青年漫画

日本一のジャズバーへの出演を夢見て、腕試しで思わぬ壁にぶち当たる『BLUE GIANT』7巻【ネタバレ注意】

投稿日:

 

~前巻までのあらすじ~

宮城県仙台市に住む高校生・宮本大は友人の勧めで初めて訪れたライブハウスでジャズの演奏に心を打たれ、サックスプレーヤーを目指すことを決意。

「世界一のジャズプレーヤーになる」という夢に向かい、兄・雅之がローンを組んでプレゼントしてくれたサックスで毎日学校帰りに河原で練習し続けた大は、ジャズバーのマスターから音楽教室の講師:由井を紹介される。

音楽で人を圧倒できる才能を大に見出した由井は、世界一のジャズプレーヤー「ブルージャイアント」になれると信じて厳しいレッスンを課し、大もそれに応えてメキメキと上達していった。

高校卒業後は本気でジャズの世界に進むために東京へ進出した大は、同じく東京の大学に進学した親友の玉田の家に間借りしながら、ゼロから新たな生活のスタートを切った。

そしてサックスを修理に出す間立ち寄ったジャズバーで、大は同じ年代の天才ピアニスト・沢辺と運命的な出会いを果たし、共にジャズに情熱を注ぐ若者同士コンビを組むこととなる。

そして大に触発されるようにして玉田もド素人ながらドラムの練習を始め、「音楽をやりたい」という気持ちに目覚めた。

若者としてジャズの世界をリードするために最短距離を進むという目標を持ち、才能のない者を拒絶しようとする沢辺を大が説得し、上手くなるという条件でバンドへの加入を認められた玉田。

大・沢辺・玉田による3人のバンドが第一歩を踏み出し、練習を重ねて少しずつ玉田も上達していく。

そして沢辺が初めてのオリジナル曲を作り上げ、アキコの強力のもと3人での初ライブが実現した。

知名度はなく客入りも少ないが、それでも精一杯観客を魅了する大と沢辺。

玉田は2人とのセッションで何もできなかったことで僅かながら積み重ねてきた自信を失いかけるが、それでも前を向いた。

3人のバンド名は「THE JASS(ジャス」となり、少しずつ確実にファンを増やしていく。

そして沢辺に目をかけていた有名ギタリストの川喜田がJASSのライブを見に来た際、大たちの演奏に触発されて飛び入りセッションすることとなるのだった。

 

7巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

川喜田とのセッションを経て名が売れる

川喜田が飛び入りし、大を焚き付ける沢辺。

〈川喜田との勝負 [BLUE GIANT 7巻](c)集英社/古舘春一〉

互いに本気の演奏での勝負となり、川喜田のことを知らない大はその演奏に驚きながらも堂々と渡り合った。

ライブ後、大の演奏に圧倒され内心敗北感を抱いた川喜田はJASSについてTwitterに投稿、これがよい宣伝となってファンが増えていく。

〈ファンが増えていく [BLUE GIANT 7巻](c)集英社/古舘春一〉

そして着実に上達している玉田にも、その成長を楽しみにする常連客のファンができた。

客を多く呼び込めたことで初めてまとまった額のギャラを手にする3人。

〈ギャラに感謝 [BLUE GIANT 7巻](c)集英社/古舘春一〉

玉田はそのギャラでドラムの先生に差し入れを、そして沢辺は母と世話になっているアキコに花束を、大は妹にフルートを贈るのだった。

So Blueのステージを目指す沢辺

ライブと練習を重ね、少しずつ自分をさらけ出すソロ演奏に磨きをかけつつ、現状に満足せずに更なる高みを目指す大。

沢辺はそんな大に比べ、自分が無意識で流れるようなソロ演奏ができていないことに焦りを感じ始める。

〈ソロの壁にぶち当たる沢辺 [BLUE GIANT 7巻](c)集英社/古舘春一〉

一方の玉田もソロ演奏の練習を始めた。

観客や他のジャズプレーヤー達をも魅了し、そして自分たちのライブの為に新曲作りにも着手する。

そんななか、沢辺はずっと胸に抱いている「10代のうちにSo Blueのステージに立つ」という目標を実現するため川喜田のもとを訪ね、So Blueの担当者への取次ぎを依頼する。

〈So Blueへの取次ぎを依頼 [BLUE GIANT 7巻](c)集英社/古舘春一〉

本気でSo Blueを目指す沢辺の熱意を認め、川喜田は平という支配人を紹介。

そして平から沢辺に連絡があり、JASSのライブを見に来てもらえることとなった。

〈So Blueの平がついに見に来る [BLUE GIANT 7巻](c)集英社/古舘春一〉

どのライブも全力だが、今回はさらに特別。

沢辺はひとり気負うのだった。

沢辺に浴びせられた思わぬ言葉

平が見に来たライブ、JASSはいつも通り全力を出して観客を盛り上げる。

〈演奏に聴き入る平 [BLUE GIANT 7巻](c)集英社/古舘春一〉

ライブ後、隣のバーに呼び出された沢辺は平と対面を果たし、期待に胸を膨らませて自分たちの評価を聞く。

玉田の懸命なプレーと大の持つ才能と可能性に好感を持っていた平だが、沢辺には厳しい言葉が投げかけられた。

〈沢辺にかけられた厳しい言葉 [BLUE GIANT 7巻](c)集英社/古舘春一〉

小手先の技術だけで面白くない演奏、自分をさらけ出すソロ演奏が全くできていない、音楽以前に他人をバカにする態度や、川喜田を頼って直接オファーしてこなかった卑しさ、全てが気に入らない。

容赦なく浴びせられた厳しい言葉に呆然とする沢辺。

悔しさに涙を流しながらも、その真っすぐな言葉に裏付けされたSo Blueの音楽に対する実直な構え方を痛感し、感謝の念を抱くのだった。

〈敷居の高さを痛感する [BLUE GIANT 7巻](c)集英社/古舘春一〉

ボーナストラック

玉田:JASSとしてプレーしたときの思い出を語る。当時は演奏から理解できた大の感情が今や全くわからなくなり、常に凄いと思わせる演奏をする大の姿に真のプロフェッショナルを感じているようだ。

【7巻のまとめ】

川喜田とのセッションを経て着実にファンを増やすことに成功した大たち。

そして沢辺は「10代のうちにSo Blueのステージに立つ」という秘めた夢を実現させるために川喜田を通じてSo Blueの支配人・平とコンタクトを取ることに成功した。

平に直接ライブを見てもらい、自分たちを売り込もうと躍起になる沢辺。

しかし平は玉田の懸命さと大の持つポテンシャルを評価しながらも、小手先だけのテクニックに頼る沢辺の演奏を否定し、さらに音楽や他人への態度をも戒めた。

思わぬ言葉に呆然とする沢辺、しかし純粋に音楽に真っすぐ向き合うSo Blueの敷居の高さを改めて痛感し、敬服するのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『BLUE GIANT』全10巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

悪党だけを狙う少年窃盗団『ギャングース』1巻【ネタバレ注意】

ギャングース 1巻 講談社/肥谷圭介・鈴木大介 Amazon/Kindle楽天 不遇の人生を送ってきた3人の少年が窃盗団「バックスカーズ」を結成し、悪党だけをターゲットに強盗や窃盗を敢行していくクライ …

ムルワカの覚醒と菅平の執念『ONE OUTS』13巻【ネタバレ注意】

ONE OUTS-ワンナウツ- 13巻 集英社/甲斐谷忍 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ リカオンズ悲願の優勝を目指す”悲運の天才打者”児島は、ミニキャンプに来た …

獅子神の復讐と償い、そして悲劇『いぬやしき』5巻【ネタバレ注意】

いぬやしき 5巻 講談社/奥浩哉 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 職場でも家庭内でも立場がない冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎は、ある日犬の散歩中に高校生・獅子神皓と共に宇宙人 …

ミサキと再会、初めてのアルバイトが決まる『ザ・ファブル』3巻【ネタバレ注意】

ザ・ファブル 3巻 講談社/南勝久 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ 裏稼業専門の組織、通称「ファブル」がしばらく休業を決め、プロの殺し屋であるアキラとヨウコは一般 …

キー坊が準決勝進出、そしてガルシアも自由を勝ち取る『高校鉄拳伝タフ』31巻【ネタバレ注意】

高校鉄拳伝タフ 31巻 集英社/猿渡哲也 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ 兵庫県に住むキー坊は古武術・灘神影流の継承者で地元の不良や暴走族も敵わない高校生。 ある …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!