青年漫画

江原先生との再会で戦う理由を取り戻す『リクドウ』22巻【ネタバレ注意】

集英社/松原利光
~前巻までのあらすじ~

父に虐待され、母は薬物中毒で入院。

幼くして入所した児童保護施設でも性のトラウマを抱えながらも、ヤクザの所沢との出会いをきっかけにプロボクサーとなったリク。

目標は所沢が現役時代に持っていたOPBFのチャンピオンベルト。

幼少期のトラウマをバネにプロとなったリクは新人王戦の2回戦でライバルとなる同世代の天才ボクサー兵動から大金星を挙げて躍進。

同じライト級の三原や王者の椿らに合同合宿にも誘われ、ボクサーとしての輪も広がっていき、さらにハードパンチャーのガーベラにも勝ったことで日本ランク入りを果たした。

リクは三原の妹であるナズナと出会い、その同僚である伏黒に勝利してA級に昇格する。

続く試合では三原がベルトを賭けて元OPBF王者の柳に挑むが惜敗する一方、椿がOPBF王者となる。

リクは三原の敗戦に悔しさを噛みしめながらも、チャンピオンカーニバルへの挑戦権を賭けたA級トーナメントに参戦。

初戦で世界でも有数のトレーナー、キング・フレディを師に持つ水木との激闘を制し、準決勝ではアジア王者のタイトルを持つ神代と激突。

互いにすべてを出し切った死闘でリング禍が起こり、神代が帰らぬ人となる一方でリクもケガにより棄権した。

A級トーナメントは劉と兵動の試合が決勝戦という扱いとなり、父親譲りのアッパーを武器に兵動が優勝、日本王者である柳への挑戦権を手に入れた。

OPBF王者のベルトを返上し最強王者カーンへの挑戦を狙う椿は天才カウンターパンチャーのホセに勝利。

椿の後に続けとばかりにA級トーナメントを制した兵動が柳に勝利し日本タイトルを獲得。

一方のリクはフィリピンの英雄アランを完全アウェーのなか破り、OPBFのベルトを賭けてリクと兵動が再戦。

互いの母に捧げる試合は序盤から全開の攻防を見せリクは左拳を負傷しながらも死闘を制してOPBFの王者となった。

勝って母と再会を果たしたリクは無事、母の最期を見届ける。

他方、世界タイトルを賭けて最強王者カーンへ挑戦する椿。

一発で流れを変える相手のパンチとプレッシャーに大苦戦する椿だが、思考を捨てた先に得た水のような柔軟性を武器に押し返していく。

勝負は最終Rまでもつれ込む死闘に。

勝負の行方は―。

 

22巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

椿vsカーン 世界タイトルマッチ決着

椿の逆転を狙った渾身のパンチがカーンにクリーンヒット。

しかしこれまでのダメージが響いたのかカーンからダウンを奪うに至らず、逆にカーンの反攻にあう。

〈ダメージが響いていた椿 [リクドウ 22巻](c)集英社/松原利光〉

椿陣営はタオル投入も考えるが、椿の闘志を信じて試合を止めなかった。

椿は何度でもカーンに立ち向かい、試合は判定に。

〈試合は判定に [リクドウ 22巻](c)集英社/松原利光〉

判定の結果、2-1でカーンが勝利。

戦い抜いた椿の表情に曇りはなく、カーンもまた自分を追い詰めた椿を賞賛するのだった。

闘うモチベーションを求めて

OPBF王者となり、また椿の世界戦以降目標を失っていたリク。

その背中を押すため、苗代はナズナから聞いたリクの過去と情報をもとに江原先生に会いに行くことを考える。

江原は事件のショックで解離性健忘を患い当時の記憶はほとんどなく、いまはホームヘルパーとして働いていた。

〈江原先生のいま [リクドウ 22巻](c)集英社/松原利光〉

椿がカーンに敗れるが、世間のファンは「OPBF王者のリクなら勝てるかも」といった期待の声があがる。

しかし裏腹にリクが過去に殺人事件を起こしていたことや暴力団(所沢)と繋がりがあったことがネットに書き込まれ、ゴシップが広がっていく。

〈広がる波紋 [リクドウ 22巻](c)集英社/松原利光〉

リクの務める清掃会社にも影響が波及し仕事のキャンセルなどが相次ぎ、また馬場ジムにも報道陣が押し寄せた。

自分が有名になったせいで周囲に迷惑が掛かってしまうことにリクは押しつぶされそうになる。

苗代はそんなリクを支えるべく、リクがボクシングを始めたきっかけとなった江原先生に会いに行くことを提案する。

〈江原との再会へ [リクドウ 22巻](c)集英社/松原利光〉

解離性健忘を患う江原にとってリクとの再会がどう転ぶかはわからないが、医師側も記憶を戻すためにはリクが必要という判断だった。

カーンがリクを対戦相手に指名

椿との対戦を経て、まだ見ぬライト級のホープたちに興味を持ったカーン。

リクの戦いぶりも耳に入り、カーンは階級を変更するよりもリクとの対戦を熱望するようになっていく。

〈カーンがリクに強い興味を抱く [リクドウ 22巻](c)集英社/松原利光〉

自分の中に眠るボクシングを楽しむ気持ちを呼び覚ますべく、カーンは別の挑戦者とのタイトルマッチを蹴ってまでリクを対戦相手に指名するのだった。

江原先生との再会

江原を訪ねていくリク。

神社の階段を踏み外して転倒したところを江原に助けられ偶然の再会を果たすが、江原はリクの記憶が抜け落ちていた。

〈江原と再会 [リクドウ 22巻](c)集英社/松原利光〉

リクが優しく当時のことを含めて語り掛けていくと、不思議と江原の目から涙がこぼれていく。

泣き崩れる江原を支えるリク。

自分が求めていた「誰かを支えられる手」が既に自分にあることを実感し、ボクシングへの想いが消えかけていく。

しかしファンの子供が通りがかり、リクにボクシングの教えを乞う。

リクはまだ自分が誰かに与えられるものがあることを実感し、たとえ既に決まっている指名試合を放棄してベルトを剥奪されてでもカーンとの試合に臨む決心を固めるのだった。

〈決心を固めたリク [リクドウ 22巻](c)集英社/松原利光〉

所沢が再び姿を現す

自分を支えてくれる周囲に向けられる目を変えたい。

世界王者に勝ったら自分はどうなるのか。

そんなことを思いながら練習するリクの前に、所沢が姿を現す。

所沢はリクの壊れかけの左で放つストレートは4発が限界と見抜き、リクに指導を始めるのだった。

〈再び姿を見せた所沢 [リクドウ 22巻](c)集英社/松原利光〉

【22巻のまとめ】

惜しくもカーンに敗れた椿。

その敗戦を見ていたリクもまたモチベーションを見失っていたが、江原先生との再会を経て再び試合に臨む決心を固める。

相手はリクに強い興味を持ったカーン。

まさかの最強王者との戦いに向け、所沢が再びリクの前に姿を現すのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

集英社/松原利光
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

全巻まとめに戻る

参考ドン底の人生で見出した自分の生きるべき道はボクシングだった『リクドウ』全23巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ