青年漫画

吸血鬼であることがバレたケンが明と決闘、ユキ救出のために要塞寺へ潜入『彼岸島』28巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

宮本青果店の店長の息子である宮本明は、謎の女青山冷との出会いで数年前に婚約者と共に行方不明になった兄が冷の故郷である彼岸島で生きていることを知る。

その島は吸血鬼たちに侵された島であり、冷も母と妹を吸血鬼たちに人質にとられていた。

明の兄と冷を助けるため、明は幼馴染のケン・ユキ・西山・加藤・ポンたちや知人たちを集めて彼岸島へ乗り込み篤と再会を果たすが、吸血鬼と化した村人たちの奇襲や血が不足したことで狂暴化した邪鬼、そしてその邪鬼をもサイコジャックで手懐けるボス・雅が立ちはだかる。

2年前に雅を解放したことで全ての悪夢が始まった経緯をもつ篤が死闘の末に雅の首を切り落とすことに成功するも、強い生命力を持つ雅によって脱出は阻まれてしまう。

逃げ遅れていたポンも雅の手によって邪鬼のなりそこないである醜悪な亡者となって命を落とし、明はそのまま篤の師匠でもある島のレジスタンスのリーダーに弟子入りし、8か月が経った。

強くなった明だったが、雅たち吸血鬼たちとの戦いを経て篤や冷が命を落としてしまう。

冷の父にして先住の吸血鬼一族の生き残りであった師匠はレジスタンスのリーダーとして吸血鬼との全面戦争を決めた。

雅の不死を無効化する「501ワクチン」を手に入れ、1つずつ吸血鬼の集落を奇襲して潰すゲリラ作戦を取る明たち。

雅の右腕にして最強の吸血鬼である斧神が立ちはだかった。

戦いの中で2人の間には絆が生まれ始めていたが、他の吸血鬼の血を混入した混血種(アマルガム)として雅に忠誠を誓った斧神の説得は不可能。

2人の戦いに割って入った師匠によりその場は収められ、事なきを得たのだった。

行方不明だったケンは、山に身を潜めて吸血鬼を借りながら、囚われたユキの行方を捜していた。

ようやくユキの居場所を掴んだが、運悪く吸血鬼ウイルスに感染してしまう。

明たちと合流しすぐさまユキの救出に向かうケンだが、吸血鬼化したことを加藤に疑われてしまう。

果たしてケンは正体を隠したままユキを救出できるのか―。

 

28巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

ケンが吸血鬼になったのがバレる

正体を隠しながらユキの救出へと急ぐケン。

加藤はケンへの疑いを募らせていくが、明はケンを信用し庇う態度を見せる。

明の信用に助けられるケンだが、途中で加藤がかすり傷を負い、その血の匂いで我を忘れてしまった。

血が不足したことで理性を失ったケンは明たちの目の前で加藤に襲い掛かり、その血を吸い始める。

ケンはそのまま明によって制圧されるが、ユキの救出よりもケンへの尋問のためにその場に留まらざるを得なくなるのだった。

ケンと明が決闘へ

意識と理性を取り戻したケンだが、明たちから向けられる視線には敵意と悲しみがこもっていた。

さらにケンのせいでユキの救出が遠のいてしまい、加藤と西山はケンが本当は雅の手下なのではないか、ここで殺すべきではないかなどと言い出す。

頼みの綱の明も涙を流しながら「吸血鬼化した者は例外なく斬る」と告げ、ケンを殺す決意を固めている様子。

追い込まれたケンは最後の望みにかけて明に一騎打ちを申し出る。

明もせめてもの情けでケンの言葉を受け、決闘が始まるのだった。

意表を突いたケンが明に勝った

吸血鬼化してパワーを手に入れたとはいえ、明の方が格上。

右手を切り落とされて悶絶するケンは、重傷を負いながら逃走を図る。

いったん距離を取りながら明に勝つ策を必死に考える。

そして自分の切り落とされた右手を見つけたケンは、吸血鬼としての恐るべき回復力に賭けてそれを自分の腕の傷口に押し付ける。

その期待どおり右腕が再びくっつき、小刀を握った右腕を袖の下に隠すケン。

チャンスは一度きり、ないはずの腕による奇襲に全てを賭ける。

そして再び明と対峙し、明の太刀を隠していた右腕で凌いだケン。

予想外の防御に面食らった明の隙を突き、ケンが明を制圧するのだった。

共にユキの救出へと急ぐ

決闘はケンの勝ち、しかし明は降参せず「勝ちたければ俺を殺せ」と言い放つ。

考えの甘かったケンには明を自らの手で殺す覚悟は最後まで固まらず、逆にケンが決闘と言いながら明の武器を無力化して降参させる狙いだったことを見抜かれてしまう。

けじめとして明はユキを救出するまでケンを殺すのは保留にすることを決め、共に先を急ぐことに。

吸血鬼たちは雅の屋敷につくまでの間に休憩を取るはずであり、まだ追いつくチャンスは残されているのだった。

ユキがいる要塞寺にケンが潜入

ナオトが知っていた、道中にある吸血鬼たちの中継ポイントは「要塞寺」と呼ばれる難攻不落の砦だった。

そしてこここそが吸血鬼第4の集落。

師匠たちの援軍を待つ一方、ケンが自ら吸血鬼という正体を活かして単独でその中に入り込むことに成功する。

砦の中はかなりの吸血鬼が集まっており、その中心にある山寺は僧兵のような恰好をした多くの見張りに守られていた。

その中でも特別に巨体を持つ見張りに見つからぬように気を付けながら、その山寺の中にユキを含む村人の人質がいることを突き止めたケン。

すぐさま作戦を変更し、偵察のみならず自力での救出に向けて山寺の2階から忍び込む。

しかしその山寺にはまさかの雅の姿もあった

大きな誤算にケンは立て直すかどうか悩むが、ユキを目前に引き返すことはできないのであった。

ケンと雅が対峙する

雅をどうにかして誘き出し、その隙にユキを助け出す作戦を考えるケン。

一方、雅は明たちが助けに来ることを信じて気丈に振る舞うユキを見て余興を思いつく。

ユキの目の前で他の人質を殺し、その恐怖に必死に耐えるユキ。

そこにケンが山寺に火を放ちパニックを起こす。

ところが、その騒動をすぐさま陽動と見抜いた雅はその場を動かずに犯人が姿を現すのを待つ。

逆に時間が経てばユキたちが火に巻き込まれてしまう状況に追い込まれたケンは、雅の意表をついて弓による狙撃を試みる。

が、これも雅には通じず。

矢を掴むどころか人質を盾にする雅に打つ手が無くなったケンは、「望み通り姿を晒す代わりにこれ以上人質を殺すな」と取引を持ち掛けた。

雅はあっさりと取引に応じるが、信用はできない。

それでもケンは取引を信じて雅の前に姿を晒すしかないのであった。

【28巻のまとめ】

吸血鬼であることがバレてしまったケンだが、明との決闘を経て共にユキの救出へと急ぐことに。

ユキが囚われている難攻不落の要塞寺に単独で潜入したケンはユキを発見するが、その場には雅もいた。

雅を誘い出した隙にユキを救出したいケンだったが、陽動は失敗。

人質の命を守る為、雅の前に姿を晒す決意を固めるのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『彼岸島』全33巻のまとめに戻る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ