少年漫画

完全アウェーのなか山王戦へ『スラムダンク』25巻【ネタバレ注意】

投稿日:2018年8月20日 更新日:

~前巻までのあらすじ~

赤髪の不良、桜木花道が同級生の赤木晴子に一目ぼれし、彼女目当てでバスケ部に入部。

しかしバスケ初心者の花道に待っていたのは地味すぎる基礎練習。

不満を募らせた花道は一度は部を辞めかけますが、晴子への思いが勝って思いとどまります。

安西監督の指導のもと行われた部内の紅白戦では流川がスーパープレイを披露。

一方の花道も将来に期待を持たせる身体能力を発揮し、超初歩的なレイアップシュートを練習し、リバウンドの極意をゴリから教わりました。

そしていよいよ陵南との練習試合。

花道が試合デビューし大激戦を繰り広げますが、惜しくも敗戦。

そして次期キャプテン候補の宮城リョータがバスケ部に復帰しました。

大乱闘事件を経て三井もバスケ部に復帰し、インターハイ神奈川県予選が始まります。

準々決勝まで順調に勝ち進んだ湘北は藤真率いる翔陽も破り、決勝リーグへ進出。

決勝リーグ初戦の海南戦。

あと一歩のところまで追い詰めながら、最後は花道のパスミスで敗戦。

悔いの残る敗戦を噛みしめる花道はボウズとなり、レベルアップのためにシュート練を開始。

決勝リーグ第2戦では花道を温存したまま無事に武里を破った湘北。

一方、決勝リーグもう1試合では陵南と海南が激突。

陵南と海南の試合は延長にもつれこみながらも海南が制し、海南はそのまま武里も破ってリーグ優勝。

インターハイ出場のもう1枠を賭けた湘北と陵南の直接対決。

陵南との死闘を制し、湘北のインターハイ出場が決定。

全国でも続々と代表校が決まっていきます。

湘北のカギを握る花道はシュート2万本の猛特訓を経て、インターハイが開幕。

湘北の1回戦の相手は大阪の豊玉高校。

前評判Aランクの実力校で、ラン&ガンのオフェンスとラフプレイに苦しめられる湘北でしたが、ラン&ガンの真っ向勝負を制して湘北が逆転勝利。

しかし2回戦の相手は昨年の覇者、山王工業。

 

25巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

山王工業の実力

山王のPG深津は海南の牧ですらも手こずる相手。マッチアップするリョータは緊張を隠せません。

さらに素早さ・巧さ・強さを兼ね備えたセンターの河田超高校級エースの沢北も合わせた3人が今年のチームを支える柱です。

山王は昨年のインターハイでは海南に30点差をつけて圧勝するほどの相手。

観客も山王の応援一色で、湘北にとってはアウェーとなることが予想されます。

決戦を前にして緊張感が増していく夜。

〈山王の強さを目の当たりにする湘北 [スラムダンク25巻](c)集英社/井上雄彦〉

流川のもとを豊玉の南が訪れ、ケガをさせてしまった左目に効く薬を置いていきます。

「沢北が高校No.1プレイヤーや」

その言葉を聞いて意気込む流川。

リョータや赤木たちも決戦に向けて決意を固めます。

一方の山王は湘北対策に余念がありません。

赤木の攻めのパターンが少ない、シュートエリアが狭い、リョータには外からのシュートがないなど弱点を分析していきます。

またスタミナに不安のある三井にはディフェンスのしつこい一之倉がマークに付くことに。

山王との試合直前

そしてインターハイ2日目。シード校の海南が順当に勝ち上がり、いよいよ湘北と山王の試合が始まります。

異様な盛り上がりを見せる会場のなか、雰囲気に飲まれかける湘北でしたが、安西監督のフォローで乗り越えて試合に臨みます。

リョータには「PGのマッチアップではウチに分があると私は見てる」

三井には「(ディフェンスのスペシャリストが出てくる)いくら山王といえど三井寿は怖いと見える…」

花道には「もともと君に怖いものなどあったかね?」

それぞれの性格に応じてやる気を引き出していく安西監督。

流川も万全の状態に回復し、試合が始まります。

インターハイ2回戦 湘北vs山王

最初のジャンプボールを制したのは湘北。

安西監督の指示通り、リョータと花道による奇襲を狙います。

リョータが一度は一之倉にスティールを許しますが自らボールを奪い返し、花道に合図しながらパス。

大きな放物線を描いたパスを花道が直接リングに叩き込み、奇跡的なアリウープで湘北が先制します。(湘北2 - 0山王)

〈アリウープで湘北が先制 [スラムダンク25巻](c)集英社/井上雄彦〉

しかし山王も深津が冷静に1本返し、すぐさま同点に。(前半30秒 湘北2 - 2山王)

ほどよい興奮状態で試合に入ることが出来た湘北は順調に点を重ねます。

三井が3Pを決め、序盤のカギを担います。(湘北5 - 2山王)

対する山王も速攻から沢北がしっかりと点を決め、すぐさま追いついてきます。(前半1分 湘北5 - 4山王)

調子がよさそうな三井。このあと波に乗ることができるのでしょうか。

【25巻のまとめ】

昨年の覇者、山王工業の名に臆することなく試合に臨む湘北。

リョータと花道によるアリウープで幸先よく先制し、三井を中心に点を重ねます。

しかし試合は始まったばかり。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

 

『スラムダンク』全31巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

刃牙vs花山 死闘決着『グラップラー刃牙』14巻【ネタバレ注意】

グラップラー刃牙 14巻 刃牙vs花山 死闘決着 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙。 その正体は東京ドームの地下 …

刃牙vs勇次郎 次第にヒートアップし刃牙が実力を解放へ『範馬刃牙』31巻【ネタバレ注意】

範馬刃牙 31巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 地上最強の生物と謳われる父、勇次郎との決闘へ向けてトレーニングに励む刃牙。 自らアリゾナ州立刑務所に収監され …

克己がピクル相手に奮戦、しかし代償は大きかった『範馬刃牙』16巻【ネタバレ注意】

範馬刃牙 16巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 地上最強の生物と謳われる父、勇次郎との決闘へ向けてトレーニングに励む刃牙。 自らアリゾナ州立刑務所に収監され …

湘北の不安要素が露呈、一転して大ピンチに『スラムダンク』20巻【ネタバレ注意】

スラムダンク (20) (ジャンプ・コミックス) posted with ヨメレバ 井上 雄彦 集英社 1994-09-01 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ 赤髪 …

“阿修羅”vs”黒呪の亡霊”、”測定不能”vs”猛虎”、そして暗躍する刺客『ケンガンアシュラ』8巻【ネタバレ注意】

ケンガンアシュラ 8巻 小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫の …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!