少年漫画

順調に勝ち上がる克己と花山『グラップラー刃牙』23巻【ネタバレ注意】

投稿日:2019年6月6日 更新日:

~前巻までのあらすじ~

空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙。

その正体は東京ドームの地下に存在する禁じ手なしの裏闘技場のチャンピオンだった。

地下の闘技場では現役横綱やプロレスラーをはじめ、様々な闘技者が禁じ手なしの異種格闘技戦を繰り広げる。

幼少の頃から刃牙は「地上最強の生物」と謳われる父、範馬勇次郎に勝つことを目標にし、大富豪である母、朱沢江珠の管理を離れて家出。

ボクシングjウェルター級最強のユリー・チャコフスキーに惨敗した刃牙は山籠もりの修行で脳内麻薬の制御と死に際の集中力を体得し、過酷な修行の末、夜叉猿にも打ち勝った。

日本一強いヤクザ、花山薫との死闘にも打ち勝つが、刃牙はまだ勇次郎を満足させられるレベルにはなく、江珠は勇次郎を振り向かせるためにより一層刃牙を鍛えることを決心するのだった。

父に戦友である夜叉猿を殺され、決闘に向けて怒りに燃える刃牙は最後のトレーニングとして最強の実戦部隊と戦う。

勇次郎に匹敵すると称されるガイアを含め、刃牙は、見事に部隊を倒し、ついに勇次郎との決戦を迎えた。

母、江珠の愛を勝ち取るために刃牙は奮起するが、磨き上げたカウンターは通用しない。

夫への愛よりも母性が勝った江珠は2人の戦いに割り込み、勇次郎の腕に抱かれながら息を引き取った。

勇次郎と刃牙の決闘は幕を引き、刃牙は母の仇を討つために武者修行へ出る。

そしてたどり着いた先が後楽園の地下闘技場。

刃牙はご老公に直談判して正ファイターの座を勝ち取り、その後瞬く間にチャンピオンにまで上り詰めることとなるのだった。

その後楽園に再び強者が集い、地上最強を決める最大トーナメントの開催が決定する。

愚地独歩の義息子にして天才空手家の克己も参戦。

地下闘技場のチャンピオンとして出場する刃牙はAブロック1回戦を余裕の突破。

ブラジルのピュア・ファイター、ズールも野性味あふれる攻撃で1回戦を突破し、刃牙の次の対戦相手に決まった。

Aブロックの残りは本部以蔵が金竜山に敗れ、早々に敗退。

Bブロックでは愚地克己にケチをつけた烈海王が一回戦を余裕で突破する。

そして4人目のリザーバーとして登録されていた夜叉猿Jrが暴れまわり、他のリザーバー2人とラベルト・ゲランをKOして本戦に出場。

加藤清澄を破り、さらに刃牙に襲い掛かる。

父の仇を討ちたい夜叉猿Jrの想いを刃牙は受け止めようとするが、その背後から愚地克己が夜叉猿の成敗に乗り出すのだった。

 

23巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

克己による夜叉猿の公開処刑に憤る刃牙

克己は夜叉猿を闘技場に引きずり出すと、完成された空手で叩きのめす。

刃牙は克己にくってかかり、克己による公開処刑は中断。

〈克己に殴りかかる刃牙[グラップラー刃牙 23巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

2人の因縁はそれぞれのブロックを勝ち上がったときまで持ち越しとなった。

リザーバー、マウント斗羽参戦

加藤とゲラン、夜叉猿が全員KOとなったことで、リザーバーのマウント斗羽が出場。

斗羽はスペシャルデモンストレーションとしてワゴン車をフライングボディプレスで破壊し、健在ぶりをアピールする。

〈マウント斗羽が本戦へ[グラップラー刃牙 23巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

斗羽が2回戦で烈海王と激突することとなった

Bブロック一回戦第三試合 稲城文之信 vs 花山薫

Bブロック第三試合は稲城文之信vs花山薫。

稲城が鍛えぬいた日本拳法で花山を翻弄するが、花山もけた外れの握力で稲城の足を折り、防御不能のパンチで慰安着の両腕もろとも背骨を破壊

〈花山の剛腕 [グラップラー刃牙 23巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

そのままKOとなった。

Bブロック一回戦第四試合 愚地克己 vs ローランド・イスタス

第四試合は愚地克己vsローランド・イスタス。

ローランドは独歩とも親交のあるレスラーのビル・ライレーの弟子にして関節技を極めた天才

〈ライオンにも関節技を極めるローランド [グラップラー刃牙 23巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

空手界の至宝とレスリング界の至宝の激突となるが、試合開始と共に克己が背を向けて走り出す。

逃げ回ると見せかけてからの頭突きで克己が先制するが、ローランドも瞬時に克己の手首を掴んで肩と肘を外す。

克己は動じずに肩と肘を入れなおすと、反撃開始。

ローランドの関節技も鍛えぬいた体術で捌き、最後は空手技のラッシュでKO

〈克己の体術が上回る [グラップラー刃牙 23巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

刃牙との勝負に向けて順調に勝ち上がった。

【23巻のまとめ】

夜叉猿Jrは愚地克己によって成敗され、リザーバーのマウント斗羽が本戦出場となる。

Bブロックでは花山と克己がそれぞれ一回戦を突破し、二回戦で激突することとなった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

 

『グラップラー刃牙』全42巻+外伝のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ナツメグとの別れ、三国ドロケイ決着『神さまの言うとおり弐』17巻【ネタバレ注意】

神さまの言うとおり弐 17巻 講談社/金城宗幸・藤村緋二 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 平凡な毎日が突然終わりを告げた。 明石靖人は親友の青山との喧嘩が原因で学校をサボるが、 …

契約していなかったのは誰か『ぼくらの』8巻【ネタバレ注意】

ぼくらの 8巻 小学館/鬼頭莫宏 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 夏休みの自然学校で出会った15人の少年少女たちはココペリと名乗る男と出会い、「巨大ロボットを操って敵から地球を …

勝って死ぬか、負けて死ぬかの選択を『ぼくらの』2巻【ネタバレ注意】

ぼくらの 2巻 小学館/鬼頭莫宏 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 夏休みの自然学校で出会った15人の少年少女たちはココペリと名乗る男と出会い、「巨大ロボットを操って敵から地球を …

“阿修羅”vs”魔槍” 優勝を勝ち取ったのは…『ケンガンアシュラ』27巻(完)【ネタバレ注意】

ケンガンアシュラ 27巻 小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫 …

“阿修羅”vs”禁忌の末裔” リミッター解除の激突『ケンガンアシュラ』16巻【ネタバレ注意】

ケンガンアシュラ 16巻 小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!