青年漫画

大糞赤子の母・牛乳女を躱してワクチンを奪還せよ『彼岸島 最後の47日間』10巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

友人らと乗っていた船が嵐に見舞われ、彼岸島に漂着した亮介は、この島で繰り広げられる人間と吸血鬼の戦いに巻き込まれる。

吸血鬼に襲われその恐怖を味わった亮介は、彼女の和美と共に明と出会い、この島の真実を知る。

雅という元凶の存在と、日本全土に吸血鬼の蚊を撒く計画。

明たちはその計画を阻止するため吸血鬼の蚊の育成所を破壊しにいく作戦を立てている一方、亮介は和美と共にボートで脱出を図ったが、邪鬼に阻まれて失敗。

和美は吸血鬼たちに囚われた後吸血鬼ウイルスに感染してしまい、明の手によって命を落とした。

その明たちは翌朝、ついに蚊の育成所の1つを襲撃し、斧神を倒して育成所の1つを潰すことに成功した。

しかし別の集落の地下にある2つ目の育成所へ攻め入った際、大事な局面で師匠の持病の発作が重症化、師匠が邪鬼と化してしまう。

師匠はその集落に増援に来た雅の手によって殺されてしまうが、危機を脱した明たちは最後の育成所の破壊を目指す。

来たるべき雅との決戦に向け501ワクチンの奪還に乗り出す明と亮介は、捕虜にした吸血鬼から雅の屋敷のある集落で護衛隊長がワクチンを管理しているという情報を得た。

しかし途中で明が高熱で動けなくなってしまい、亮介は吸血鬼を先導役にする危険を冒してでも薬草を取りに行くことに。

持ってきた武器のスタンガンは故障し、懐刀1本しかない状況。

果たして亮介は無事に薬草を取って明を回復させることができるのか―。

 

10巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

亮介が初めて吸血鬼を手にかける

吸血鬼の案内のもと、薬草の生えた場所にたどり着いた亮介。

薬草を手に入れた亮介は吸血鬼を殺さずに歩み寄る姿勢を見せるが、その甘い期待はすぐに裏切られることとなる。

吸血鬼は亮介にタックルし、そのまま下り坂を転げ落ちて負傷する亮介。

吸血鬼は拘束されたままジワジワと亮介を追い詰めていく。

自分と明の命が危険にさらされ、亮介は勇気を振り絞って懐刀で吸血鬼に対抗。

なかなか死ななかったが、最後は死にもの狂いで吸血鬼を殺した。

そして明の元へ戻り数日後、無事に明が意識を取り戻す。

そのときには自らの手で命を奪った亮介は一人前の顔つきに変わっていたのだった。

隊長と再会、忌まわしき保管庫へ

復調した明は亮介を連れて集落に潜入し、雅からワクチンの管理を任された隊長の家に忍び込む。

隊長は明との再会を喜びながらも、「ワクチンは保管庫に入れ、最悪の邪鬼を番人として放った」と告げる。

恐怖に震える体調を説得し、そのガイドのもと保管庫を目指す明たち。

暗く息苦しい洞穴の奥にその保管庫はあるのだった。

大糞赤子の母・牛乳女が立ちはだかる

番人として放たれたのは、あの大糞赤子を産み落とした女吸血鬼が邪鬼に変態した牛乳女

牛乳女は多数の乳房から甘い香りのする母乳を撒き散らしながら、生き別れた息子を捜して彷徨っていた。

落盤に巻き込まれバラバラになってしまった明・亮介・隊長の3人は保管庫の前にある檻での合流を目指してそれぞれ先を進むことに。

最初に亮介が合流場所の檻にたどり着きその中に入って身を守るが、そこに牛乳女が寄ってきた。

視力の良くない牛乳女をやり過ごそうとする亮介だが、埃で小さなくしゃみをしてしまい気づかれてしまう。

捕らえられた亮介は牛乳女の母乳によって中毒のようになってしまい、連れ去られてしまうのだった。

亮介を救出しワクチンの保管庫に到着

明と隊長が檻についたときには既に亮介は拉致された後。

隊長は亮介を見捨てて先に進めば労せずしてワクチンが手に入ると主張するが、明には仲間を見捨てるという選択肢はない。

牛乳女は触れるとひどく腫れる体液を巣の周りに張り巡らせており、その体液に触れないよう慎重に進むと、その奥の巣で母乳漬けにされている亮介の姿を発見。

見つからないように巣の後ろへ回り、巣によじ登って亮介を牛乳女から引きはがす明。

そのまま保管庫へと走るが、我が子を奪われた牛乳女が追ってくる。

降り注ぐ体液を吸血鬼である隊長を傘にして凌ぎ、明たちは辛くも保管庫にたどり着くのだった。

ワクチンを入手、洗脳された亮介と決別

保管庫で無事ワクチンを手に入れた明。

しかしその保管庫の外には牛乳女が待ち構えている。

牛乳女の声とその母乳の中毒症状から、亮介が保管庫の扉を開けようとする。

明は亮介を力尽くで止めるが、母乳欲しさに我を忘れた亮介は明に「お前はいつも俺の大切なものを奪っていくんだ」と暴言を吐いてしまう。

そして明に見限られ、自ら保管庫の扉を開いてしまう亮介。

牛乳女は亮介に再び母乳を飲ませながら巣に戻っていく。

その背中を見送りながら、明は隊長と2人で脱出を目指すのだった。

【10巻のまとめ】

亮介のおかげで復調した明は、集落に潜入して護衛隊長と再会。

そのガイドのもとワクチンが保管してある保管庫へとたどり着く。

しかしその場所は大糞赤子の母である邪鬼・牛乳女が立ちはだかる危険な場所。

甘い香りのする母乳の虜となってしまった亮介が明に暴言を吐き、仲違いが生じてしまった。

隊長と共にワクチンを奪取した明は亮介を見限り、保管庫からの脱出へと向かうのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『彼岸島 最後の47日間』全16巻のまとめに戻る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ