青年漫画

彩珠学院vs聖母学苑、運にも助けられ格上相手に粘りを見せるが…『ラストイニング』5巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

インチキセールスマンとして生計を立てていた元高校球児の鳩ヶ谷圭輔は、勤めていた会社摘発された際にスケープゴートにされて留置所で勾留されてしまう。

思えば13年前の甲子園県大会予選準々決勝にて、「大切なのは勝ち負けよりも高校生らしいひたむきさ」を持論とする審判・鶴ヶ島の判定に激高して全力で殴りつけてからが転落人生の始まりだった。

そんなとき鳩ヶ谷の出身校である彩珠学院の野球部元監督で今は校長を務める狭山が鳩ヶ谷への面会に訪れ、弱小と化した野球部の再建を託されることに。

彩珠学院の経営監査を任せられている美里ゆり子が不良債権である野球部の廃部を主張するなか、狭山は理事長に掛け合って「来年の夏までに甲子園に出場できれば野球部の存続を認める」という約束を取り付け、鳩ヶ谷は監督としてチームを指揮することに。

独自のやり方で練習させる鳩ヶ谷の手腕に早速OB会や父母が不振感を抱くなか、秋季大会には出場しないことを決め、エース日高をうまく手なずけて独自の練習法を浸透させていく鳩ヶ谷。

練習試合では「毎回1点だけ取られる」というゲームでピンチの切り抜け方や主導権の握り方を学ばせ、打撃ではボールを見極めることを徹底的に仕込んでいく。

さらに偶然草野球で特大ホームランを放った少年・剛士を借金まみれでどうしようもない実父から引き離し、OB会長の大宮と養子縁組することで彩珠学院野球部に転入させることに成功。

類まれなバッティングセンスを持つ頼れる4番が加わり、独自の練習法で徐々に練習試合にも勝つことができるようになってきた彩珠学院。

鳩ヶ谷は県内のライバルたちに手の内を見せないように沖縄での合宿を計画し、その資金拠出を賭けてゆり子の用意した相手と力試しをすることに。

ゆり子が用意した相手は県内最強のライバル校・聖母学苑のベストメンバー。

豊富な資金力で整った学校設備と全国から集まった優秀な選手たちを相手に、彩珠学院が挑むこととなるのだった。

 

5巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

彩珠学院が幸先よく先制

試合前から鳩ヶ谷は聖母学苑の桐生監督との挨拶で揺さぶりをかけにいく。

対する桐生監督は鳩ヶ谷がただの新人監督ではないことを見抜き、捕手である佐倉に3回までのゲームプランを任せて試合が始まった。

聖母学苑のベストメンバーを相手に先制点を狙う彩珠学院は、1番の日高が狙いすましたスイングでエース明石から先頭打者ホームラン。(1回表 彩1-0聖)

2番の大井が四球で出塁し、3番八潮のエンドランはセカンドゴロに終わるも、4番大宮がツーランホームランを放ちさらに突き放すのだった。(1回表 彩3-0聖)

大崩れせず反撃の機会をうかがう聖母学苑

これ以上ない形でゲームに入った彩珠学院だが、チームの勢いと試合の流れは別のもの。

聖母学苑の部員たちは監督の指導なしでも自力で立ち直り、1回裏の攻撃では日高に三者三振を喫しながらも合計で30球以上も投げさせて日高の投球データを集めていく。

2回表、彩珠学院の攻撃は無得点に終わり、2回裏の聖母学苑の攻撃。

4番の佐倉が八潮の配球を読み切ってクリーンヒットで出塁し、ノーアウト1塁。

5番にも綺麗にはじき返されるが、なんとかボールの飛んだ先は運よく内野陣の正面であり、ダブルプレーで2アウトランナー無しに。

6番を三振に仕留め、ラッキーに助けられる形で3回表の彩珠学院の攻撃が始まる。

日高の2回目の打席は手玉に取られて凡退、3回を終えて未だ彩珠学院がリードする展開だが、彩珠学院の分析を終えた聖母学苑は着々と反撃の牙を研いでいるのだった。

「0点ゲーム」を実践する聖母学苑

どうにか粘りを見せてリードを守る彩珠学院だが、試合の流れが悪くなっていく。

聖母学苑からノーアウトで先頭打者を出しながらも得点が奪えない状況は、まるで自分たちが練習してきた1点ゲームの発展形だった。

聖母学苑の狙いに気づいた鳩ヶ谷は追加点を狙うため奇襲をしかける。

4番大宮にバントさせると見せかけてランナーの八潮に盗塁させ、さらに3盗も敢行。

捕手佐倉の送球が逸れたところを見て八潮はそのまま本塁に突入するが、素早くカバーに入ったレフトの返球でアウトに。

これも聖母学苑にとっては守備の想定内であり、1点が取れなかったことでさらに試合の流れが聖母学苑へ傾いてしまうのだった。

聖母学苑の桐生監督が直々に采配を解禁

6回裏、聖母学苑の攻撃。

ノーアウトでランナーが出塁し、今度は聖母学苑が送りバントと見せかけてランナーが一気に3塁を狙う奇襲に出る。

不意を突く形で1アウト3塁となり、打者 明石の大きな犠牲フライで1点を返した。(6回裏 彩3-1聖)

続く先頭打者の新発田は何とか打ち取り7回に入るが、ここからは桐生監督が直々に采配を解禁する。

調子を保っていた日高だが、7回裏には滑川のエラーでついに失点。(7回裏 彩3-2聖)

ここから調子を崩し、さらに1アウト満塁のピンチを背負ってしまう。

何とか滑川のファインプレーとファールフライでピンチを凌ぎ、試合は8回に突入するのだった。

貴重な追加点のチャンスを逃す彩珠学院

8回表、彩珠学院は9番の岩槻が四球を選んで出塁し、ようやく流れを引き寄せる。

1番の日高は三振、2番の大井が送りバントを決めて2アウトランナー2塁のチャンス。

鳩ヶ谷は3番八潮の打席で勝負を決めに行こうとするが、八潮は死球を受けて出塁。

4番大宮を前に聖母学苑は左のエース投手・日向に交代し、大宮を打ち取って失点を許さない。

チャンスを逃した鳩ヶ谷は手痛さに頭を抱えるのだった。

八潮の経験不足が露呈し、逆転を許す

左右のエース級、鋭い洞察力を持つ捕手、堅い守備と戦力的には何枚も格上の聖母学苑。

あと2回の攻撃を凌ぎたい鳩ヶ谷は、その策を自分が八潮に教えるか八潮が自分で気づくチャンスに賭けるかで迷う。

8回裏、なんとか2アウトまでこぎつけたところで鳩ヶ谷が出した結論は「八潮を信じて教えない」というもの。

八潮はスライダーの後にいつも通り一呼吸おいて日高のストレートで仕留めようとしたところを佐倉に痛打され、走者一掃の長打で逆転されてしまった。(8回裏 彩3-5聖)

スライダーとストレートの間に一呼吸置いた方がいいのは正しいが、「投手の指の感覚を戻すため」という目的までは知らなかった八潮。

冷静にボール球を要求したり牽制球すれば防げたものの、経験不足に付け込まれてみすみす佐倉にストレートを狙い打ちされてしまった形である。

残る9回表の攻撃で彩珠学院に打つ手はあるのか―。

【5巻のまとめ】

ベストメンバーの聖母学苑を相手に幸先よく先制し、苦しい展開ながらもリードを保って終盤までこぎつけた彩珠学院。

しかし8回裏、八潮の経験不足に付け込まれて手痛い逆転を許してしまう。

残る9回表の攻撃、彩珠学院に打つ手はあるのか―。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

全巻まとめに戻る

参考詐欺師まがいの営業マンが監督に?高校野球の常識を変える駆け引きで勝利を掴め『ラストイニング』全44巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ