青年漫画

旭と河丸の直接対決、夏之の勇姿、関東大会が終わり次の目標はインターハイへ『あさひなぐ』23巻【ネタバレ注意】

~前巻までのあらすじ~

二ツ坂高校1年の東島旭は中学まで美術部だったものの、「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム」という謳い文句に感激し、薙刀部に入部した。

インターハイ予選ではダークホースである國陵に敗れてしまい、3年生が引退してエースの宮路真春、部長の野上えり、2年の大倉文乃、1年で剣道経験者の八十村将子、初心者だが長身の紺野さくらと共に新たな体制でスタートを切る。

本格的な薙刀の練習が始まり、二ツ坂が薙刀教士・寿慶やその紹介で来た元インカレ優勝者の福留やす子を指導者に迎え、厳しい稽古を乗り越えていく旭たち。

他方、國陵は部内の空中分解の危機を乗り越えながらプレースタイルもガラっと変えた部長の寒河江、熊本からきた孤高のエース寧々、薙刀経験者の的林を主軸に選抜大会の団体戦全国3位を果たし、その他にも巨体の1年生薬師丸擁する聖泉や、個人戦最強の戸井田奈歩率いる絶対王者の熊本東、そしてその熊本東から団体戦で金星を挙げた出雲英豊など、ライバルが続々と登場。

そして旭たちは2年になり、藤ヶ丘高校の監督の娘でサラブレッドの愛知、ボーイッシュで勢いのある等々力、虚弱で存在感のない座敷わらしのような大工原の3人が新たに入部。

実力主義を掲げた愛知の発案で今度のインハイ予選の団体メンバーの座をかけて全員による部内戦が行われることとなり、自分の実力のなさが露呈して精神的に限界を迎えてしまった野上が途中棄権。

見かねた紺野が野上に寄り添い、少しでも負担を軽くするために部長の座を譲り受けることとなる。

全ての部内戦が終わり、インハイ予選団体戦のメンバーが決まった。

自信満々でメンバー入りした愛知は精神的な脆さを露呈するハプニングがありながらも心を入れ替えチームに溶け込む。

個人戦でも真春が個人戦優勝を果たすが、藤ヶ丘との団体戦で相手と交錯して前十字靭帯断裂という選手生命に関わる大ケガを負ってしまった。

真春不在のなか二ツ坂は國陵との決勝まで勝ち進み、両者譲らず代表戦へ。

代表戦では旭は寧々と激闘を繰り広げ、6回にも及ぶ延長の末に旭が寧々を破り、二ツ坂が悲願の優勝。

病院で診察を受けた真春は、これからの選手生命を考えるならインターハイを諦めてすぐに手術するか、保存療法で激痛への恐怖というリスクを負いながらもインターハイに出るのか難しい選択を迫られることとなる。

インハイ予選が終わり、旭と夏之だけ関東大会の本戦へと臨むが、やす子はインターハイ予選までという本来の約束を果たして指導から離れてしまった。

仲間も頼れる監督もいないなか、見知らぬ土地で不安いっぱいの旭。

そこで武士のような心意気を持つ選手・河丸と新たな出会いを果たし、関東大会が開幕。

その河丸は喘息を抱えながらも寧々を予選リーグで圧倒するほどの実力者だった。

辛くも決勝トーナメントへと勝ち進んだ旭は、その河丸と戦うこととなる。

他方、真春はやす子に監督への復帰を依頼するが、やす子は大学時代の過去を引きずっている様子。

当時後輩の山吹と共にチームを引っ張っていたやす子は、山吹が前十字靭帯断裂の大怪我から完全に回復していないことを知りながら山吹を頼り、現役引退に追い込んでしまった負い目があった。

今やその山吹は結婚し、インハイ島根代表の出雲英豊の監督、その足の怪我がまだ疼いているのであった。

 

23巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

旭vs河丸

試合開始早々に一本を許しながらも、必死に河丸に食らいついていく旭。

二本目を許さず試合終盤には河丸にぜん息の症状が現れはじめる。

幼いころからぜん息に苦しんできた河丸は、何となく通いはじめた薙刀道場で恩師であるキクに出会い、「強ければ強いほど早く終わる。始まって5秒で勝てる、侍のような選手になるんでしょうね」という言葉に支えられてここまで強くなった。

キクがこの世を去ってからもその言葉を胸に、強い侍を目指してたった1人で研ぎ澄まし続けてきたのである。

試合時間は残り10秒、再び脇構えで勝負に出る河丸に対して旭も上段構えで応じる。

残り1秒で河丸が二本目を奪い、旭は完敗。

実力の差に圧倒される旭をよそに、河丸はぜん息のためその後の試合を棄権した。

試合後、河丸はぜん息に気付きながらも最後まで全力で勝負してくれたことに感謝しつつ、自分は旭のように仲間と共に全力で稽古できないが、一生自分を研ぎ澄ます薙刀を続ける意思を口にする。

インターハイも予選で体調不良を抱えていた河丸は不参加、それでも薙刀が好きならまたどこかで必ず会えると再戦を誓い合うのであった。

団体戦は國陵が優勝

國陵が団体戦決勝へ勝ち進み、勝っても負けても寒河江たち3年にとっては最後の試合となる。

これまでの全てを出して戦う団体戦、寒河江は引き分けに終わり、大将の寧々に勝負は託された。

寧々が二本勝ちを収めて國陵が団体戦優勝を飾る。

寒河江は最後まで寧々におんぶに抱っこだった展開を笑いつつ、引退する寂しさが込み上げると涙が溢れるのだった。

男子のオープン種目

オープン種目である男子の大会が始まる。

優勝旗もトロフィーもないが、男子にとってはインターハイと同じくらい大事な勝負の機会。

5年振りの公式戦に身体が震える夏之だが、旭に胸を張れる自分であるために勇気を出してコートへ。

コートのなかにはかつて自分が怖れた劣等感や無力感もないもなく、夏之は初心者を相手に連勝。

準決勝では兄弟子の乃木と対決することとなる。

格上の乃木に敗れてしまうものの、自分を出しきった夏之は満足したのだった。

関東大会の表彰式

関東大会の結果、女子個人戦は旭がベスト8、団体戦は國陵が優勝。

男子では乃木が優勝し、夏之は3位。

運営側のサプライズで男子にも賞状とトロフィーが用意され、乃木はこれまでの自分の頑張りが形として報われたことに感極まってトイレで号泣する。

夏之は優勝して旭に告白する誓いは果たせなかったが、そのことを忘れるほど試合で薙刀に熱中していた自分に気付き、今は薙刀に集中することを決意。

他方、夏之の気持ちを知りながら大会で夏之の勇姿を見届けた旭は、自分も夏之が好きだとハッキリと意識するのであった。

やす子の再任を信じて

後輩の山吹に無理を強いて現役引退に追い込んだ負い目を感じているやす子は、「一度勝利から逃げた自分は勝負の世界には戻れない」と、二ツ坂の指導に戻らない考えを明かす。

指導者不在のなかいつもどおり自分たちで稽古をするが、真春は突然膝が抜けるような感覚に襲われ、誰もそれをフォローしてやれず不安が残る。

さらにインターハイ前の合宿や選手・監督の登録の締切が近づいていた。

仕方なく小林先生の名前を用紙に書こうとするも、誰も小林先生の下の名前を知らない。

思い立った旭は、祈りを込めて監督の欄に勝手にやす子の名前を書くのであった。

【23巻のまとめ】

旭は河丸に完敗を喫するも、2人はいずれまたどこかで会おうと再戦を誓う。

団体戦は國陵が優勝を果たし、寒河江たち3年は最後の大会で有終の美を飾った。

オープン種目の男子の大会では夏之が5年ぶりの大会で3位に入賞。

兄弟子である乃木に敗れ優勝と旭への告白は叶わなかったが、夏之には薙刀への熱意が蘇り、その勇姿を見ていた旭も夏之をハッキリと意識するようになった。

次の目標はいよいよインターハイ、しかし二ツ坂は指導者が不在で不安が残る。

旭たちはやす子の再任を信じて待つのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考高校部活界のアメリカンドリーム?運動音痴な女子の青春が薙刀で花開く!『あさひなぐ』全34巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ