少年漫画

勇次郎も乱入、推薦出場の天内悠の実力とは…?『グラップラー刃牙』24巻【ネタバレ注意】

勇次郎も乱入、推薦出場の天内悠の実力とは…?
~前巻までのあらすじ~

空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙。

その正体は東京ドームの地下に存在する禁じ手なしの裏闘技場のチャンピオンだった。

地下の闘技場では現役横綱やプロレスラーをはじめ、様々な闘技者が禁じ手なしの異種格闘技戦を繰り広げる。

幼少の頃から刃牙は「地上最強の生物」と謳われる父、範馬勇次郎に勝つことを目標にし、大富豪である母、朱沢江珠の管理を離れて家出。

山籠もりの修行で脳内麻薬の制御と死に際の集中力を体得し、過酷な修行の末、夜叉猿や日本一強いヤクザ、花山薫との死闘にも打ち勝つ。

さらに刃牙は勇次郎に匹敵すると称されるガイアをも倒し、ついに勇次郎との決戦を迎えた。

母、江珠の愛を勝ち取るために刃牙は奮起するが、結果は惨敗。

最愛の母も刃牙を守るために戦いに割って入り、勇次郎の腕に抱かれながら息を引き取った。

勇次郎と刃牙の決闘は幕を引き、刃牙は母の仇を討つために武者修行へ出る。

そしてたどり着いた先が後楽園の地下闘技場。

刃牙はご老公に直談判して正ファイターの座を勝ち取り、その後瞬く間にチャンピオンにまで上り詰めることとなるのだった。

その後楽園に再び強者が集い、地上最強を決める最大トーナメントの開催が決定する。

愚地独歩の義息子にして天才空手家の克己も参戦。

Aブロックでは刃牙、ズール、アントニオ猪狩、金竜山が一回戦を突破。

Bブロックでは夜叉猿Jrの乱入というアクシデントがあったが、烈海王、マウント斗羽、花山薫、愚地克己が一回戦を突破した。

 

24巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

Cブロック一回戦第一試合 アイアン・マイケル vs 李猛虎

Cブロック一回戦第一試合アイアン・マイケルvs李猛虎が開始。

李がボクシングの射程範囲を避けるようにして下半身を中心に攻撃を連ねるが、マイケルの方が一枚上手だった。

〈マイケルが李をロックオン [グラップラー刃牙 24巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

柵に足をかけて射程を下へ向け、一撃KO。

勇次郎が乱入、天内悠を送り込む

強者たちの宴に引き寄せられるように、勇次郎も後楽園へ。

その頃、試合を終えた克己に刃牙が因縁をつけていた。

敗者への配慮を欠く克己のやり方が気に入らないというのである。

次に克己と対戦する花山が割って入るが、そこに勇次郎も乱入

勇次郎は控室にいたジャガッタ・シャーマンを潰すと、お墨付きの天内悠を招き入れた。

〈勇次郎の推薦、天内悠 [グラップラー刃牙 24巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

天内はその場で驚異的な脚力を見せつけ、ご老公の了承を取り付けて出場が決まる

Cブロック一回戦第二試合 柴千春 vs 畑中公平

第二試合は柴千春vs畑中公平。

気合と根性だけが武器の千春を相手に畑中は容赦なく攻撃を重ね、千春の左腕を折った。

しかし千春は折れた左腕を自ら痛めつけ、畑中を挑発。

頭突きと右のパンチで畑中の戦意を折り、倒れこんだところを何度も踏みつけて勝利した

〈柴千春のケンカ殺法 [グラップラー刃牙 24巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

Cブロック一回戦第三試合 三崎健吾 vs マイク・クイン

第三試合は三崎健吾vsマイク・クイン。

クインの素人レベルの打撃が三崎の流れるような護身に叶うはずもなく、三崎が無傷のまま関節技で勝利

〈三崎が無傷の勝利 [グラップラー刃牙 24巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

少林寺拳法の綺麗な戦いっぷりを見せつける。

ドーピングする危険な男、ジャック・ハンマー

第四試合はセルジオ・シルバvsジャック・ハンマー。

試合前にジャックと通路で鉢合わせた刃牙が本能で危険を感じ取るほど、ジャックは秘めた力を持っている。

〈危険な男、ジャック・ハンマー [グラップラー刃牙 24巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

トイレで大量のドーピングを行い、ジャックがいざ出陣する。

【24巻のまとめ】

選手控室には勇次郎が乱入し、お墨付きを与える天内悠を大会に送り込んだ。

Cブロックではアイアン・マイケル、柴千春、三崎健吾が勝ち上がる。

そして第四試合では大量のドーピングを施すジャック・ハンマーが出陣する。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

勇次郎も乱入、推薦出場の天内悠の実力とは…?
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

 

『グラップラー刃牙』全42巻+外伝のまとめに戻る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-少年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ