青年漫画

”怪物を超えた怪物”は静虎の双子の兄、鬼龍『高校鉄拳伝タフ』35巻【ネタバレ注意】

投稿日:

 

~前巻までのあらすじ~

兵庫県に住むキー坊は古武術・灘神影流の継承者で地元の不良や暴走族も敵わない高校生。

ある日キー坊は父・静虎に鍛えられながら様々な格闘家たちとの戦いを通じて奥義を会得していく。

灘神影流と過去に因縁のあるアイアン木場に惜しくも敗れたキー坊だが、その木場もキー坊と年齢の近い格闘家ガルシアとの2度にわたる試合に敗れ、命を落とした。

キー坊は決闘を経て戦友となったキックボクサーのギャルアッドもガルシアに壊され、キー坊はガルシアに激しい敵意を燃やすようになるなか、木場の遺言で開催された「地上最強のホモ・サピエンス」を決めるトーナメント・TDKに出場することが決まる。

ガルシアを始め有名格闘家が一堂に会する大会となり、惜しくも2回戦で敗北を喫したキー坊だが、アイアン木場の息子・真一との特別試合を制して敗者復活。

一方、”怪物を超えた怪物”と畏怖される実の父親との接見を願い闘うガルシアは、準決勝で朝昇を撃破し決勝へ進出する。

静虎が自分の父ではないかと推理し接触するが、静虎はあくまで「息子は熹一のみ」と否定。

しかし何らかの関係があるのは確かなようだ。

静虎がセコンドにつき、準決勝で格上のゴードンを撃破、奇跡的な決勝進出を決めたキー坊。

しかし勝利の花道に新横浜プロレスの祠部矢が乱入し、勝利のムードに水を差す。

祠部矢は団体再建を懸けてキー坊に喧嘩を売り、屈辱を晴らすためにリベンジを決意したキー坊。

高石と共に新横浜プロレスとの決闘に勝利を挙げるが、その勝負を静虎と関係のある謎の男が見守っていたのだった。

 

35巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

「怪物を超えた怪物」鬼龍

新横浜プロレスをキー坊にけしかける画を描いていたのは、途中で退出した謎の男。

〈男の正体は「怪物を超えた怪物」 [高校鉄拳伝タフ 35巻](c)集英社/猿渡哲也〉

まさにその男こそ、「怪物を超えた怪物」と呼ばれる男・宮沢鬼龍だった。

 

静虎の双子の兄にあたる鬼龍は容姿も静虎とそっくりながら、性格は真逆。

そんな鬼龍にギルモア博士はガルシアの廃棄処分を依頼し、鬼龍がガルシアの前に姿を現すのだった。

〈静虎と瓜二つの鬼龍 [高校鉄拳伝タフ 35巻](c)集英社/猿渡哲也〉

静虎に扮しガルシアを焚き付ける鬼龍

静虎の姿をしながらガルシアに「怪物を超えた怪物とは自分のことだ」と名乗り出る鬼龍。

父との対面を果たし喜ぶガルシアだが、問答無用でガルシアに攻撃を仕掛ける。

鬼龍は親子としての愛情を否定すると、裏切られたガルシアの目には憎しみが宿っていく。

〈ガルシアの憎悪を煽る鬼龍 [高校鉄拳伝タフ 35巻](c)集英社/猿渡哲也〉

「私の息子は宮沢熹一だけだ」

その言葉にガルシアはキー坊との決勝戦に強い想いを抱くこととなるのだった。

〈父を振り向かせたいガルシア [高校鉄拳伝タフ 35巻](c)集英社/猿渡哲也〉

鬼龍がキー坊にかけた「殺しの烙印」

静虎の姿をしたままキー坊の前にも姿を見せた鬼龍。

キー坊はすぐに実の父ではないことを見破るが、鬼龍はキー坊の胸に「殺しの烙印」を残し、去っていった。

〈キー坊にも手を出す鬼龍 [高校鉄拳伝タフ 35巻](c)集英社/猿渡哲也〉

「いずれ鬼龍が殺しに行く」というロックオンのサイン。

それを見た静虎は何を想うのかー。

〈殺しの烙印 [高校鉄拳伝タフ 35巻](c)集英社/猿渡哲也〉

すべてはTDKの決勝で明らかとなる。

静虎と鬼龍が相まみえる

決勝の舞台は死斗島という無人島に建設された円形闘技場。

決勝まであと5日。

キー坊がアイアン木場の墓参りに訪れると、そこには墓に手を合わせる静虎の姿があった。

すると同じ容姿をした鬼龍も静虎の前に姿を現す。

〈静虎と鬼龍が対峙 [高校鉄拳伝タフ 35巻](c)集英社/猿渡哲也〉

父と鬼龍が一卵性双生児であること、鬼龍が灘神影流を離れ殺人に手を染めていることを初めて知るキー坊。

鬼龍に対し激しい敵意を向ける静虎が自ら仕掛けるが、静虎は自らの手で誰かを殺す覚悟はできていない。

〈静虎の心理を読む鬼龍 [高校鉄拳伝タフ 35巻](c)集英社/猿渡哲也〉

静虎の心理を読み切った鬼龍は「お前が殺人者になれるのは愛息 熹一が死んだときだ」と告げ、殺しの烙印をキー坊につけた意図を明かす。

2人の会話を傍で聞いていたキー坊は居ても立っても居られず乱入し、鬼龍に喧嘩を売るのだった。

〈キー坊が割って入る [高校鉄拳伝タフ 35巻](c)集英社/猿渡哲也〉

【35巻のまとめ】

新横浜プロレスをキー坊にけしかけたのは、「怪物を超えた怪物」と称される男、宮沢鬼龍だった。

静虎の双子の兄である鬼龍は静虎に扮してガルシアのキー坊に対する敵意を煽り、さらにキー坊にも「殺しの烙印」をつける。

決勝まであと5日。

アイアン木場の墓前で静虎が鬼龍と相まみえるが、2人の喧嘩にキー坊も割って入るのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『高校鉄拳伝タフ』全42巻のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国立と軍司、それぞれの治療計画『医龍』19巻【ネタバレ注意】

医龍 19巻 国立と軍司、それぞれの治療計画 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 女性として教授に上り詰める野望をもつ加藤が天才外科医の朝田とオペ看のプロであるミキを …

キー坊vs木場真一 敗者復活を懸けたボイラー室マッチ『高校鉄拳伝タフ』30巻【ネタバレ注意】

高校鉄拳伝タフ 30巻 集英社/猿渡哲也 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ 兵庫県に住むキー坊は古武術・灘神影流の継承者で地元の不良や暴走族も敵わない高校生。 ある …

リュウオウ vs 新勢力 集団戦勃発『奴隷区 僕と23人の奴隷』5巻【ネタバレ注意】

奴隷区 僕と23人の奴隷 5巻 双葉社/オオイシヒロト・岡田伸一 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 口につけて勝負をすると、勝者が敗者を絶対服従の奴隷にすることができる悪魔の装置 …

オニ平との特訓を経て狂獣・左門と激突『高校鉄拳伝タフ』5巻【ネタバレ注意】

高校鉄拳伝タフ 5巻 集英社/猿渡哲也 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ 兵庫県に住むキー坊は古武術・灘神影流の継承者で地元の不良や暴走族も敵わない高校生。 ある日 …

隠れる、立ち向かう、罠を作る、生き残る道は?『悪の教典』8巻【ネタバレ】

悪の教典(8) (アフタヌーンKC) posted with ヨメレバ 烏山 英司 講談社 2015-05-07 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻までのあらすじ~ スケープゴートの …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!