少年漫画

魚住のファウルトラブルを誘い湘北が一気に優勢に『スラムダンク』19巻【ネタバレ注意】

投稿日:2018年8月11日 更新日:

~前巻までのあらすじ~

赤髪の不良、桜木花道が同級生の赤木晴子に一目ぼれし、彼女目当てでバスケ部に入部。

しかしバスケ初心者の花道に待っていたのは地味すぎる基礎練習。

不満を募らせた花道は一度は部を辞めかけますが、晴子への思いが勝って思いとどまります。

安西監督の指導のもと行われた部内の紅白戦では流川がスーパープレイを披露。

一方の花道も将来に期待を持たせる身体能力を発揮し、超初歩的なレイアップシュートを練習し、リバウンドの極意をゴリから教わりました。

そしていよいよ陵南との練習試合。

花道が試合デビューし大激戦を繰り広げますが、惜しくも敗戦。

そして次期キャプテン候補の宮城リョータがバスケ部に復帰しました。

大乱闘事件を経て三井もバスケ部に復帰し、インターハイ神奈川県予選が始まります。

準々決勝まで順調に勝ち進んだ湘北は藤真率いる翔陽も破り、決勝リーグへ進出。

決勝リーグ初戦の海南戦。

あと一歩のところまで追い詰めながら、最後は花道のパスミスで敗戦。

悔いの残る敗戦を噛みしめる花道はボウズとなり、レベルアップのためにシュート練を開始。

決勝リーグ第2戦では花道を温存したまま無事に武里を破った湘北。

一方、決勝リーグもう1試合では陵南と海南が激突。

陵南と海南の試合は延長にもつれこみながらも海南が制し、海南はそのまま武里も破ってリーグ優勝。

インターハイ出場のもう1枠を賭けて、湘北と陵南の直接対決。

開始直後こそケガの影響が脳裏をかすめるゴリでしたが、見事に乗り越えました。

しかし福田を中心に花道のディフェンスの穴を突いてくる陵南。

何もできない花道はベンチで悔しさのあまり身体を震わせますが、湘北も三井が粘って追い上げ、前半を終えます。

 

19巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

後半に仕掛ける流川

6点差まで追い上げた湘北。リョータ、花道がファウル3つ。

花道の血は止まりましたが、悔しさは収まりません。

湘北の得点の半分は三井。陵南は池上を三井のマークにつけます。

また流川も前半での得点は2点に抑えられていました。

が、これは流川の計画通り。

前半を捨て、後半にすべてを賭けていたのです。

「てめーに勝つためだ。覚悟しな。」と仙道に言い放つ流川。

〈後半に賭ける流川 [スラムダンク19巻](c)集英社/井上雄彦〉

後半開始早々、流川が個人技でシュートを決めます。(湘北28 - 32陵南)

対する陵南は池上がカットインしてシュートに持ち込みますが、赤木に阻まれてトラベリング。

湘北は再び流川が個人技でしかけ、仙道のファウルをもらいながらシュートを決めます。フリースローも決め、1点差。(残り19分 湘北31 - 32陵南)

陵南は福田にボールを集めますが、花道に代わってマークする三井がファウルも利用して阻みます。

それならばと陵南は魚住がシュートを決めますが、流川がすぐさまシュートを決め返します。(湘北33 - 34陵南)
※3Pシュートっぽいですが、2点しか入ってません。ラインを踏んでたようです。

ここから陵南は仙道にも火が付き、流川と仙道の張り合いに。

〈流川vs仙道 [スラムダンク19巻](c)集英社/井上雄彦〉

仙道がさきほどの流川と同じ個人技で決め、3点差。(湘北33 - 36陵南)

対する流川も仕掛けますが、仙道のディフェンスを破れず。

しかしリョータが植草からスティールし、そのまま速攻を決めます。(湘北35 - 36陵南)

ここから両チーム我慢の展開に。

両チームとも気迫のディフェンスでお互いに1点も与えません。

数分が流れ、均衡を破ったのは陵南。

仙道がダブルクラッチでシュートを決め、突き放します。(残り13分半 湘北35 - 38陵南)

対する湘北は流川が意表をつく3Pで同点。(湘北38 - 38陵南)

陵南は仙道が切り込んで福田のゴールをアシストしますが、流川がすぐさまカウンターからの速攻で点を返す互角の展開。(湘北42 - 42陵南)

陵南は再び福田が攻め、三井がファウルで阻止。三井のファウルは3つになります。

福田がフリースローを2本とも決め、追加点。(湘北42 - 44陵南)

湘北はムキになった花道が強引につっかけます。

これが吉と出て、魚住の4つ目のファウルを誘うファインプレーに。

〈魚住のファウルを引き出す花道 [スラムダンク19巻](c)集英社/井上雄彦〉

陵南は魚住をいったん下げ、菅平を投入。

花道のフリースロー。2本とも外しますが、リバウンドを自ら取った花道から三井へつなぎ、3P。見事に決まり、湘北が逆転します。(残り10分半 湘北45 - 44陵南)

さらに魚住のいない陵南の攻撃を赤木が防ぎ、さらに攻撃でも赤木>花道とつないでゴール。花道に待望のゴールが生まれます。(湘北47 - 44陵南)

〈花道に待望のゴール [スラムダンク19巻](c)集英社/井上雄彦〉

対する陵南は、焦った福田がミドルシュートを外し、チャンスを逃します。

さらに湘北は花道がリバウンドを取り、リョータ>流川とつないで、赤木のアリウープ。

素晴らしい連携で勢いに乗ります。(残り10分 湘北49 - 44陵南)

自分の不甲斐なさにフラストレーションを溜める魚住

〈ベンチで闘志を燃やす魚住 [スラムダンク19巻](c)集英社/井上雄彦〉

福田の放ったミドルシュートはリングに嫌われますが、リバウンドを取りに行った花道が弾いて自殺点に。(湘北49 - 46陵南)

しかし湘北の勢いは止まらず、リョータ>三井>赤木とつないでゴール。(湘北51 - 46陵南)

徐々に余裕のなくなる陵南。仙道が「まだ慌てるような時間じゃない」と、チームを落ち着かせます。

〈チームを落ち着かせる仙道 [スラムダンク19巻](c)集英社/井上雄彦〉

が、池上のシュートは花道がブロック。

逆に花道>リョータとつなぎ、スクリーンプレイでフリーになった流川が決めて追加点。(残り9分 湘北53 - 46陵南)

しびれを切らした魚住が「行かして下さい」と監督に直訴しますが、田岡監督は「ラスト5分になったら投入する」と我慢させます。

なんとかラスト5分まで粘りたい陵南。

カウンターで仙道が仕掛けますが、赤木が読み切って完璧なブロック。

〈勢いづく湘北 [スラムダンク19巻](c)集英社/井上雄彦〉

魚住は再度出場を直訴しますが、田岡監督は「湘北には不安要素がいくつもある。流れは絶対にもう1度うちにくる!!」と断言します。

〈田岡監督の読み [スラムダンク19巻](c)集英社/井上雄彦〉

試合は残り8分半。終盤にはどんなドラマが待っているのでしょうか。

【19巻のまとめ】

インターハイ出場を賭けた湘北と陵南の直接対決。

後半から流川が仕掛け、試合は互角の展開に。

均衡を破ったのは花道のファインプレー。

魚住のファウルトラブルを誘い、陵南が魚住を下げたことで試合は湘北が徐々にリードを広げていきます。

しかし油断は禁物。湘北にも不安要素が…?

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>
 

『スラムダンク』全31巻のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

烈とドイル、死闘の果てに芽生えた奇妙な絆『バキ』14巻【ネタバレ注意】

バキ 14巻 烈とドイル、死闘の果てに芽生えた奇妙な絆 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 偶然にも世界各地で死刑囚5人が「敗北を知りたい」という言葉を残して脱獄し、 …

「空中ケンパ」を生き残ったのは…?『神さまの言うとおり弐』12巻【ネタバレ注意】

神さまの言うとおり弐 12巻 講談社/金城宗幸・藤村緋二 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 平凡な毎日が突然終わりを告げた。 明石靖人は親友の青山との喧嘩が原因で学校をサボるが、 …

神への反逆なるか『神さまの言うとおり』5巻(完)【ネタバレ注意】

神さまの言うとおり 5巻(完) 講談社/金城宗幸・藤村緋二 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 平凡な毎日が突然終わりを告げた。 16歳の高校生、高畑瞬はいつもと同じような退屈に気 …

泥門 vs 神龍寺キックオフ『アイシールド21』20巻【ネタバレ注意】

アイシールド21 (20) (ジャンプ・コミックス) posted with ヨメレバ 稲垣 理一郎 集英社 2006-08-04 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ …

オリバの次の標的はドイル『バキ』12巻【ネタバレ注意】

バキ 12巻 オリバの次の標的はドイル あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 偶然にも世界各地で死刑囚5人が「敗北を知りたい」という言葉を残して脱獄し、東京へ向かう。 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!