時代を超えてオススメしたい不朽の名作『スラムダンク』全31巻のあらすじ

投稿日:2018年7月22日 更新日:

作者:
ジャンル: |
巻数:
分類:
バスケットは好きですか?
 
バスケが好きでも好きじゃなくても、一度は読んでおきたいのがこの漫画。
 
最初のころは正直言って絵は下手。だけども巻を追うごとにどんどん上達して、いつの間にか超上手くなってます。
 

名言連発、ストーリーも激熱。

特に最終巻なんかセリフのない緊迫した展開には何度読んでも手に汗握り、そしてあのラスト。
何度読んでも泣いてしまう。
 
完全版に続いて新装版も発売したこの機会に、読み返してはいかがでしょうか。

登場人物紹介

湘北高校

前々年度、前年度とインターハイ神奈川県予選1回戦敗退に終わった無名校だったが、今年度は強力なメンバーの加入および復帰により躍進を遂げる。「神奈川インサイドの覇者」と呼ばれるセンターの赤木がいるため、オーソドックスなハーフコートバスケットもできる。

桜木 花道(さくらぎ はなみち)
1年。主人公。自身をバスケット部に勧誘した晴子に恋焦がれるお調子者。バスケットは初心者だが、驚異的な身体能力と持ち前のガムシャラさで成長し、主にリバウンドにかけてはまさに天才的な能力を発揮する。頭に血が上りやすい性格で、無作法かつ傍若無人な面が目立っていたが、バスケットを通じて人としても成長していく。

赤木 剛憲(あかぎ たけのり)
3年。湘北バスケ部主将。「ゴール下のキングコング」の異名を持つプレイヤーで、バスケットに入れ込む熱意は凄まじいものがある。厳格な性格で、バスケ部の問題児軍団とされる花道や宮城、堀田などの湘北の不良生徒からも畏怖されている。

流川 楓(るかわ かえで)
1年。中学時代からバスケットのスタープレイヤーで、湘北高校女生徒の憧れの的。花道とは「終生のライバル」といわれるようになる。

三井 寿(みつい ひさし)
3年。中学時代、神奈川県大会の最優秀選手に選ばれた天才シューター。高校入学後、怪我が原因で一度は挫折し不良となるも、バスケットへの熱意を捨てきれず、バスケ部に復帰した。

宮城 リョータ(みやぎ リョータ)
2年。彩子に想いを寄せている。小柄だが湘北バスケ部で随一のスピードを持ち、バスケ部の次期キャプテンといわれる実力者。

木暮 公延(こぐれ きみのぶ)
3年。湘北バスケ部副主将。温厚で柔和な性格で素行の悪い花道らに対しても見下さず対等に向き合う。赤木とは中学時代からの親友で、誰よりも赤木のバスケへの情熱と全国制覇への強い想いを知る人物。湘北高校では赤木と共にバスケ部に残った唯一の同級生であり、三井の栄光と挫折の過去を知る人物でもある。湘北にとってはシックスマン的存在。

安田 靖春(やすだ やすはる)
2年。花道のなだめ役だが、絡まれたり殴られることが多い一方、意外と度胸がある。宮城とは小学校からの付き合いで仲が良いが、実力面で宮城には遠く及ばない。控え選手では小暮に次いで出番がある。

潮崎 哲士(しおざき てつし)
2年。花道からは「シオ」と呼ばれている。角田とは中学校からの付き合い。出番はほぼない。

角田 悟(かくた さとる)
2年。花道からは「カク」と呼ばれている。潮崎とは中学校からの付き合い。湘北の控え選手中、最も高身長であり、控え選手では唯一のインサイドプレイヤー。

石井 健太郎(いしい けんたろう)
1年。流川とはクラスメイトであり、坊主頭でメガネをかけている。仲間思いの情熱的な性格で、試合の応援中に感極まって泣くこともある。

佐々岡 智(ささおか さとる)
1年。花道に無理矢理ユニフォームを奪われる不運な人物。

桑田 登紀(くわた とき)
1年。湘北バスケ部員中、最も低身長の選手。誰だお前は。

赤木 晴子(あかぎ はるこ)
1年。花道の憧れの人物で、本作のヒロイン。赤木剛憲の妹で、兄には全く似ていない美少女。流川に片想いしている。

彩子(あやこ)
2年。マネージャー。流川と同じく富ヶ丘中出身のマネージャーであり、自身もバスケ経験者。歯に衣を着せず非常に度胸が据わり、花道が頭の上がらない数少ない人物。宮城からの好意にも気付いてはいるが、あまり相手にしていない。

安西 光義(あんざい みつよし)
監督。性格は非常に温厚で物腰も柔らかく、ホワイトヘアードブッダ(白髪仏)と呼ばれているが、バスケ界では有名な監督であり、他校の監督からも尊敬の意を込めて「安西先生」と呼ばれている。三井と赤木、宮城は彼を慕って湘北に入学した。昔は全日本の選手であり、某大学の監督時代はその気性の激しい性格からホワイトヘアードデビル(白髪鬼)と呼ばれ、指導方法も軍隊のような厳しいスパルタ式だった。

水戸 洋平(みと ようへい)
1年。花道とは中学からの同級生かつ喧嘩仲間で、よき理解者。「桜木軍団」の実質的なリーダー的存在。花道の親友で、次第にバスケに夢中になる花道をからかいながらも温かく見守る。

高宮 望(たかみや のぞみ)
桜木軍団の一員。メンバーの中で一番背が低く、肥満体型で眼鏡をかけ、縮毛で丸坊主の頭をしている。

大楠 雄二(おおくす ゆうじ)
桜木軍団の一員。メンバーの中で花道に次ぐ長身であり、金髪のリーゼントパーマ。

野間 忠一郎(のま ちゅういちろう)
桜木軍団の一員。髭を生やしている。

堀田 徳男(ほった のりお)
3年。番格であり、グレていたときの三井とつるんでいた。

青田 龍彦(あおた たつひこ)
3年。柔道部主将。柔道二段の腕前であり、県下でも名の通った実力者。赤木とは小学校からの幼馴染でありライバルでもある。花道の身体的能力を高く評価し、後輩にスカウトを頼んだり、晴子の写真を利用して柔道部に誘うが失敗に終わる。

陵南高校

神奈川では上位に位置付けられる強豪校だが、全国大会への出場経験はない。魚住、仙道らが入学してからは飛躍的な成長を遂げる。

魚住 純(うおずみ じゅん)
3年。主将。“ビッグ・ジュン”の異名を持ち、1年生時に199cm、作中では2mを越す巨漢。赤木のライバル。

仙道 彰(せんどう あきら)
2年。陵南のエースで、天才と称されるオールラウンダー。得点力に加え、ドリブルの技術、ゲームメイキングにも優れ、ポイントガードもこなす。

福田 吉兆(ふくだ きっちょう)
2年。ディフェンスは非常に不得意だが、粘り強いプレイでチームにガムシャラな勢いをもたらすことのできるスコアラー。バスケ経験は浅く、高校入学当初は新入生の中でも一番下手だったが、仙道を過剰に意識しながら急速に成長した。高いプライドを持ち、繊細で感情が表れやすい性格であり、「ホメられて伸びる」タイプ。しかし田岡の厳しい指導に耐えかねて暴挙を働き無期限部活動禁止になっていた。

池上 亮二(いけがみ りょうじ)
3年。陵南の副主将。「ディフェンスに定評のある池上」と評され、その実力は田岡をして「陵南ではディフェンスNo.1」と言わしめるが、作中ではディフェンスで活躍する場面はあまりない。

越野 宏明(こしの ひろあき)
2年。田岡曰く、チームで一番負けん気が強い選手。

植草 智之(うえくさ ともゆき)
2年。田岡曰く「ミスが少なくバスケットをよく知っている選手」。

菅平(すがだいら)
魚住の代わりの控えセンター。実力は魚住や赤木には遠く及ばない。

相田 彦一(あいだ ひこいち)
1年。多くの有名選手をチェックしたマル秘のチェックノートを持ち、マネージャーのような役割を果たしている。

田岡 茂一(たおか もいち)
監督。非常に気が短く厳しい人物で、試合中わずかでも気を抜いたプレイを行った選手は怒鳴りつけ、思い出すだけで部員たちが冷や汗を流すほどの厳しい練習を課すが、それは部員たちならやり遂げてくれると信頼してるからであり、才能はおろか、部員の精神面の面倒も見られる人柄である。

海南大附属高校

全国でも有名な強豪校。「神奈川の王者」と呼ばれる強豪で、前年度までに過去16年連続インターハイ出場を果たしている。

牧 紳一(まき しんいち)
3年。主将。「神奈川No.1プレイヤー」や「帝王」とも称される実力者で、自身が神奈川No.1の存在であることも自負しており、知名度も全国区である。パワー、スピード、テクニックを高い次元で兼ね揃えており、積極果敢なカットインからパワー負けしない肉体と非常に上手いボディコントロールを兼ね備える。「神奈川の王者」と呼ばれる海南においても常にチームに大きな影響力を及ぼす絶対的なリーダー。

清田 信長(きよた のぶなが)
1年。ルーキー離れした能力を買われ、1年にして海南のスタメンの座を射止める。自身を「ゴールデンルーキー」や「No.1ルーキー」、「ルーキーセンセーション」と自称し、流川には強い敵愾心を持つ。

神 宗一郎(じん そういちろう)
2年。身体能力は高くないがチームでも随一のシュート力を持つスリーポイントシューター。

高砂 一馬(たかさご かずま)
3年。神奈川県内のセンターでは体格的にやや劣り、パワーでも魚住には及ばないが、神奈川県下でも1、2位を争うほどの実力者である技巧派のセンター。

武藤 正(むとう ただし)
3年。海南のスタメン選手。作中にほぼ描写がなく、映っているコマを探すのにも苦労するレベルだが、海南のスタメンということはそれなりの実力者に違いない。

宮益 義範(みやます よしのり)
3年。海南の控え選手。小柄かつ華奢な体型で運動神経も高くなく、なおかつ入部当初は初心者という境遇であったが、海南の非常に厳しい練習に3年間耐え抜き、シュート面では神を除けばチームNo.1と言われるほどの実力を身に付けた。人一倍努力してきたこともあって部員からの信頼はとても厚い。

小菅(こすげ)
2年。海南の控え選手。武藤以上に出番が少ない。

高頭 力(たかとう りき)
監督。普段は冷静だが、チームが追い上げられると頭に血が上り、扇子を真っ二つに折ったりもする。

翔陽高校

スタメンのうち4人が190cm以上の長身選手である非常に大柄なチーム。県内では海南大附属に次ぐ強豪と呼ばれている高校だが、正規の監督は不在。

藤真 健司(ふじま けんじ)
3年。主将で選手兼監督。普段はシックスマンだが、司令塔としてチームに及ぼす支配力は絶大。牧の前に以降2年間、常に県No.2の座に甘んじている。

花形 透(はながた とおる)
3年。藤真に次ぐスター選手で、ゴール下の要。赤木と魚住に並び神奈川No.1センターを争う3人のうちの1人に挙げられるほか、「柔のセンター」というように、技術や頭脳プレイを得意とする選手。

長谷川 一志(はせがわ かずし)
3年。大人しすぎる面があり、欲がなさ過ぎるのが欠点だが、誰よりも努力しチームの主役になれる実力を持った選手。

永野 満(ながの みつる)
3年。スタメン選手。ディフェンスの上手いフォワード。

高野 昭一(たかの しょういち)
3年。スタメン選手。オフェンスの上手いフォワード。

伊藤 卓(いとう たく)
2年。スタメン選手。藤真が監督のときにガードを務める。

三浦台高校

神奈川の準強豪校。スタメン全員が185cm以上ある大柄なチームであり、マナーに欠けるプレーや言動がやや目立つ。

村雨 健吾(むらさめ けんご)
3年。主将。海南を倒すことを目標としており、湘北や陵南を見下す。

荒木 一雄(あらき かずお)
3年。挑発が得意。

高津 弘(たかつ ひろし)
3年。誰だお前は。

宮本 和成(みやもと かずなり)
誰だお前は。

山王工業高校

秋田県代表、高校バスケ界の頂点に君臨する高校。選手全員が坊主頭をしているのが特徴。2年間無敗でインターハイ3連覇中。高校バスケ界においては非常に大きな人気があり、30年にわたりチームを見てきたファンもいる。それぞれのポジションに超高校級の選手を擁しており、控えの層も厚い。

深津 一成(ふかつ かずなり)
3年。主将。非常に冷静沈着で常に試合の流れを読み、その場に応じた最高の選択を行う。広い視野とパスセンス、固いディフェンス力を併せ持つほか、黒子役に徹しつつも決定的な仕事を行う。

河田 雅史(かわた まさし)
3年。「日本高校バスケ界最強のセンター」と評される実力者。1年間で25cmも身長が伸びた影響で、ガードからフォワード、さらにはセンターへのコンバートを経験し、フォワード並みの技術と強力なインサイドプレーを併せ持つ異色のプレイヤーに成長した。

沢北 栄治(さわきた えいじ)
2年。驚異的な身体能力と1on1のスキルを持ち、1年生時から山王のエースプレイヤーに君臨する高校No.1プレイヤー。父はバスケ狂として有名な沢北哲治で、その技術は4歳の頃から行った哲治との1on1経験で培われた。

野辺 将広(のべ まさひろ)
3年。スタメンで最も高身長の選手。リバウンド力を買われてスタメンに抜擢された。

松本 稔(まつもと みのる)
3年。スタメン選手。沢北がいなければ、どこでもエースを張れる男。

一之倉 聡(いちのくら さとし)
3年。チーム随一のスタミナと強い忍耐力を兼ね備え、「スッポンディフェンス」の異名を持つ、全国でも有名なディフェンスのスペシャリスト。

河田 美紀男(かわた みきお)
1年。河田雅史の弟。日本で最も大きい高校生選手とされるが、体格は力士のような太った体つきで動きは鈍い。また体格とは裏腹に気が弱く、いつもオドオドしている。

堂本 五郎(どうもと ごろう)
監督。選手たちを信頼して勝負どころを確実に押さえ、山王をインターハイ3連覇に導いた名将。

豊玉高校

インターハイ予選大阪府大会を2位で通過したインターハイ出場の常連校で、全国ベスト8の強豪校。ラン&ガンオフェンスを得意とする攻撃的なチーム。

南 烈(みなみ つよし)
3年。主将。成績不振を理由に解任された北野を尊敬し、再び監督として呼び戻すことを何よりの目標とする。クイックモーションからのスリーポイントシュートを得意とし、「エースキラー」の異名をもつ。

岸本 実理(きしもと みのり)
3年。南とは少年時代からの幼馴染で、尊敬する北野のために豊玉を強くすると誓う。喧嘩っ早く非常に短気。

板倉 大二朗(いたくら だいじろう)
2年。スタメンで唯一の2年生。顔に似合わない綺麗なシュートフォームを持つ実力者。

矢嶋 京平(やじま きょうへい)
3年。出番はほぼない。

岩田 三秋(いわた みつあき)
3年。出番はほぼない。

大川 輝男(おおかわ てるお)
1年。彦一の中学時代の同級生で、彦一の舎弟のような間柄だったが、転校後に20cmほど急激に背が伸び、逆に彦一を呼び捨てにするなど態度も変わった。

金平(かねひら)
成績不振を理由に解任された北野の後任の監督。就任時に部員たちの前で北野の指導法を否定したことで、北野を信奉する南や岸本らを中心に部員から嫌われる。

愛和学院高校

前年度のインターハイベスト4。

諸星 大(もろぼし だい)
3年。主将。全国を代表するプレイヤーで通称「愛知の星」。

名朋工業高校

愛知県の実力校。

森重 寛(もりしげ ひろし)
1年。1年生でありながら2m近い巨躯の持ち主。中2の夏からバスケを始めたばかりだが、圧倒的なフィジカルをいかんなく発揮し、脚光を浴びる。

常誠高校

静岡県の代表校。湘北高校と合同で合宿を行う。

御子柴(みこしば)
主将。チームとしての実力は花道のいない湘北よりも少し上。

大栄学園高校

大阪府の代表校。

土屋 淳(つちや あつし)
主将。長身のフロアリーダーで、陵南の仙道のようなタイプらしい。

その他

鉄男(てつお)
三井の不良仲間。体格が非常に良く、不良仲間に「ケンカのプロ」と称されるほど喧嘩が強い。

谷沢 龍二(やざわ りゅうじ)
安西の大学監督時代の教え子。日本人には珍しい2メートルの長身ながら運動能力も優れており、「走れる2メートル選手」として将来を期待されていた選手だったが、自分の才能を過信して安西の指導方法に一方的な不満を抱き、単身でアメリカ留学。しかし、安西が強く掲げた基礎が身についていなかったためアメリカでは通用せず、また現地のチームにはまともな指導者がいなかったことも災いして、あえなく挫折。最後には薬物に手を染めた挙げ句、車を暴走させて激突事故を起こし、24歳で亡くなった。
この悲劇がきっかけで安西は大学の監督を辞め、さらには"白髪鬼"の呼び名も返上して、"白髪仏"と呼ばれるほど物静かな雰囲気の人物に変わってしまった。

北野(きたの)
豊玉高校バスケ部の前監督で、南と岸本の恩師。「バスケットは好きか?」という合言葉のもと、何よりもまずバスケを楽しむ事を前提とした指導法を信条とし、3年間の限られた高校生活の中でバスケの楽しさを最大限に知ってもらうため、周囲からは批判を受けながらも敢えてディフェンスよりもオフェンスを重視したラン&ガンスタイルのバスケを教えており、当時の部員たちからは非常に慕われていた。
成績不振を理由に解任されてからは、小学校でミニバスケの監督をしている。

沢北 哲治(さわきた てつはる)
沢北の父で、「バスケ狂・テツ沢北」と呼ばれている。息子の栄治が産まれて最初に与えた玩具が皮のバスケットボールで、以降息子のためにあちこちから借金をしてまで裏庭にバスケットコートのある家を手に入れた。暇さえあれば親子で1ON1に明け暮れ、それが現在の栄治の選手としての実力の基礎を作った。

各巻のあらすじ

【湘北高校編】

1巻 不良がバスケを始める

2巻 スポーツマンとしての自覚が芽生え始める

3巻 陵南との練習試合、花道が無理矢理ベンチ入り

4巻 湘北vs陵南 花道、緊張の試合デビュー

5巻 湘北vs陵南 大接戦のまま終盤へ

6巻 リョータがバスケ部に復帰!

7巻 バスケ部存続の危機!?暴力事件勃発

8巻 安西先生…!!バスケがしたいです…

【神奈川県大会編】

9巻 三井が復帰しインターハイ県予選が開幕

10巻 大一番の湘北vs翔陽 試合開始

11巻 翔陽を破って決勝リーグへ

12巻 湘北vs海南 試合開始!

13巻 ゴリのアクシデントに獅子奮迅の活躍を見せる流川

14巻 湘北の前に立ちはだかる牧と神

15巻 惜敗を噛みしめる花道

16巻 陵南vs海南 両雄の激突

17巻 海南が優勝!IH出場を賭けた湘北vs陵南の試合開始

18巻 狙われる花道!試合は陵南がリード

19巻 魚住のファウルトラブルを誘い湘北が一気に優勢に

20巻 湘北の不安要素が露呈、一転して大ピンチに

21巻 湘北vs陵南 死闘を制したのは…

【インターハイ編】

22巻 インターハイに向けた猛特訓

23巻 IH開幕!湘北を苦しめる豊玉のラフプレイ

24巻 ラン&ガンの真っ向勝負!湘北vs豊玉の決着

25巻 完全アウェーのなか山王戦へ

26巻 山王にペースをつかませない怒涛の攻撃

27巻 山王の大攻勢で一気にワンサイドゲームに

28巻 「泥にまみれろよ」魚住の助言でゴリが復活!

29巻 エンジン全開!誰にも止められない沢北

30巻 花道、選手生命の危機!?

31巻(完) 全てが名シーン!涙なしでは読めない



レクタングル大




レクタングル大




-

関連記事

借金返済に失敗し、山奥の宗教施設へ強制連行『東京闇虫』4巻【ネタバレ注意】

東京闇虫 4―人生で最も選びたくないシナリオ (ジェッツコミックス) posted with ヨメレバ 本田 優貴 白泉社 2012-04-27 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻ま …

魔猿はいったい何匹いるんだ…!『モンキーピーク』4巻【ネタバレ注意】

モンキーピーク 4巻 日本文芸社/ 志名坂高次, 粂田晃宏 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 薬害事件を起こし、新社長のもと結束を高めるために登山レクリエーションに来ていた新入社 …

乗鞍岳ヒルクライムは佳境へ『かもめ☆チャンス』5巻【ネタバレ注意】

かもめチャンス 5 (ビッグコミックス) posted with ヨメレバ 玉井 雪雄 小学館 2010-01-29 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ 薄幸サラリー …

スペック、柳、ドリアンが東京上陸『バキ』2巻【ネタバレ注意】

バキ 2巻 スペック、柳、ドリアンが東京上陸 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 偶然にも世界各地で死刑囚5人が「敗北を知りたい」という言葉を残して脱獄し、東京へ向か …

薄幸リーマンがロードバイクに出会う『かもめ☆チャンス』1巻【ネタバレ注意】

かもめ☆チャンス 1 (ビッグコミックス) posted with ヨメレバ 玉井 雪雄 小学館 2009-01-30 Amazon Kindle 楽天ブックス   人生うまくいかないばかりのシングル …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!