青年漫画

貝沼が転落死、興信所とアキラの直接対決が近づく『ザ・ファブル』11巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

裏稼業専門の組織、通称「ファブル」がしばらく休業を決め、プロの殺し屋であるアキラとヨウコは一般人として世間に溶け込むことに。

組織のボスと付き合いのある大阪の地元ヤクザ・真黒組に面倒を見てもらうこととなり、真黒組の若頭・海老原や構成員のクロ、高橋らが佐藤兄妹と接点を持つように。

近所の女性・ミサキと出会い、その伝手でイラスト制作会社オクトパスでアルバイトをすることとなったアキラ。

田高田社長とミサキに温かく迎え入れられるが、同僚イラストレーターの貝沼はミサキの家に侵入して盗撮器を仕掛けるなど邪な欲求を募らせている。

他方、刑期を終え出所した海老原の弟分・小島が波風を立て、ミサキが元グラビアアイドルである過去をネタに脅迫を受けた末に風俗嬢として働かされそうになるが、その異変を察知したアキラが殺傷能力の低い銃を自作して救出。

アキラは死人を出すことなくその場を切り抜け、小島はトラブルの落とし前をつけるために海老原によって射殺された。

そして小島の暗殺を邪魔された同じ真黒組の幹部・砂川はファブルと近づくための手段を模索し、「自分が真黒組の組長か若頭になれば向こうから近づいてくる」と考えるようになる。

他方、太平興信所の宇津帆という男がモンスターペアレントのもとで過保護に育った子供が育ったころを狙って身柄をさらい、親を騙して大金をせしめる悪徳ビジネスを働いていた。

宇津帆はは車いすの佐羽ヒナコ、プロの殺し屋・鈴木、元真黒組の井崎を従え、次のターゲットに貝沼を狙う。

アキラはヒナコが過去に自分がターゲットを殺したとき現場にいた少女であることを思い出し、ヒナコのリハビリを見守りながら手を貸すうちにヒナコの警戒も解けていく。

一方、貝沼はミサキを犯したい一心で強姦に及ぼうとするが失敗、逆にミサキの家に盗撮器を仕掛けている証拠を掴んだ宇津帆たちによって脅され、ハメられてしまった。

裁判沙汰と脅され大金を吹っ掛けられた貝沼はどうしようもない怒りの矛先をミサキに向け、オクトパスの事務所でミサキの背後からナイフで襲い掛かる。

異常を察知したアキラがすかさずナイフを叩き落し貝沼を制圧、ミサキを救うが、一般人離れした動きを田高田社長に見られてしまうのだった。

 

11巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

拉致された貝沼

只者ではない動きを見られてしまったアキラだが、田高田は「アキラには格闘技の経験がある」というだけの勘違いをしたことで事なきを得る。

落ち着きを取り戻し、貝沼から事情を聞き出そうとする田高田。

しかし貝沼は顔を洗いたいといって席を立ち、そのまま逃走。

そしてあろうことか、貝沼は事務所の外で張っていた鈴木に捕まり拉致されてしまった

〈拉致された貝沼 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

貝沼の後を追うアキラは鈴木を視認し、相手がプロの殺し屋であることを見抜く。

拉致された貝沼は井崎が運転する車で山奥に連れられて行くのだった。

〈向かった先は山奥 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

アキラからの忠告

余計なトラブルを起こさないため貝沼の救出を目指すアキラは再び太平興信所のあるビルを訪れる。

そこに姿を現した鈴木に対し、「24時間待つから貝沼を無事に返せ」と忠告する。

〈アキラの忠告 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

拉致された貝沼は拘束された状態で既に山のなか。

鈴木もアキラが只者ではないことに勘づき、アキラの身元を調べるために井崎を使って探りを始める。

井崎が貝沼から情報を吐かせると、「アキラの妹が真黒組のもつ物件に住んでいる」という情報に行き着くのだった。

〈ヨウコの家を突き止める [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

鈴木 vs ヨウコ

井崎が掴んだ情報をもとにヨウコの家に単身で乗り込む鈴木。

〈ヨウコに押し入る鈴木 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

ヨウコは思わぬ来客にもまったく動じることなく対応し、鈴木はファブルとアキラのことを尋問しようとする。

しかしヨウコの方が実力は上だった。

瞬く間に形勢逆転し、銃を奪って突きつけるヨウコ。

鈴木は殺し屋独特の勘でヨウコに殺人の経験がないことを看破していたが、銃無しの近接戦闘でもヨウコに惨敗するのだった。

〈ヨウコに惨敗 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

貝沼が転落死

その頃、山の中では井崎が腹を下して離れたスキを突いて貝沼が逃走を試みる。

〈貝沼が逃走 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

慌てて後を追う井崎だが、姿は見つからない。

そしてようやく見つけたのは、崖下の川辺に転落した貝沼の死体だった―。

〈貝沼が転落死 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

鈴木のプライドが粉々に

アキラが飯を食いにヨウコの家に帰宅し、拘束された鈴木と鉢合わせる。

アキラはいつも通りマイペースに貝沼の解放を要求するが、そこに井崎から貝沼死亡の報告が入った。

やむなく死体を引っ張り上げて埋めるよう指示する鈴木。

〈貝沼死亡を受けて [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

対するアキラは武器を返してそのまま鈴木を解放する。

脅威とすら認識されていない扱いに鈴木のプライドは粉々に砕かれるのだった。

〈帰される鈴木 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

宇津帆と鈴木がアキラの正体を確信

時は少し戻り、ミサキに秘密裏に警告したヒナコだが、その動きは盗聴によって宇津帆にバレていた。

ヒナコに余計なことをしないよう忠告する宇津帆だが、それでもヒナコは再びオクトパスに電話をかけ、アキラ宛てのメッセージを残す。

〈アキラを心配するヒナコ [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

アキラは鈴木を解放した夜にヒナコに電話を折り返し、ヒナコの心配をよそに他愛もない会話をする。

その会話を盗聴し、なぜかアキラがまだ生きていることを悟った宇津帆。

そこにコテンパンにやられた鈴木も戻り、2人はアキラの正体がファブルであることを確信。

〈アキラの正体を確信 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

宇津帆はアキラに殺された川平の実兄だったことを明かし、弟の仇をとるため、そして鈴木は打ち砕かれたプライドを取り戻すために確実にファブルを葬る作戦を練り始めるのだった。

直接対決が近づく

信用のおけない井崎を蚊帳の外におき、2人で準備を進める宇津帆と鈴木。

宇津帆が備えとして持っていた武器を集め、アキラを殺すプランも念には念を入れて3つ用意した。

〈切り札はヒナコ [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

宇津帆が考える切り札は、ヒナコを切り捨てることのようである。

一方のアキラはヨウコから当時の事件を詳細に聞き出し、ヒナコの事故の二日後にヒナコの両親が何者かに刺殺されていることを知る。

〈ヒナコの両親を宇津帆が殺したことを悟る [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

自分ではない何者かが起こした事件を聞き、宇津帆が関与していることを確信するアキラ。

対する宇津帆はヒナコに「お前の両親の首を残酷に刺し切ったのは佐藤(アキラ)だ」と告げ、両親の敵討ちを願うヒナコの復讐心をアキラに向ける。

〈ヒナコの復讐心を焚き付ける宇津帆 [ザ・ファブル 11巻](c)講談社/南勝久〉

思わぬ言葉に動揺するヒナコ。

太平興信所と佐藤兄妹の直接対決の時が近づいていた。

【11巻のまとめ】

貝沼は鈴木たちによって拉致され、見張り役の井崎の隙を突いて山中で逃走を図るが、転落死してしまった。

鈴木は貝沼の解放を要求するアキラの周辺を探り妹のヨウコの家に押し入るが、タイマンで惨敗。

圧倒的な実力を見せつけられ、アキラとヨウコの正体がファブルであることに気づく。

宇津帆もまた過去にアキラに殺された弟の仇を討つため、鈴木と共にアキラを倒す作戦を練り始める。

宇津帆はヒナコを囮に利用する算段。

宇津帆たちとアキラの直接対決が近づいているのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

全巻まとめに戻る

参考天才殺し屋が一般人になりきるのは逆に難しい『ザ・ファブル』全22巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ