少年漫画

烏野vs白鳥沢、一歩も譲らぬ激闘はファイナルセットへ『ハイキュー!!』20巻【ネタバレ注意】

投稿日:

 

~前巻までのあらすじ~

ある日「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始めた小柄な少年・日向翔陽。

中学時代は環境に恵まれず、3年最後の大会にようやくメンバーを集めて出場するも、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。

影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校バレーボール部に入部した日向だが、奇しくも影山もチームメイトとなり、他の1年生である月島・山口や主将の澤村、副主将の菅原、2年でムードメーカーの田中、エースの東峰、リベロの西谷らと共に新チームとして始動する。

インターハイ予選では影山の先輩セッターである及川率いる強豪・青葉城西と対戦するもファイナルセットまで突入した激闘の末に惜しくも敗れ、烏野は3回戦で姿を消した。

その青葉城西も王者・白鳥沢に敗れて準優勝となり、乗り越えるべき壁の高さを知った烏野は、次の舞台である春高バレーに向けて3年生全員が部活を続けることを決意する。

さらに強くなるための道を模索するなか、長年のライバル校である音駒ら複数校による東京での合同練習に招待され、音駒に新たに加入した長身の灰羽リエーフや梟谷学園を率いる大エース木兎らライバルたちから貪欲に技術を吸収。

日向は木兎から空中戦での技術を教わり、チームとしても新たな攻撃パターンに挑戦し始めた烏野は春高の一次予選を突破。

全国への切符をかけて強豪が集う代表決定戦が始まり、条善寺・和久谷南を倒して準決勝へと駒を進めた烏野は準決勝で青葉城西相手にリベンジを果たす。

決種の相手はスーパーエース・牛島を柱として個々人のハイレベルな個人技で最高の攻撃力を誇る白鳥沢。

王者・白鳥沢の力にねじ伏せられ、後がない第4セットでは牛島のスパイクにソフトブロックで対抗しラリーが繋がるようになる。

接戦の展開のなか、セット終盤に月島の一人時間差攻撃で烏野がリードを奪う。

果たして試合の行方は―。

 

20巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

烏野vs白鳥沢 激闘の第4セット

着実に牛島にも披露は蓄積している。

山口の次のサーブはネットインとなるも、冷静にスパイクを決める牛島。

しかし疲労が蓄積しているのは烏野も同じ。

影山に疲れが見え始め、何とか月島がフォローしてセットポイントを握るが、不穏な空気が流れ始める。(烏24-22白)

〈今度は牛島のフェイント [ハイキュー!! 20巻](c)集英社/古舘春一〉

一気にセットを取りたい烏野だが、牛島も冷静にフェイントなどを駆使してブレイク。あっという間に同点に追いつかれてしまう。(烏24-24白)

ここから両チーム1点ずつ取り合うが、先に流れを引き寄せたのは牛島。

強烈なジャンプサーブが運よくネットインし、白鳥沢がブレイクしてマッチポイントを握る。(烏25-26白)

1点もやれない場面で西谷が牛島のサーブを何とか拾い、白鳥沢のチャンスボールになるも月島・影山が決死のブロックで同点に引き戻す。(烏26-26白)

〈決死のブロック [ハイキュー!! 20巻](c)集英社/古舘春一〉

烏野はここで日向をコートに戻し、天童からブロックアウトを取ってブレイク。再びセットポイントを握る。(烏27-26)

両チームとも1点を取り合って迎えた影山のサーブ。

軟打で相手を崩し、チャンスボールからのトスがやや短くなるも、日向が何とかフォローして烏野が第4セットを取り返した(烏29-27白)

〈日向が何とかフォロー [ハイキュー!! 20巻](c)集英社/古舘春一〉

劣勢を強いられるファイナルセット

試合はファイナルセットに突入し、烏野は疲れの見える影山をいったん休ませて菅原を投入する。

〈影山を休ませる [ハイキュー!! 20巻](c)集英社/古舘春一〉

西谷がトスを上げ、ほか全員がシンクロ攻撃に出る奇襲で烏野が先にブレイクに成功する。(烏3-1白)

さらに東峰のサービスエースで流れに乗る烏野だが、牛島も5連続得点であっという間に逆転。(烏4-6白)

波に乗る牛島に烏野も月島が執拗にブロックでプレッシャーをかけ続けるが、牛島のスパイクが指先に当たったことで手を負傷してしまう。(烏4-7白)

〈月島が負傷 [ハイキュー!! 20巻](c)集英社/古舘春一〉

悔しさをにじませながら治療のため交代する月島。

守備の要を失った烏野は代わりに成田を投入し、反撃を試みる。

しかし天童の冴えわたるブロックに阻まれ(烏4-8白)と劣勢を強いられてしまうのだった。

〈天堂が立ちはだかる [ハイキュー!! 20巻](c)集英社/古舘春一〉

影山と日向で怒涛の反撃へ

コートチェンジを迎え、牛島のサーブミスに助けられてようやく烏野にサーブが回ってくる。(烏5-8白)

ここで再投入された日向が恐るべき集中力を見せ、ブレイクに成功。

〈集中する日向 [ハイキュー!! 20巻](c)集英社/古舘春一〉

烏野は強気の攻めで追い上げ、(烏7-9白)となったところで影山を再投入する。

ベンチで休息をとった影山のサーブは会心の1本となり、チャンスボールで返ってきた球をそのまま日向にトス。

反応していた日向も天童の頭上から真下にスパイクを打ちおろし、1点差に詰め寄るのだった。(烏8-9白)

〈白鳥沢を猛追 [ハイキュー!! 20巻](c)集英社/古舘春一〉

【20巻のまとめ】

第4セットを何とか奪い返し、勝負はファイナルセットへ突入。

疲れの見え始めた烏野、さらにブロックの要である月島が手を負傷して治療のためにベンチに下がり、一時リードを奪われる苦しい展開に。

影山と日向のコンビで猛追する烏野、果たして勝負の行方は―。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『ハイキュー!!』全45巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オリバとゲバルの決闘、バンダナを離したら負け『範馬刃牙』6巻【ネタバレ注意】

範馬刃牙 6巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 地上最強の生物と謳われる父、勇次郎との決闘へ向けてトレーニングに励む刃牙。 全盛期のアイアン・マイケルとのシャ …

勇次郎と江珠の過去、刃牙は最強部隊との戦闘へ『グラップラー刃牙』15巻【ネタバレ注意】

グラップラー刃牙 15巻 勇次郎と江珠の過去、刃牙は最強部隊との戦闘へ あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙。 その …

泥門 vs 王城 宿命の再戦『アイシールド21』24巻【ネタバレ注意】

アイシールド21 24 (ジャンプコミックス) posted with ヨメレバ 稲垣 理一郎 集英社 2007-04-04 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ 光速 …

山王にペースをつかませない怒涛の攻撃『スラムダンク』26巻【ネタバレ注意】

スラムダンク (26) (ジャンプ・コミックス) posted with ヨメレバ 井上 雄彦 集英社 1995-12-01 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ 赤髪 …

勇次郎と武蔵の立ち会い『刃牙道』10巻【ネタバレ注意】

刃牙道 10巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 勇次郎との決闘を終え、欠伸の止まらない日々を過ごす地下格闘士たち。 しかしスカイツリーの地下研究施設で武蔵のク …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!