青年漫画

帝都ローマで大事件発生、激動の時代へ『拳闘暗黒伝セスタス』15巻(完)【ネタバレ注意】

~前巻までのあらすじ~

15歳の少年セスタスはヴァレンス剣闘士養成所に所属する拳奴であり、「100勝すれば自由の身」という条件で過酷な戦いの道を歩み出した。

元拳奴のザファルに師事し、師の仇敵であるデミトリアスやその息子ルスカとの出会い、そして弱い17歳にしてローマ皇帝に即位したネロとその母アグリッピーナと、セスタスの周囲で物語が動き始める。

デミトリアスが先帝クラウディウス一派による皇帝暗殺計画を阻止したが、命を狙われたことにショックを受けるネロは、母アグリッピーナが先帝クラウディウスを謀殺したのではないかと疑心暗鬼になり、孤独に恐怖するようになる。

信頼できる味方としてセスタスを自分専属の奴隷にしようとするが、師や共に育った仲間たちのためにセスタスは皇帝のお願いを固辞した。

そんなある日、セスタスの所属するヴァレンス奴隷闘士養成所では虐げられてきた拳奴たちの不満が爆発し、ヴァレンスの娘でありルスカの婚約者でもあるヴァレリアを人質にとって奴隷の反乱が勃発した。

セスタスやザファルなど反乱に加担しなかった者を除いて奴隷たちは全員殺される一方、ヴァレリアもまた自暴自棄になった奴隷によって殺されてしまう。

婚約者を殺され錯乱するルスカは拳奴への憎しみを募らせ、セスタスとの間に芽生え始めていた友情も崩壊。

奴隷拳闘士養成所は解体され、新たな身請け先のドリスコ拳闘団でザファルや同年代のペドロ・エルナンド・ゲティや看板闘士のラドックらと共に巡業で帝都ローマを離れることとなった。

ザファルのもとで訓練を積みつつ、天性のバネと不屈の闘志を持つ黒人奴隷ゾラを新たに拳奴として迎え、セスタスたちは訪れた都市ポンペイで絶世の美女だが天邪鬼のサビーナと、サビーナから寵愛を受けることを夢見てひたむきに戦い続ける拳奴エムデンと出会った。

セスタスはエムデンとの死闘を制し、さらにエムデンがザファルと同じくデモクリトスに師事していたことも判明する。

他方、衛帝隊内で腕を上げるルスカだが、絶対的な父デミトリアスの呪縛から逃れられずにいた。

そうとは知らない皇后オクタヴィアがルスカに惹かれ始めるのに対し、妾の奴隷アクテと逢瀬を重ねるネロはアグリッピーナの支配から自立するため、オクタヴィアとの離縁をも宣言する。

アクテにかまけオクタヴィアと離縁を望むネロ、ルスカへの恋心を募らせるオクタヴィア、そしてネロとオクタヴィアの復縁と出産を望むアグリッピーナと、それぞれの思惑が交錯しようとしていた。

そんなある日、内紛の続くアルメニアから親ローマ派と親パルティア派の使節団が来訪し、ネロは初めての政治的危機を迎えることとなる。

パルティアとの戦争は避けられないとの判断に至ったとき、親パルティア派に喧嘩を売られるかたちで彼らの引き連れてきた不死隊とローマの衛帝隊が威信をかけて戦うことに。

全勝を飾った衛帝隊はさらにローマ帝都に入り込んだパルティアのスパイを一網打尽にすべく作戦を開始。

他方、デミトリアスは一矢報いたい不死隊の隊長と決闘を繰り広げるのだった。

最終巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

アグリッピーナがネロを見限る

全身の関節を外され無惨な姿で拘束された親パルティア派の大使は、そのまま関節を元に戻す治療と称して再びアポロニウスからの拷問を受けることとなる。

他方、デミトリアスも不死隊の隊長との死闘を制し、珍しく傷だらけになりながらも相手を葬り去った。

親パルティア派の密偵たちを一網打尽にした衛帝隊が戦果を挙げる一方、宮殿では大事件が起きようとしていた。

ネロがアグリッピーナの愛人でありベテラン官僚だった財務長官パラスを解任したことにアグリッピーナが激怒し、ネロのもとに詰め寄っていたのである。

ネロがどうしても自分の言うことを聞かないことで腹を決めたアグリッピーナは、ブリタニクスを呼びつけて次の皇帝として後押しすることを宣言。

自分の権力を守る為に実の子を見限るという予想外の報復に慌てふためくネロ。

窮地に追い込まれたネロはここから暴走を始めてしまうのだった。

ブリタニクスが毒殺される

姉と再び日の目を見るため、憎きアグリッピーナの策に乗って皇帝に上り詰めることを決めたブリタニクス。

しかし事件はクラウディウス家の晩餐の席で起きてしまう。

食事中に突然ブリタニクスが痙攣を起こし、いつものてんかんの発作かと思いきやそのまま還らぬ人となってしまったのである。

公式発表は病死とされながらも、アグリッピーナはネロが毒を盛って暗殺させた可能性がすぐに頭をよぎった。

衛帝隊も検死によってブリタニクスの死因が毒によるものだと突き止め、黒幕がネロに違いないことを悟る。

ネロが自身のした行いに震えながらも、ここぞとばかりにアグリッピーナの権力のはく奪にかかることを決めた。

帝都ローマを訪れるサビーナ

哀しみが抜けきらないなか、ブリタニクスの葬儀の為に交通整理を任されたルスカとアドニスは、ポンペイからの馬車を引き留める。

その中にいたのは、伯母に連れられて縁談のために帝都を訪れたポンペイ最高の美女サビーナ。

その姿を見るや否や「大輪の薔薇」を連想したルスカは、以前オクタヴィアと訪れた占い師の忠告(※10巻参照)が頭をよぎる。

ルスカは愛する弟を失い憔悴するオクタヴィアを守り、支えることを決意するのだった。

皇帝主催の闘技大会開催が決定

帝都で大きな事件が起きている頃、セスタスはザファルのもとで今日も鍛錬に励んでいた。

ひたすらにツルハシで地面を穿つ作業によって2か月間地道に肉体強化に取り組み、身体つきが変わり始めている。

そんなある日、ドリスコのもとに皇帝直属の使者が訪れ、皇帝主催の闘技大会の出場者のスカウトがあった。

皇帝からの指名でラドックと共に予選に出場することとなったセスタス。

予選は3か月後、シチリアのシラクサで行われることとなる。

世界から猛者が集い、出場者には褒賞、そして優勝者には自由が確約される大会。

ネロ直々の指名とあって出場するしかないセスタスは、腹を決めて大会に向け再び鍛錬に励むのであった。

【15巻(完)のまとめ】

権力の死守を企むアグリッピーナはネロを見限って先帝の息子ブリタニクスを擁立することを宣言するが、窮地に追い込まれたネロはブリタニクスを毒殺。

これで歯止めが効かなくなり、ネロは母アグリッピーナの権力はく奪に拍車をかけていくこととなる。

帝都で大事件が起きているなか、ザファルのもとで鍛錬に励むセスタス。

そんなある日、皇帝が主催する闘技大会の開催が決定し、ラドックと共にセスタスも予選に出場することが決まった。

世界から猛者が集い、出場者には褒賞、そして優勝者には自由が確約される大会。

ネロ直々の指名とあって出場するしかないセスタスは、腹を決めて大会に向け再び鍛錬に励むのであった。

次シリーズへ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

全巻まとめに戻る

参考過酷な環境から自由を勝ち取れ!ローマ拳奴の成長を描くバトル漫画『拳闘暗黒伝セスタス』全15巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ