青年漫画

最後に漢を見せたケンがユキを救出、彼岸島に散る『彼岸島』29巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

宮本青果店の店長の息子である宮本明は、謎の女青山冷との出会いで数年前に婚約者と共に行方不明になった兄が冷の故郷である彼岸島で生きていることを知る。

その島は吸血鬼たちに侵された島であり、冷も母と妹を吸血鬼たちに人質にとられていた。

明の兄と冷を助けるため、明は幼馴染のケン・ユキ・西山・加藤・ポンたちや知人たちを集めて彼岸島へ乗り込み篤と再会を果たすが、吸血鬼と化した村人たちの奇襲や血が不足したことで狂暴化した邪鬼、そしてその邪鬼をもサイコジャックで手懐けるボス・雅が立ちはだかる。

2年前に雅を解放したことで全ての悪夢が始まった経緯をもつ篤が死闘の末に雅の首を切り落とすことに成功するも、強い生命力を持つ雅によって脱出は阻まれてしまう。

逃げ遅れていたポンも雅の手によって邪鬼のなりそこないである醜悪な亡者となって命を落とし、明はそのまま篤の師匠でもある島のレジスタンスのリーダーに弟子入りし、8か月が経った。

強くなった明だったが、雅たち吸血鬼たちとの戦いを経て篤や冷が命を落としてしまう。

冷の父にして先住の吸血鬼一族の生き残りであった師匠はレジスタンスのリーダーとして吸血鬼との全面戦争を決めた。

雅の不死を無効化する「501ワクチン」を手に入れ、1つずつ吸血鬼の集落を奇襲して潰すゲリラ作戦を取る明たち。

雅の右腕にして他の吸血鬼の血を混入した混血種(アマルガム)である斧神が立ちはだかるなか、3つの集落を潰すことに成功する。

他方、生き残っていたケンと合流し囚われたユキの居場所も掴むが、ケンは運悪く吸血鬼ウイルスに感染してしまう。

ユキが囚われている難攻不落の要塞寺に単独で潜入したケンはユキを発見するが、その場には雅もいた。

雅を誘い出した隙にユキを救出したいケンだったが、陽動は失敗。

人質の命を守る為、雅の前に姿を晒す決意を固めるのだった。

 

29巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

ケンとユキを閉じ込める雅

ケンがユキと知り合い、さらに吸血鬼であることを見抜いた雅は余興を思いつき2人を牢に閉じ込める。

裸で囚われ、多くの吸血鬼たちが集まるなか、雅の命令でケンに食塩水が注射される。

吸血鬼にとってはしばらく動けないほどの激痛を伴い、さらに猛烈に血が吸いたくなる効果があった。

ケンが自らの手でユキの血を吸い殺してしまうところを楽しむのが雅の狙い、ケンの理性と我慢が試されるのであった。

自ら死を選んだケン

血の渇きを必死に我慢しながら耐えるケンだが、雅が小刀をユキに投げ、ユキから血が出たことで理性が決壊。

ユキの血を思い切り吸って正気を取り戻したケンは激しい後悔に襲われるが、まだまだ渇きは収まらない。

どんなに我慢しようとしてもいつの間にか自分を抑えきれずにユキの血を吸ってしまう。

血を吸われ過ぎて衰弱するユキ。

耐えられなくなったケンは意を決し、自分の心臓を抜き出す。

ユキを殺さないためには、自決しか方法は残されていないのだった。

ユキを救出、ケンが彼岸島に散る

雅は自分の期待を裏切られ憤慨し、ショーはお開きに。

片づけを始めた吸血鬼たちは生き残ったユキを凌辱しようとするが、心臓を抜き出してなお生きていたケンが精神力だけで立ち上がり抵抗。

そのままユキを連れ2人で逃走を図る。

吸血鬼たちの追撃を凌ぎながら要塞の外壁を目指し、外で待機している明たちのところを目指すケン。

瀕死の状態ながらもユキだけは助けるべく、自分の身を挺して守りながら外壁の上から明を呼ぶ。

そしてユキを明の方へ投げて渡し、息絶えるのだった。

雅を倒すため明が乗り出す

ケンの死に怒りと悲しみがこみ上げる明だが、ユキを戦いに巻き込まないためにいったん退却。

ユキの口からあの集落に雅がおり、ケンが雅にやられたことを知った明は、ワクチンを手に単独で雅と決着をつけに行くことを決める。

今や折れていた腕は全快、万全の状態になった明が要塞の正面から乗り込み、護衛の僧兵たちも一蹴。

その護衛隊長を脅迫し、雅が集落の奥にある五重の塔にいることを突き止めるのだった。

【29巻のまとめ】

雅に囚われたケンとユキ。

ケンが最後に漢を見せ、ユキを助け出して命を落とした。

ユキの口から雅がここにいることを知った明は、雅との決着をつけるためワクチンを手に単独で要塞寺へと乗り込むのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『彼岸島』全33巻のまとめに戻る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ