気に。

しかし決着がつく寸前で本部が戦いに水を差し、2人の勝負は流れてしまう。

その本部はご老公に直談判し、武蔵との闘いへ近づいていくのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

小学館/板垣恵介
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『刃牙道』全22巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リアルなシャドーファイトに取り組む刃牙『範馬刃牙』1巻【ネタバレ注意】

範馬刃牙 1巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 格闘漫画界の巨塔であるバキシリーズの第三作。実戦シャドーファイティング編の始まりです。 さっそく、1巻のあらすじを振り返ってみましょう …

青葉城西に惜敗、次の舞台を目指して再始動『ハイキュー!!』8巻【ネタバレ注意】

ハイキュー!! 8巻 集英社/古舘春一 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ ある日「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校 …

激闘の末、堂々の完結!『アイシールド21』37巻(完)【ネタバレ注意】

アイシールド21 37 (ジャンプコミックス) posted with ヨメレバ 稲垣 理一郎 集英社 2009-10-02 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ 光速 …

ピクルが花山と力比べ、そして刃牙と対戦へ『範馬刃牙』14巻【ネタバレ注意】

範馬刃牙 14巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 地上最強の生物と謳われる父、勇次郎との決闘へ向けてトレーニングに励む刃牙。 全盛期のアイアン・マイケルとのシ …

激闘続く東京都予選、窮地に追い込まれる音駒『ハイキュー!!』22巻【ネタバレ注意】

ハイキュー!! 22巻 集英社/古舘春一 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ ある日「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!