少年漫画

絶対王者・天王寺と横綱の息子・久世による頂上決戦!ダチ高は団体戦準決勝で鳥取白楼と激突へ『火ノ丸相撲』13巻【ネタバレ注意】

~前巻までのあらすじ~

大きく重い者が絶対的に有利という相撲界の常識を覆すため、小さな力士の潮 火ノ丸が弱小の大太刀高校(ダチ高)相撲部に入部し、日本一と横綱を目指し歩み始めた。

部長の小関と元番長の五條、レスリング国体王者の國崎と、見るからにひ弱な三ツ橋を新たに加え、5人で歩み出した相撲部。

関東新人大会の個人戦では元横綱の息子・久世の前に越えられない体格差の壁を痛感し悔しさをにじませる火ノ丸、その前に親友の辻 桐仁が姿を見せ、ダチ高相撲部の監督として指揮を執ることに。

インターハイの県予選、団体戦決勝では火ノ丸が沙田との死闘を制してダチ高が優勝、個人戦では火ノ丸が優勝し、ダチ高は個人と団体で全国大会出場を決めた。

大会後、女子マネージャーとしてレイナと堀が加入、柴木山親方の計らいで力士たちとの合同稽古へ参加することとなり、火ノ丸は元横綱・駿海のもとでの特訓で壁を乗り越え、現役大関の弟にして国宝の一人である日景との野試合に見事勝利した。

火ノ丸は体格不問で角界入りするための条件として全日本選手権に出場して良い成績を残すこと、その為の第一歩としてまずはインターハイで高校相撲の頂点を獲ることが求められる。

しかしその前には高校相撲の王者であり昨年度の全日本選手権の優勝者である天王寺が立ちはだかった。

インターハイ個人戦の決勝トーナメント初戦で天王寺とぶつかった火ノ丸は死に物狂いで攻めるが、崩しきれずに反撃を受けて敗北。

激闘の末負傷も抱えることとなるが、まだ団体戦で抜群の成績を収めれば全日本選手権出場の希望は残っている。

治療のために火ノ丸が抜けるなか、団体予選でダチ高は金沢北高校と激突。

小関と五條の健闘で二連勝すると、自ら志願した國崎が日景を相手に見事な金星を挙げた。

火ノ丸との約束通り不在でもチームが勝ち残り、治療を終えた火ノ丸が合流してますます勢いづくのであった。

 

13巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

信念を曲げない三ツ橋

団体戦の3回戦も3連勝で突破を決めたダチ高。

ここからは消化試合となるが、副将の國崎も油断せずに4勝目を挙げる。

大将の三ツ橋は立ち合いの変化を警戒され何もできないまま敗北を喫するが、どんなに場違いであってもその重圧に三ツ橋は屈しない。

自分の魂をかけて「変化で勝つ」という覚悟を持ち、全力で勝利のチャンスをうかがい続けるのであった。

最強王者の鳥取白楼が登場

いよいよ絶対王者の鳥取白楼が団体戦に登場。

天王寺の他に先鋒は合気道をベースとする榎木、次鋒は体重166kgと規格外の首藤、副将はモンゴルからの留学生で多彩な組技を持つバトムンフ、副将は国宝の1人である加納とカラーの違う猛者の集まりである。

あまりの強さに畏怖すらも覚えるなか、鳥取白楼が圧勝で4回戦へ進出。

その試合を冷静に見ていたダチ高は、観戦に来ていた沙田ら石神高校に誘われて鳥取白楼戦を見据えた合同稽古をすることに。

ダチ高にとっては鳥取白楼と団体戦でぶつかった経験から学ぶことができる一方、石神高校も来年を見据えて打倒鳥取白楼に向け、その全力を引き出させるためにダチ高を試金石にしようとしている様子。

両者の利害が一致し、さらに石神高校からの純粋な応援ももらって合同稽古に熱が入るのだった。

絶対王者・天王寺vs元横綱の息子・久世の頂上決戦

その日の団体戦の行程が終了し、個人戦の決勝トーナメントが行われる。

注目を集める1人である久世も他を寄せ付けない圧倒的な実力で勝ち上がり、準決勝では久世と天王寺の頂上決戦が実現。

立ち合いと同時に互いの実力を悟り、2人は全力を出さなければ勝てない相手と判断。

天王寺が相手に負けない相撲を捨て、リスクを冒してでも怒涛の攻めを見せる「勝つ相撲」のスタイルを解禁する一方、久世は父である元横綱・大和国を彷彿とさせながら落ち着いて対処する。

両者が本気でぶつかり合い、天王寺が小手投げ、久世が上手投げを打ち合う展開に。

天王寺が踏ん張ったものの、全力で真の実力を解放した久世が天王寺を寄り切って絶対王者から勝利を挙げた。

相撲の神の化身として久世が土俵に君臨する一方、この敗北によって天王寺も怒りと悔しさで新たな怪物となるのであった。

団体戦準決勝でダチ高が鳥取白楼に挑む

4日目、団体戦では相変わらず鳥取白楼が圧勝劇を見せる。

一方のダチ高も石神高校との合同稽古を経てパワーアップし、勝ち上がっていく。

そして団体戦は準決勝まで進み、ダチ高が鳥取白楼と激突することに。

エース天王寺の個人戦での敗退を受けて全員が気を引き締め、もはや全員が上位互換と言っても過言ではない鳥取白楼との大一番が始まる。

先鋒は小関vs榎木。

しかし戦う気迫ではダチ高も負けてはいない。

勝利のために鬼の形相を見せた小関が榎木に挑むのであった。

【13巻のまとめ】

個人戦の準決勝では天王寺と久世による頂上決戦となる。

荒々しく凶暴な攻めを見せる天王寺に対し、横綱の風格を見せる久世も全力で対抗、最後は久世が天王寺を下した。

敗戦によって天王寺が新たな怪物へと進化する一方、鳥取白楼の部員たちもエース天王寺のまさかの敗退に殺気立つ。

そして団体戦の準決勝ではダチ高がその鳥取白楼と戦うことになるのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考体格差を乗り越えて頂点・横綱を目指せ!ド熱血青春相撲漫画『火ノ丸相撲』全28巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-少年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ