劇的青春!全キャラ魅力の王道スポーツ漫画『ハイキュー!!』全45巻【ネタバレ注意】

投稿日:2020年11月29日 更新日:

ある日偶然春高バレーのテレビ中継を見かけた小柄な少年・日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始める。

低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた。

中学3年の夏、やっとのことでメンバーを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向率いる雪ヶ丘中は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。

影山に中学校での3年間を否定された日向は、影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校排球部に入部。晴れて迎えた部活動初日、体育館に入った日向の目の前には影山の姿があった。

初めは反発し合っていた二人だが、それぞれの持ち味を生かした“トスを見ない”クイック攻撃、通称・「変人速攻」を編み出し、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと共に全国大会を目指すこととなる…。

こちらも併せてどうぞ。

合わせてチェック
アニメ版。第1シーズンはこちらからどうぞ

登場人物紹介

<烏野高校男子バレー部>

日向 翔陽(ひなた しょうよう)
本作の主人公。小学5年生の時、偶然テレビで観た烏野高校のエース「小さな巨人」を目標にバレーボールを始める。
常人離れしたスピード、体のバネ、スタミナ、動体視力、闘争心を武器とする。

影山 飛雄(かげやま とびお)
本作のもう一人の主人公にして日向の相棒。圧倒的なボールコントロール力と観察眼で誰もが舌を巻くほどの精密かつ正確なトスを繰り出す天才セッター。

澤村 大地(さわむら だいち)
主将を務める3年生のウイングスパイカー。
派手なプレーこそないが経験に裏打ちされた高いレシーブ力と攻守の器用さが持ち味の大黒柱。

菅原 孝支(すがわら こうし)
副主将を務める3年生のセッター。選手の性格や特徴を掴むのが上手く、スパイカーに合わせたトスを丁寧に上げる。

東峰 旭(あずまね あさひ)
3年生のエーススパイカー。3枚ブロックを打ち破るパワーに加え、多少乱れたトスでもスパイクを打ちきる技術を持ち合わせる。
性格は温厚で小心者。傷つきやすく、人一倍責任を感じるガラスのハートの持ち主。

西谷 夕(にしのや ゆう)
2年生のリベロ。 レシーブの技術に優れ、後方からチームを鼓舞する「烏野の守護神」。抜群の反射神経と勘の良さを併せ持つ。

田中 龍之介(たなか りゅうのすけ)
2年生のウイングスパイカー。姉の冴子は高校のOG。
常に部内のムードメーカーでチームメイトに適切なフォローをする他、自身が追い込まれた時でもハイテンションを保ち、チームの危機を救うスパイクを幾度となく決める不屈のメンタルの持ち主。

縁下 力(えんのした ちから)
2年生のウイングスパイカー。観察眼に優れ、チームメイトに的確なアドバイスを送る。そのため信頼は厚い。

木下 久志(きのした ひさし)
2年生のウイングスパイカー。

成田 一仁(なりた かずひと)
2年生のミドルブロッカー。トスが乱れても、セッターと呼吸が合わなくても、対処できる器用さを持つ。

月島 蛍(つきしま けい)
1年生のミドルブロッカー。長身で、誰よりも冷静で状況の把握と分析に秀でる智略型ブロッカー。
性格はかなりの皮肉屋で、毒舌家でもある。

山口 忠(やまぐち ただし)
烏野高校1年生のミドルブロッカー。月島の幼馴染であり、最大の理解者。

清水 潔子(しみず きよこ)
マネージャーを務める3年生。
黒髪のロングヘアに眼鏡で寡黙ながら、他校の選手や周囲の人々も目を奪われるほどの美人。

谷地 仁花(やち ひとか)
インターハイ予選後、学期途中に入部した新米マネージャー。デザイン会社に勤める母を持ち、部のポスターを作成する。
性格は素直だが、極度のビビリで心配性。

武田 一鉄(たけだ いってつ)
烏野高校男子バレー部顧問兼監督。就任して間もなく、バレーボールの素人だが、真面目で熱心な教育者。

烏養 繋心(うかい けいしん)
烏野高校男子バレー部OBでコーチ。かつて、烏野高校バレー部を強豪校まで引き上げた名将・烏養監督の孫。

烏養 一繋(うかい いっけい)
烏野高校男子バレー部元監督。烏養繋心の祖父。
「小さな巨人」を育て烏野高校を春高へ導いた名将で、「烏野の烏養」として広く名が知られている。「凶暴な烏を飼っている」と評判のスパルタ指導者だった。猫又監督とは長年のライバルで、烏野高校と音駒高校の試合は「(カラスとネコの)ゴミ捨て場の決戦」と言われている。

<烏野高校女子バレー部>

道宮 結(みちみや ゆい)
前主将の3年生のウイングスパイカー。澤村の中学からの同級生で、インターハイ県予選まで烏野高校女子バレー部主将を務めた。

相原 真緒(あいはら まお)
烏野高校3年生。結と一緒に白鳥沢戦の応援に駆け付けた。

<烏野高校男子バレー部OB>

宇内 天満(うだい てんま)
烏野高校男子バレー部が数年前に行った春高で、エーススパイカーとして活躍した「小さな巨人」。日向が憧れた存在。

滝ノ上 祐輔(たきのうえ ゆうすけ)
実家は滝ノ上電器店。町内会チームのメンバー。たまに、繋心の代わりにコーチを引き受ける。

嶋田 誠(しまだ まこと)
実家は嶋田マート。町内会チームのメンバー。ジャンプフローターサーブの使い手。

内沢 英紀(うちざわ ひでのり)
実家は内沢クリーニング。町内会チームのメンバー。

月島 明光(つきしま あきてる)
月島蛍の兄。中学時代は主将でエーススパイカーだったが、烏野高校ではベンチ入りすら叶わなかった。現在は社会人チーム「加持ワイルド・ドッグス」に所属。

黒川 広樹(くろかわ ひろき)
烏野高校男子バレー部前主将。澤村の前の主将。中学時代から「久中のクロカワ」と呼ばれるなど実力者であった。

田代 秀水(たしろ ひでみ)
烏野高校男子バレー部前々主将。黒川の前の主将。監督不在の中、チームを率先して引っ張っていたが、インターハイ県予選では早々に敗退した(2回戦)。引退の挨拶で「チャンスは準備された心に降り立つ…(全国優勝の)チャンスが来たら掴めよ」と、当時1年生の澤村・菅原・東峰に言葉を残す。

<烏野高校その他関係者>

田中 冴子(たなか さえこ)
烏野高校OGの大学生。田中龍之介の姉。
弟の龍之介と同様に面倒見が良い「姐御肌の女性」。大学では和太鼓のチームに所属し、祭りなどで活躍している。

森 行成(もり ゆきなり)
東北商業大学3年生。町内会チームのメンバー。

教頭
本名・年齢不詳。カツラを被っている。田中によると「何かと問題行動にしたがる教頭」でバレー部とは浅からぬ因縁がある(東峰と西谷の騒動)。

<青葉城西高校>

及川 徹(おいかわ とおる)
青葉城西高校バレー部主将を務める3年生の攻撃型セッター。華麗なトスと強烈なジャンプサーブを武器としている。プレーレベルの高さもさることながら、高いコミュニケーション能力も併せ持ち、味方選手それぞれの性格やクセを掴んで試合に活かす司令塔。影山の中学校の先輩であり、影山のプレーにも大きな影響を与えた人物。

岩泉 一(いわいずみ はじめ)
青葉城西高校バレー部副主将を務める3年生のエーススパイカー。パワーとテクニックを持ち合わせ、勝負所で決めるメンタルの強さも持っている。

金田一 勇太郎(きんだいち ゆうたろう)
青葉城西高校1年生のミドルブロッカー。影山の中学時代のチームメイト。高い打点からスパイクする長身プレーヤー。

京谷 賢太郎(きょうたに けんたろう)
青葉城西高校2年生のウイングスパイカー。協調性に欠けるが、強い背筋で体を反らして強打するパワースパイカー。威力あるジャンプサーブも武器とする。

<常波高校>

池尻 隼人(いけじり はやと)
常波高校3年生のウイングスパイカー。澤村とは中学校の同級生。

<伊達工業高校>

青根 高伸(あおね たかのぶ)
伊達工業高校2年生のミドルブロッカー。県内屈指のミドルブロッカー。二口とコンビの「鉄壁」の一角。

二口 堅治(ふたくち けんじ)
伊達工業高校バレー部主将を務める2年生のウイングスパイカー。青根とコンビの『鉄壁』の一角を担う技巧プレーヤー。

黄金川 貫至(こがねがわ かんじ)
伊達工業高校1年生のセッター。春高一次予選から出場した大型セッター。技術は未熟だが、青根に匹敵する長身を生かしたプレーをする。

<扇南高校>

十和田 良樹(とわだ よしき)
扇南高校バレー部主将を務める2年生のウイングスパイカー。ヤンキーのような容姿をして口調も荒いが、今までの自分に後悔することのできる真っすぐな一面を持っている。

<角川学園高校>

百沢 雄大(ひゃくざわ ゆうだい)
角川学園高校1年生のウイングスパイカー。県内NO.1長身のエーススパイカーだが、バレーボールは高校から始めた初心者。

<条善寺高校>

照島 遊児(てるしま ゆうじ)
主将を務める2年生のウイングスパイカー。身体能力が高く、自由な発想を持つ「アソビの条善寺」の中核を担っている選手。

<和久谷南高校>

中島 猛(なかしま たける)
和久谷南高校バレー部主将を務める3年生のウイングスパイカー。技巧派でスパイク時に腕を振る角度を変えてブロックアウトを狙う。4人兄弟の次男でしっかり者。

<白鳥沢学園高校>

牛島 若利(うしじま わかとし)
白鳥沢学園高校バレー部主将を務める3年生のウイングスパイカー。
全国トップ3のエーススパイカー。日本ユース代表。左利きであることが最大の特徴で、県内トッププレーヤーとして圧倒的な強さを誇る絶対王者。

大平 獅音(おおひら れおん)
白鳥沢学園高校バレー部副主将を務める3年生のウイングスパイカー。牛島には劣るもののブロックの上からスパイクを打ち込むパワースパイカーで、高いレシーブ力も併せ持つ。

天童 覚(てんどう さとり)
白鳥沢学園高校3年生のミドルブロッカー。県内屈指のミドルブロッカー。「読みと嗅覚」のゲス(guess)ブロックを得意とし、「ゲスモンスター」という異名を持つ「天才ブロッカー」。

五色 工(ごしき つとむ)
白鳥沢学園高校1年生のウイングスパイカー。「次期エース」と期待されて1年生で唯一のスタメン入りしているだけあり、パワーだけでなくテクニックも持ち合わせている。ストレート打ちが得意。

白布 賢二郎(しらぶ けんじろう)
白鳥沢学園高校2年生のセッター。目標は「誰よりも目立たないセッターになること」であるが、決して自己主張がないという訳ではなく、鷲匠監督曰く「うちのエースを見よ」という強烈な自己主張を含むセットアップをする。

鷲匠 鍛治(わしじょう たんじ)
白鳥沢学園高校バレー部監督。現役時代、日向のように小柄な選手であり体格に恵まれた選手たちに引け目を感じていたという経験から、高さとパワーという好素材を中心に「個の力」を鍛えて勝つという「シンプル・イズ・ベスト」を持論とする。

<白水館高校>

黒石 純二(くろいし じゅんじ)
リベロ。県1年生選抜強化合宿メンバー。レシーブ時にテニス選手のようなスプリットステップを踏む。

<新山女子高校>

天内 叶歌 (あまない かのか)
次期エースとして期待される新山女子高校2年生のウイングスパイカー。田中の幼馴染。高身長をコンプレックスにしていたが、小学3年の時に田中の誘いでバレーを始め、それがきっかけとなり自信を持つと共にその感謝もあって田中に想いを寄せている。

<音駒高校>

黒尾 鉄朗(くろお てつろう)
音駒高校バレー部主将を務める3年生のミドルブロッカー。徹底したリードブロックの使い手で高いブロック技術を持ち、巧みなジャンプサーブやスパイクに加え鍛えられたレシーブも評価が高い選手。チームメイトを律することができる責任感を持ち、信頼も厚い。

孤爪 研磨(こづめ けんま)
音駒高校2年生のセッター。鋭い観察眼で対戦相手の動きを予測し的確な対処をするクレバーなプレーヤー。
見かけのマイペースさ・無気力さとは裏腹に、根性を信条とする山本が慄くほどの負けず嫌いでもある。

海 信行(かい のぶゆき)
音駒高校バレー部副主将を務める3年生のウイングスパイカー。ブロックフォローやレシーブが上手い。穏やかな性格で、部員たちを常に温かく見守っている。

夜久 衛輔(やく もりすけ)
音駒高校3年生のリベロ。全体的にレシーブ力の高い音駒の中でリベロに君臨するほどの実力を持つ都内屈指のプレーヤー。

山本 猛虎(やまもと たけとら)
音駒高校2年生のウイングスパイカー。モヒカン2色頭のエーススパイカー。クロス打ちが得意。根性が信条であり、気性の激しさが良し悪しにかかわらずプレーに影響するタイプ。

犬岡 走(いぬおか そう)
音駒高校1年生のミドルブロッカー。身体能力の高い俊敏なミドルブロッカー。

灰羽 リエーフ(はいば りえーふ)
音駒高校1年生のミドルブロッカー。音駒高校バレー部No.1長身プレーヤー。日本人とロシア人のハーフで、高校からバレーボールを始めた初心者のため、音駒のお家芸であるレシーブが苦手で、黒尾や夜久に厳しく鍛えられている。

猫又 育史(ねこまた やすふみ)
音駒高校バレー部監督。「バレーボールとはボールを落とした方が負けの競技」という考えを信条とする繋ぎ重視のチーム育成論者。烏野高校の烏養一繋とはライバルであり、お互いに大舞台での「ゴミ捨て場の決戦」の実現を夢見ている。

<梟谷学園高校>

木兎 光太郎(ぼくと こうたろう)
梟谷学園高校バレー部主将を務める3年生のウイングスパイカー。全国トップ5のエーススパイカー。パワースパイカーに見られがちだが、リバウンドやブロックアウト、フェイントなどの技術も高く、巧みにコースを打ち分けることができる技巧派スパイカーでもある。
感情の起伏が激しく、基本的にかなりのハイテンションだが、ミスなどが続くと「しょぼくれモード」に突入する。

赤葦 京治(あかあし けいじ)
梟谷学園高校バレー部副主将を務める2年生のセッター。2年生ながらチームの副主将を務めるだけあって高いレベルのプレーヤー。エース木兎の扱いに最も慣れている。

木葉 秋紀(このは あきのり)
梟谷学園高校3年生のウイングスパイカー。攻守ともにオールラウンドにこなす選手。

<戸美学園高校>

大将 優(だいしょう すぐる)
戸美学園高校バレー部主将を務める3年生のウイングスパイカー。技術は高いが、それ以上に心理戦が上手いプレーヤー。

<井闥山学院高校>

佐久早 聖臣(さくさ きよおみ)
井闥山学院高校2年生のウイングスパイカー。全日本男子ユース代表合宿メンバー。全国トップ3のエーススパイカー。
異常な程手首が柔らかく、その手首の柔らかさを活かしてコースを打ち分けるだけでなく、ボールに回転をかける事でレシーブが困難なスパイクやサーブを打てる。

古森 元也(こもり もとや)
井闥山学院高校2年生のリベロ。高校No.1リベロとの評価を得ている。全日本男子ユース代表合宿メンバー。気さくな性格で影山にも友好的に声をかけている。

<森然高校>

小鹿野 大樹(おがの だいき)
森然高校バレー部主将を務める3年生。得意とするコンビネーションプレーの要で、戦術を用いて対戦相手をかく乱させる。

千鹿谷 栄吉(ちがや えいきち)
森然高校1年生のミドルブロッカー。全日本男子ユース代表合宿メンバー。

<生川高校>

強羅 昌己(ごうら まさき)
生川高校バレー部主将を務める3年生。エーススパイカー。強烈なジャンプサーブを武器にしている。

<椿原学園高校>

越後 栄(えちご さかえ)
椿原学園高校バレー部主将を務める3年生のセッター。

寺泊 基希(てらどまり もとき)
椿原学園高校3年生のウイングスパイカー。超高校級のパワーを持っている。

姫川 葵(ひめかわ あおい)
椿原学園高校1年生のウイングスパイカー。天井サーブを武器とする。

<稲荷崎高校>

北 信介(きた しんすけ)
稲荷崎高校バレー部主将を務める3年生のウイングスパイカー。決してスター選手ではないがコートに入るだけで空気をシメることができる選手。
チームの親的存在であり、常に冷静で行動には無駄がなくかける言葉も的確。チームの主力でありながらメンタル的に未熟な侑らをコントロールすることができる数少ない人物である。

尾白 アラン(おじろ アラン)
稲荷崎高校バレー部コートキャプテンを務める3年生のウイングスパイカー。木兎と並ぶ高校5大エーススパイカーの一人。好調時には3大エースすら凌ぐほどの破壊力を持つパワースパイカー。

宮 侑(みや あつむ)
稲荷崎高校2年生のセッター。高校No.1セッターとの呼び声高い天才セッター。そのセットアップはスパイカーに上手くなったと錯覚させるほどの精度を誇る。また、中総体とインターハイでベストサーバー賞を受賞するなどサーブの名手でもあり、強烈なスパイクサーブと高速ジャンプフローターサーブの両方を操る「二刀流」である。
双子の治とのコンビプレーは相性抜群で、「宮ツインズ」としてアイドル的人気を誇り女性のファンも多い。

宮 治(みや おさむ)
稲荷崎高校2年生のウイングスパイカー。侑とは双子。オポジットとして、セッターである侑との双子ならではの息の合ったコンビネーション攻撃を武器とする。

角名 倫太郎(すな りんたろう)
稲荷崎高校2年生のミドルブロッカー。尾白と並ぶポイントゲッター。
スロースターターであり、序盤はさほど目立たないものの試合が進むにつれて攻守ともにキレを増す。

<早流川工業高校>

白峰 周(しらみね いたる)
早流川工業高校バレー部主将を務める3年生のセッター。

鹿尾 有敬(ししお ありたか)
早流川工業高校バレー部監督。音駒高校猫又監督の元教え子。

<狢坂高校>

桐生 八(きりゅう わかつ)
狢坂高校バレー部主将を務める3年生のウイングスパイカー。白鳥沢・牛島、井闥山・佐久早とともに「全国高校3大エース」と称される。コースより威力を重視するパワースパイカーであるが、「悪球打ちの桐生」と呼ばれるように多少乱れたトスであっても踏み切りなどの工夫によって全て威力の高い攻撃に繋げるという器用さも持ち合わせる。
坊主頭に剃り込みを入れた厳しい見た目とは裏腹に心配性で考えすぎる癖があり、マイナス思考な性格である。

臼利 満(うすり みちる)
狢坂高校2年生のセッター。傑出した能力こそ無いものの、チームメイトから「ハツラツと性格が悪い」と評される策士であり、相手選手を心理面から揺さぶりプレーの乱れを誘う。

雲南 恵介(うんなん けいすけ)
狢坂高校3年生のミドルブロッカー。貉坂ツインタワーの一人。

猯 望(まみ のぞむ)
狢坂高校3年生のミドルブロッカー。貉坂ツインタワーの一人。

<鴎台高校>

星海 光来(ほしうみ こうらい)
鴎台高校2年生のウイングスパイカー。「現・小さな巨人」。低身長ながら強烈なスパイクやサーブを駆使する高い攻撃力を武器に鴎台のエーススパイカーを担う。かなりのジャンプ力を誇り、影山は日向以上に安定した高いジャンプであるとしている。ブロックやレシーブといった守備も高いレベルで熟す。

白馬 芽生(はくば がお)
鴎台高校2年生で、身長2m超の長身ウイングスパイカー。

諏訪 愛吉(すわ あいきち)
鴎台高校バレー部チームキャプテンを務める3年生のセッター。

昼神 幸郎(ひるがみ さちろう)
鴎台高校2年生のミドルブロッカー。「不動の昼神」という異名を持ち、決してブロックに振られない高校トップクラスのブロッカー。

<MSBYブラックジャッカル>

明暗 修吾(めいあん しゅうご)
ミドルブロッカーでキャプテン。

犬鳴 シオン(いぬなき シオン)
リベロ。

Adriah・Tomas(アドリア トマス)
ミドルブロッカー。

Oriver・Barnes(オリバー バーンズ)
オポジット。

サムソン・フォスター
監督。

<シュヴァイデンアドラーズ>

平和島 登志朗(へいわじま としろう)
リベロ。

昼神 福郎(ひるがみ ふくろう)
ミドルブロッカーでキャプテン。鴎台高校出身の幸郎は弟である。

Nicollas・Romero(ニコラス ロメロ)
ブラジル代表の「世界のエース」。息子がおり息子は日向のファン。

ソコロフ 尊人(ソコロフ たつと)
ミドルブロッカー[72]。高さとスピードが武器。

朱雀 万丈(すざく ばんじょう)
監督。

<その他>

山本 あかね(やまもと あかね)
山本猛虎の妹。音駒中学校2年生。バレーボール大好きっ子。

灰羽 アリサ(はいば アリサ)
灰羽リエーフの姉。音駒高校のバレー部員が一目置く美人。弟のリエーフのことを「レーヴォチカ」と呼んで彼を心底かわいがる。

各巻のあらすじ

<序章>

新チーム発足、強豪・青葉城西と初めての練習試合
指導者、守護神、エースが復帰!チームが本格始動
烏野vs音駒 往年のライバルとの練習試合

<インターハイ予選編>

インターハイ予選開幕、鉄壁を攻略せよ
烏野vs青葉城西、激闘はファイナルセットへ
青葉城西に惜敗、次の舞台を目指して再始動

<東京遠征編>

<春高バレー予選編>

春高1次予選、身長2m超の壁を乗り越えろ
代表決定戦開幕、チームの大黒柱にアクシデント
烏野vs和久谷南、チームの根性無しが奮起する
烏野vs青葉城西、雪辱を晴らす時が来た
青葉城西との激闘を制し、王者・白鳥沢との決勝へ
相手はスーパーエースとゲス・モンスター
烏野vs白鳥沢、一歩も譲らぬ激闘はファイナルセットへ
烏野vs白鳥沢、手に汗握る死闘を制し全国へ
激闘続く東京都予選、窮地に追い込まれる音駒

<ユース合宿編>

ユース合宿で経験を積む日向・影山・月島
合宿を終え、伊達工業との練習試合で力試し

<春高バレー本戦編>

春高バレー本戦が開幕!烏野の懸念材料とは…?
接戦の烏野、先に勝ち上がりを決めた音駒
稲荷崎との激闘を制し、いよいよゴミ捨て場の決戦へ
烏野vs音駒 第1セットから怒涛の展開
音駒の固い守備と日向封じを打ち砕けるか
ライバルの名に恥じぬ互角の展開、祭りの終わりが近づく
烏野がゴミ捨て場の決戦を制し、梟谷と貉坂の大エース同士が激突
梟谷vs貉坂 大エース同士の戦いを制したのは…
鴎台に食らいつく烏野、しかし日向にアクシデントが…

<ブラジル修行・Vリーグ編>

月日は流れ、ブラジルでビーチバレーを学ぶこととなった日向
帰国した日向、Vリーグの舞台で強者たちと肩を並べる
互いにしのぎを削る試合展開はまさに妖怪大戦争
もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-

関連記事

ライバルとなる復讐屋「朝食会」登場、そして男児4人殺害事件発生…『善悪の屑』4巻【ネタバレ注意】

善悪の屑 4巻 少年画報社/渡邊ダイスケ *Amazonでは取り扱いがありません 楽天 ~前巻までのあらすじ~ 様々な事件の遺族が、罪を償わずに生き延びる犯人たちへの恨みを晴らすために復讐を依頼する「 …

計画成就、仲間に紡がれていく夢『ギャングース』16巻(完)【ネタバレ注意】

ギャングース 16巻(完) 講談社/肥谷圭介・鈴木大介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ デブでオタクのカズキ、イケメンで情報収集担当のサイケ、運転・機動担当のタケオの3人は被害 …

全食用児の解放へ、最後の戦い『約束のネバーランド』19巻【ネタバレ注意】

約束のネバーランド 19巻 集英社/白井カイウ・出水ぽすか Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT ~前巻までのあらすじ~ 「ママ」と慕われるイザベラのもとで色々な孤児が家族同 …

狙われた守護神西谷、奮起できるか『ハイキュー!!』31巻【ネタバレ注意】

ハイキュー!! 31巻 集英社/古舘春一 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ ある日「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高 …

ついに刃牙とマホメドJrが激突へ『バキ』30巻【ネタバレ注意】

バキ 30巻 ついに刃牙とマホメドJrが激突へ あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 5人の死刑囚との死闘を制した地下格闘士たち。 しかし戦いの中で毒に蝕まれ、刃牙は衰 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!