青年漫画

Brave men road本番、迫りくる死の恐怖『賭博黙示録カイジ』7巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

働きもせずにしょぼい博打に明け暮れ、負けを重ねるドン底の生活を送っていたカイジは、バイトの元同僚である古畑の借金の連帯保証人として借金地獄に巻き込まれた。

闇金回収の遠藤という男の勧めで借金をチャラにするどころか一攫千金のチャンスがある希望の船「エスポワール」に乗ることとなり、集められた債務者たちとのゲームが始まる。

ゲームの内容は手持ちのカードでじゃんけんをしながら勝敗に応じて星を奪い合い、負ければ悲惨な末路が待つ「限定ジャンケン」。

騙し騙され、また自分の利益の為に平気で仲間を裏切る戦いに嫌気が差したカイジは、得た金で別室で出会った何の資産もない石田という男を救済して船から生還を果たし、運営に一矢報いる。

しかし借金を完済することはできず、元の日常に戻った後は再び借金漬けの生活。

そんなある日、遠藤が再び姿を現し勝てば2000万円もの大金を得られる新たなギャンブルの話を持ってきた。

バイト先の佐原や再会を果たした石田らと共に挑むこととなったのは、鉄骨の上で行われる人間競馬「Brave men road」。

勝利するためには前を行くものを突き落とさなければならず、落ちれば重傷を免れない危険なゲーム。

第1レースに出場したカイジは最後まで他の者を落とす決意を固められず最後は失格となり、レースは佐原と石田が勝って賞金獲得の権利を手にする。

その他のレースも行われ、結局無傷で生還したのは半分以下という凄惨な結果となるが、まだこれは序の口に過ぎなかった。

ここで得たのは賞金に換金するためのチケットであり、換金するためには高層ビルの間に通された鉄骨を期限までに渡り切らねばならない。

今度は落ちたら確実に死ぬBrave men roadの本番。

「金は命より重い…!」という利根川の言葉に挑戦か撤退か、究極の選択を迫られるのだった。

 

7巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

本番に挑むのは10人

2千万という大金を得たいなら命を張れー。

利根川の叱咤に返す言葉が出ないプレーヤーたち。

〈鉄骨には電流が [賭博黙示録カイジ 7巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

さらに今回は鉄骨には電流が流され、手をついたりしがみついたりすれば感電する仕掛け

しかし「今回は競争ではなくただ自分が渡り切ればいい」ということに気づいたカイジが名乗りをあげ、釣られるようにして佐原や石田を含む合計10人が出揃うのだった。

〈挑むのは10人 [賭博黙示録カイジ 7巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

死の恐怖からは逃げられない

あみだくじで渡る順番を決め、おまじないの代わりに靴の中心にマジックで目印をつけるカイジたち。

ゴールとなる対岸では本物のVIP達が見守るなか、文字通り命懸けのゲームが始まる。

〈勇気を出して出発 [賭博黙示録カイジ 7巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

自らを鼓舞し、勇気を出して進みだす一同。

湧き上がる恐怖を押し殺し、静寂のなかただ進むことに集中する。

しかし死の恐怖から逃れることはできない。

次第に身体の感覚がおかしくなったり、突風が吹いているような錯覚に襲われていく。

〈死の恐怖で感覚がおかしくなる [賭博黙示録カイジ 7巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

そしてあえなく1人が鉄骨に手をついてしまい、感電して落下。

連鎖するようにもう1人も落下し、鉄骨の上ではパニックが起きた。

皆涙を流しながら「生きたい」と口にし、ギブアップを宣言しながら電流を切るように利根川に懇願する。

〈ギブアップを宣言するも無慈悲な続行 [賭博黙示録カイジ 7巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

しかし利根川は耳を貸さず、無慈悲にゲームは続行するのだった。

無慈悲な続行、死の連鎖

為すすべなく、1人また1人と落下していく。

死の連鎖は止まらず、気づけは残るはカイジ、佐原、石田の3人だけになっていた。

〈残るは3人だけ [賭博黙示録カイジ 7巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

自分を奮い立たせて進もうとする佐原の姿にカイジも前を目指す気持ちを立て直すが、石田はもう限界。

足元をふらつかせながらカイジの後ろから歩み寄る石田は、懐から1000万円の換金チケットをカイジに差し出す。

果たしてその真意は―。

〈石田ももう限界 [賭博黙示録カイジ 7巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

【7巻のまとめ】

競争ではない、ただ渡り切ればいい―。

そう自分に言い聞かせて本番に挑むカイジたち10人。

しかし死の恐怖からは逃れることはできず、身体のコントロールを失い1人、また1人と落下していってしまう。

ギブアップを宣言し鉄骨に流れる電流を切るように懇願するカイジ達だが、利根川は耳を貸さず無慈悲にゲームは続行。

7人が落ち、残るはカイジ・佐原・石田の3人だけ。

そして石田も足元をふらつかせながらカイジに歩み寄り、懐から1000万円の換金チケットを差し出すのだった―。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考伝説はここから始まった…人生逆転を賭けた心がざわざわするギャンブル『賭博黙示録カイジ』全13巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ