青年漫画

極限状態、本能のままに登る文太郎!不死身のソロクライマーの行く果ては…『孤高の人』17巻(完)【ネタバレ注意】

集英社/ 坂本眞一・鍋田吉郎・新田次郎

 

~前巻までのあらすじ~

横須賀北高校に転校してきた森 文太郎は根暗で周囲を拒絶していたが、山岳部の宮本に絡まれたことをきっかけに命綱なしで校舎をよじ登り、それ以来登山にハマっていくこととなる。

顧問であり自身も日本有数のクライマーでもある大西先生は単独で命を投げ出すような危険な登り方をしたがる文太郎を気にかけ、登山の基礎や技術を教えながらインドアクライミングの大会に文太郎を出場させた。

そこで文太郎は初心者ながらも見事なクライミングを見せ、以前いた高校ではクラスメイトの自殺現場に居合わせたことから殻にこもるようになったという過去があるものの、クライミングを通じて徐々に人としても変わり始める。

大西先生のもとでクライミングの基礎と技術を学んだ文太郎だが、遭難しかけた自分を救助しようとしていた大西先生が落石事故で亡くなってしまう。

それでも山への憧れを抑えられない文太郎はソロクライマーとして生きることを決意し、2年後、文太郎は派遣社員として冷凍倉庫で働きながら全てを登山のために捧げるストイックな生活を送るように。

大西先生の追悼登山ではその見事な登りっぷりが評価され、資産家で登山家の二宮から人類未踏の氷壁であるK2東壁の完登を目指すチーム「14マウンテン」にスカウトされる。

1人で登りたい文太郎だったが、悪女と化していた夕実との再会を機に女の誘惑が頭をよぎるようになり、山に集中するためそのスカウトを受けることに。

しかし隊のなかで文太郎は孤立し、文太郎以外全員命を落とす結果となった。

なかでも大怪我を負った隊員・新美を数日間看病しその最期まで看取った文太郎は、孤独に生きることを決意し単独で縦走を完遂。

4年後、文太郎は冬の富士山の観測の仕事にありつき、仕事を真面目にこなしながら山のトレーニングを継続している。

後輩の建村が熱心に文太郎をK2へ誘うが、文太郎はあくまで1人での行動を貫く考えを持っている様子。

良き理解者との出会いを機に大学の研究チームに正式に採用された文太郎は、今後の準備資金として渡されたお金を持ってクライミングの聖地でもある城ヶ崎での調査へ。

そこで建村を通じて文太郎に目を付けていた高校時代の旧友である宮本と夕実らと再会を果たした。

しかし宮本は口先だけで実はフランスには行っておらず、また文太郎の大事な準備資金である現金を持ち逃げしてしまう。

一方、建村も夕実の誘惑に溺れ、叶わぬ恋に思いをはせることとなる。

その3年後、不死身のソロクライマーとして世界的に有名な登山家になった文太郎。

だが同じ研究チームの花という女性と運命の出会いを果たして結婚、婿入りし、今は最愛の人の支えを胸に「必ず生きて帰る」という強い覚悟を持っていた。

子供もでき、愛する家族のために身を捧げるようになった文太郎。

だが建村との再会を機に再び波乱に身を置くこととなる。

過酷なトレーニングや危険を顧みないアタックの連続で、いつ命を落としてもおかしくない状況に身を置き続ける建村。

そんな建村を死なせないため、パートナーとして共にK2東壁へ挑戦することになり、スポンサーとの約束として挑戦の様子をネットで中継することを決めていた建村に振り回されながら登頂が始まった。

だが高度障害の症状を抱えながらもドーピングで登山を強行した建村は巨大な氷塊を攻めている際に滑落し宙づりの状態となってしまい、最後は氷塊の崩落に巻き込まれて命を落としてしまう。

奇跡的に無事だった文太郎は再び孤独となり、念願だったフリーソロで未踏の大雪原を堪能しながら山頂を目指すことに。

しかし未経験の標高では大自然の猛威が容赦なく襲い掛かり、天候も急激に悪化。

頂上まであと少しというところで文太郎は激しい葛藤の末、文太郎は涙を飲んで家族のために降下することを決意した。

 

最終巻のあらすじを振り返ってみましょう。

本能に従い完登

文太郎にさえも低体温症が現れはじめるが、まだ消耗しきってはいない。

判断能力や思考力が低下していくなか、生きて帰るために無心で歩を進める文太郎。

しかし氷壁を懸垂下降している際、タイミング悪く吹いた吹雪によってザイルが崖下に飛ばされて行ってしまった。

「孤高の人」17巻©集英社/ 坂本眞一・鍋田吉郎・新田次郎

ザイル無しではさすがの文太郎でも降下は現実的ではなく、このまま人の生きていけない領域で死を覚悟する。

そんななか、文太郎の脳裏には走馬灯や大人になった娘の姿が浮かび、家族への謝罪とともに意識が遠のいていく。

だが意識が混濁した文太郎は、ここから子供のように純粋な本能にのみ従って山頂を目指し始める。

再び意識を取り戻したとき、文太郎は既に氷壁の天辺近くにまで来ていた。

「孤高の人」17巻©集英社/ 坂本眞一・鍋田吉郎・新田次郎

あとは命のある限り、一歩でも前へ進むのみ。

そしてついに文太郎はK2東壁ルートからの完登を果たしたのだった。

「孤高の人」17巻©集英社/ 坂本眞一・鍋田吉郎・新田次郎

エピローグ:不死身のソロクライマーの死

1年後の夏、文太郎の姿は槍ヶ岳の見える上高地にあった。

K2東壁から山頂を陥れた文太郎は、重度の高度障害を抱えていたものの、南東稜のノーマルルートに残されていた別の隊のロープや僅かな食料と装備を回収しながら這いずるように生還。

「孤高の人」17巻©集英社/ 坂本眞一・鍋田吉郎・新田次郎

だが生還の代償として凍傷で両足と右手の指の大半を失い、もはや普通に歩くこともできなくなっていた。

不死身のソロクライマーは死んだ。

だが山を純粋に愛する想いは文太郎のなかで生き続けているのであった。

【17巻(完)のまとめ】

降下に失敗したことで生き延びるには登らなければならなくなった文太郎。

低体温症や重度の高度障害に襲われながらも本能に従うままに登り続け、ついに山頂を陥れることに成功した。

他の隊が残していた装備や食料を回収しながら生還したが、その代償は大きく、凍傷で両足と右手の指の大半を失い、もはや普通に歩くこともできなくなっていた。

不死身のソロクライマーは死んだ。

しかし山を純粋に愛する想いは文太郎のなかで生き続けているのであった。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

集英社/ 坂本眞一・鍋田吉郎・新田次郎
\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考孤独を愛し、山に魅せられた男の青春と切迫したドラマを描く山岳漫画の金字塔『孤高の人』全17巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ