少年漫画

約束の地を見つけるが、シェルターが奇襲を受ける『約束のネバーランド』12巻【ネタバレ注意】

投稿日:

集英社/白井カイウ・出水ぽすか
~前巻までのあらすじ~

「ママ」と慕われるイザベラのもとで色々な孤児が家族同然に幸せに暮らす「孤児院」・グレイス=フィールド(GF)ハウス。

ある日、主人公で身体能力に優れるエマと知略に優れるノーマンは孤児院が実は「鬼」に捧げる食用児の養殖農園だったこと知ってしまい、リアリストで博識なレイ、年長者のドン・ギルダを仲間に引き入れ、GFから全員で逃げ延びるための脱獄計画をスタートさせる。

ノーマンが志半ばで「出荷」されてしまったが、エマはフィルを始めとする4歳以下の子供たちは2年以内に迎えに行くまで農園に残すことを決断、イザベラの目を欺いて見事15人での脱獄に成功した。

「ウィリアム・ミネルヴァ」という人物が秘かに残していた手がかりが頼りのエマ達は、途中で宗教上の理由から人間を食べない異端の鬼、ソンジュとムジカに窮地を救われる。

そしてこの世界は”約束”によって人間と鬼の世界に分断され、鬼は安定した食糧供給のために農園を作ったという真実を知り、最終目標は人間の世界への移住となる。

ミネルヴァが指定した場所で地下シェルターを発見し、拠点を確保したエマ達。

同じく高級農園を脱獄し、仲間を失った後13年間も生き抜いた謎のオジサンを味方に加え、エマとレイはミネルヴァからの次の手紙にあったA08-63(ゴールディ・ポンド)を目指して偵察に出るが、エマは密猟者の鬼が仕掛けた罠に掴まり、連れ去られてしまった。

エマは図らずもゴールディ・ポンドにたどり着き、オジサンの親友であるルーカスや他の子供たちと合流するが、ここは鬼の貴族バイヨン卿が所有する秘密の狩場だった。

鬼たちへの逆襲を企むルーカス達にエマが加わり、ゴールディ・ポンドでミネルヴァが子供たちに残したあらゆる情報を手に入れ、人間の世界へ渡るという最終目標にぐんと近づく。

数々の負傷者を出しながらもゴールディ・ポンドの狩場を壊滅させ、仲間と共にシェルターに帰還を果たした。

傷を回復させ新たな仲間が加わったいま、目指すべきは鬼の頂点に立つ”あの方”と約束を結ぶこと。

”あの方”に会うため「七つの壁」を探すこととなる一方、ゴールディ・ポンド壊滅の知らせを聞いたピーター・ラートリーもエマ達の阻止に動き始めるのだった。

12巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

迫る捜索の手

ミネルヴァを支援する裏切り者を粛清し、部下のアンドリューに命じて脱走者たちのアジトを捜索させるピーター

〈捜索の手が迫る [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

一方のエマたちは大人数ながらもシェルターで仲良く暮らし、着々と準備を進めていた。

シェルターにあった電話でミネルヴァの支援者の生き残りからの連絡を受け、モールス信号で手短に「今は会えないが必ず迎えに行く」とのメッセージを受け取る。

〈支援者からのメッセージ [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

しかしアンドリューによる捜索の手も確実に近づいている。

敵がピーター・ラートリーであることも知ったエマたちは、支援者からの接触を待つ間に「七つの壁」探しを進めるのだった。

〈七つの壁を探せ [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

最小限のメンバーで出発

古文書にあるわけのわからない言い伝えだけを頼りに、まずは「竜の目」を探してクヴィティダラという場所を目指すことに。

〈クヴィティダラを目指して [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

探しに行くのは最小限のメンバーに限り、エマ・レイ・ドン・ギルダ・ザック・ヴァイオレットの6人だけ。

ユウゴをシェルターの護衛に残し、出立する。

捜索の手はGFに残ったフィルにも

GFに残りエマたちを待つフィルは、ただ一人知った残酷な真実を心の奥に潜めながら他の幼い兄妹たちと生きていた。

火事の後イザベラは行方をくらませ、家族はそれぞれ系列の施設へ引き取られた。

新しいママと兄弟たちと共に過ごすも、「卒業」の名のもとに出荷されていく兄妹を見送ることしかできないフィル。

〈孤独に耐えるフィル [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

それでも必死に孤独と絶望に耐えるなか、ある日アンドリューがフィルを訪ねてきた。

「フィル、君と話がしたい」

〈アンドリューの手がフィルに迫る [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

アンドリューからの指名を受けたフィルに緊張が走るのだった。

偶然にも”あの方”と邂逅を果たすエマ

長い旅路を行き、クヴィティダラにたどり着いたエマたち。

今や朽ち果てた遺跡しかなかったが、石のモニュメントに手を触れたとき、エマが別の世界に引き込まれた。

〈別世界に引きずり込まれたエマ [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

そこで世界の過去を目の当たりにし、”あの方”と出会うエマ。

ここが最終的に目指すべき「七つの壁」の先だった。

〈”あの方”と偶然出会う [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

「ちゃんとおいでよ。次は入り口から。ここには何にもないけど何でもある。入り口はどこにもないけどどこにでもあるから。そしたら遊ぼ」

”あの方”はそう言い残し、エマを元の世界に戻す。

改めて見ると、エマたちが立つこの場所は石の塊がまるで大きな目を形作るように並んでいた。

これこそ、古文書の最初のヒントにあった「竜の目」であるようだ。

〈ムジカがくれたお守りのおかげ? [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

そしてエマだけが”あの方”の待つ場所に行けたのはきっと、ムジカがくれた不思議なペンダントのおかげ

エマは見たものを全てレイたちに伝え、「入り口」を探すための謎解きにかかるのだった。

時は流れ、物語が動き出す

GFの脱獄から1年8か月後。

様々な場所を探訪し、ついに「入り口」につながる寺を特定したエマ。

〈成長したエマたち [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

残された時間はあと2か月ー。

しかしそのとき、ついにシェルターが発見されてしまい、アンドリューたち追手が乗り込んでくるのだった。

〈シェルターが見つかってしまった [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

シェルターからの脱出作戦

すぐにシェルターの様々なところに隠れ、状況を把握するエマたち。

襲撃してきたのは完全武装した大人8人。

〈シェルターを捨てる時が来た [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

ついにシェルターを捨てる時がきたようだ。

周到に用意していた持ち物を持ち、通常の出入り口とその他2つの非常口のどれかから脱出する作戦が始まる。

隠された道から非常口を目指すエマたちだが、なぜか非常口の存在まで敵にバレており、待ち伏せを食らってしまった。

〈待ち伏せを食らってしまう [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

出口を塞がれ、2人が犠牲になってしまう。

「支援者は一人残らず始末した」と告げるアンドリューに対し、人間同士で殺しあうことの不合理さを訴えるエマ。

しかし世界の安寧の為に聞く耳を持たないアンドリューは催涙ガスで攻撃を開始。

〈逃げなければ [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

この包囲をどうにか突破して脱出するしか道は残されていない。

秘密の道を使って包囲をすり抜け、なんとか襲撃を躱しながら外に出たエマたち。

〈何とか脱出 [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

ユウゴとルーカスの2人がその場にとどまって追手と戦い時間を稼ぐこととなる。

エマたちを見送り、2人は思い出がたくさん詰まったこのシェルターで死ぬ覚悟を固めるのだった。

〈ユウゴとルーカスが時間を稼ぐ [約束のネバーランド 12巻](c)集英社/白井カイウ・出水ぽすか〉

【12巻のまとめ】

「七つの壁」を探し、偶然にも”あの方”に会うことができたエマ。

それからも”あの方”の待つ場所への正しい生き方を探し続け、GFの脱獄から1年8か月後、ついに入り口につながる場所を特定した。

しかしピーター・ラートリーによる捜索の手も迫り、時を同じくしてシェルターが見つかってしまう。

突然の襲撃、包囲を脱しながら冷静に逃げるエマたち。

ユウゴとルーカスがその場に留まり、襲撃者たちと戦って時間を稼ぐ覚吾を固めるのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

集英社/白井カイウ・出水ぽすか
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『約束のネバーランド』全20巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“魔槍”vs”美獣”、”浮雲”vs”血染めの象牙”『ケンガンアシュラ』19巻【ネタバレ注意】

ケンガンアシュラ 19巻 小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫 …

クローネの最期、脱獄計画に最大のピンチ『約束のネバーランド』3巻【ネタバレ注意】

約束のネバーランド 3巻 集英社/白井カイウ・出水ぽすか Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT ~前巻までのあらすじ~ 色々な孤児が集まる「孤児院」・グレイス=フィールド(G …

退屈な日常が突如終わりを告げる『神さまの言うとおり』1巻【ネタバレ注意】

神さまの言うとおり 1巻 講談社/金城宗幸・藤村緋二 Amazon/Kindle楽天 平凡な毎日が突然終わりを告げる。 16歳の高校生、高畑瞬はいつもと同じような退屈に気を倦ませていた。 そんなある日 …

「神罰ババ抜き」で死者続出『神さまの言うとおり弐』18巻【ネタバレ注意】

神さまの言うとおり弐 18巻 講談社/金城宗幸・藤村緋二 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 平凡な毎日が突然終わりを告げた。 明石靖人は親友の青山との喧嘩が原因で学校をサボるが、 …

“浮雲”vs”滅堂の牙”、そして王馬と刹那の過去『ケンガンアシュラ』24巻【ネタバレ注意】

ケンガンアシュラ 24巻 小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!