青年漫画

堂々の大団円、新たな道を歩みだす『医龍』25巻(完)【ネタバレ注意】

投稿日:2019年2月26日 更新日:

堂々の大団円、新たな道を歩みだす
~前巻までのあらすじ~

女性として教授に上り詰める野望をもつ加藤が天才外科医の朝田とオペ看のプロであるミキをスカウトし、バチスタチームの結成を目指す。

朝田はさっそく医局に染まり切っていない研修医である伊集院に目をつけ、強引ながら指導をしていく。

常に患者のためにまっすぐで医局に問題を起こす朝田を野口教授が切り離そうとする一方で、その腕に惚れたERの鬼頭教授は朝田を手に入れようと画策する。

野口も加藤ではなく、ミキの兄にして朝田と因縁のある北日本大の軍司を推薦することに決め、一度は野望が終わったかに見えた加藤。

しかし「選挙制度そのものを変える」という抜け道を見出して選挙改革草案を作る一方、軍司が論文のためにバチスタを後回しにしていた患者も朝田の新しいバチスタ術式とともに救ってみせた。

選挙改革草案は「加藤が負けたら朝田はERに移籍する」という条件付きで鬼頭が教授会に通し、教授選が幕を開ける。

首の皮一枚つながった加藤だが、教授選では横綱相撲を見せる野口と、鬼頭自らが擁立した最強の候補者、国立笙一郎が立ちはだかることとなった。

朝田や伊集院の一時離脱にもめげず、加藤は野口の義娘とその腹の中にある赤ちゃんを救い、さらに仕事と家庭の両立に悩む医局員への支援を公約に掲げ、少しずつ支持を伸ばしていく。

対照的に、権力が薄まっていく野口に追い打ちをかけるように、野口の胸に大動脈瘤が見つかる。

しかし諦めの悪い野口は逆転の一手を思いつき、これまでの病院の不祥事を告発し出した。

医局員たちは野口を見限るが、朝田だけは逆に野口に寄り添い、蜜月な関係を築く。

その野口は加藤・国立・軍司の3人に自分の治療計画を立てて競わせることに。

3人はそれぞれに治療計画をプレゼンするが、結果的に野口はギリギリまで手術を延期し、国立を執刀医に指名し、手術が始まった。

失敗のイメージのわかない国立だったが、バウマンが持病のてんかんの発作を起こしてしまい、麻酔が切れた影響で大動脈瘤が破裂。

すぐさま加藤が国立から引き継ぎ、新しい術式を持って野口の命を救った。

しかし、絶対的だった父親の失敗を目の当たりにした真悟が取り乱し、説得も虚しく屋上から身を投げてしまう。

最悪なことに、下にいた通行人を巻き込んでしまっていた。

こんなときこそ朝田の力が必要だが、その巻き込まれた通行人こそ、朝田だった。

意識がもうろうとする中、朝田は伊集院を執刀医に指名し、伊集院は予定よりもペースが遅れたものの無事に手術を終える。

真悟も鬼頭が助け、ついに始まった教授の予備選では国立が敗北。

ここで意識を取り戻した野口は残る加藤と軍司を呼び寄せ、軍司ではなく加藤を推すことを宣言した。

その言葉は2人にとって呪いと思えるほど厳しかったが、加藤に対しては静かな激励の意も含まれていた。

25巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

朝田に後遺症が…?

決選投票は目前。

野口が加藤を支持したことにより、状況はわずかに加藤が優勢。

軍司は派閥に属さない大島や鬼頭に挨拶をして回ろうとするが、鬼頭は頭では8割がた軍司に入れるしかないと考えつつも、卑屈な軍司を嫌っていた。

鬼頭にとっては、朝田に障害が残り技術が失われているのなら改革の同志となりうる加藤を支持することも視野に入れ、自ら朝田の状態を見にいくことを決める。

その朝田はまったく心配をかけないように振る舞っていたが、そんな朝田に鬼頭は「今ここでERに来ると確約するなら、俺は加藤に勝たせてやってもいい」と告げる。

〈鬼頭の申し出 [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

朝田にとっても鬼頭にとっても悪くない提案だったが、朝田はこの申し出を断った

やはりどこかに異常を抱えているのか―

目を覚ました野口が「右手だよ。今日は、右手の甲をよく見ていた。」と口を挟む。

朝田の才能を惜しむ鬼頭は、それでも「俺が治してやる」と必死に説得しようとするが、朝田はそんな鬼頭に好意を持ちつつも明真を去る決意は揺るがなかった

〈朝田の心はわからずじまい [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

そして決選投票へ

票集めのために教授たちに挨拶をして回る軍司は、その手ごたえのなさに不安を感じていた。

加藤のように華はなく、凡庸な人間に支持をされてきた自分だからこそ、非凡な人間である教授たちの票も得て何としても勝ちたい。

一方、加藤は野口派の教授たちに挨拶をすませ、夜が更けていく。

鬼頭は加藤に票を入れることを決心し、決選投票が始まった。

鬼頭は目を閉じて過半数以上での勝利を確信しながら、加藤の支持に手を挙げる。

次に軍司を支持するものが手を挙げる番。

鬼頭が目を開けたとき、そこには驚きの光景があった

〈鬼頭が驚いた光景とは [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

大島は最後までどちらにも票を入れず棄権したものの、誰も軍司には手を挙げず、満場一致で加藤に決まったのである。

〈加藤が当選 [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

結果発表で教授会に呼ばれた加藤と軍司。

軍司は自分を裏切った祖父江を非難するが、おそらく鬼頭が加藤に票を入れることを野口がこっそり言伝し、大勢は決したと判断しての選択だったのだろう。

軍司は鬼頭にフォローされながら、顔を手で覆うしかなかった

〈惨敗した軍司 [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

惨敗した軍司

軍司の惨敗のニュースはすぐに医局内を駆け巡る。

これまで軍司を支持していた医局員たちは、こぞって軍司から距離を取った。

そして、迷子のように軍司は明真から去っていく

〈軍司は明真を去る [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

そして加藤は祝福と共にゆるやかな時を過ごし、半月後には野口が加藤に実務を委任して退院した

〈祝福される加藤 [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

加藤の改革が始まる

加藤は完全な三権分立に移行するまでの間、自らが教育と研究の長を務め、その補佐に小暮を指名する。

臨床の長にはクレメンスを、その補佐に中田を指名した。

かつての国立派や軍司派にも十分に配慮した人事だった。

朝田、明真を去る

そして朝田も退院し、明真を去っていく。

そっけなく挨拶だけを済ませて出ていく朝田

伊集院はその後を追いかけ、朝田を引き留めようと説得する。

朝田は伊集院の言葉と成長に心が揺らぎ、仲間たちとの別れを惜しみながらも、笑顔で明真を去っていく

〈別れを告げる朝田 [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

救急車が明真に急患を搬送してくる。

とっさに伊集院は、朝田よりも急患の方に顔を向けた。

伊集院が、一人前の医師になった証だった。

〈一人前の医師になった伊集院 [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

エピローグ:真悟の夢

国立が真悟と共にはじめた焼き鳥屋は鳴かず飛ばず。

国立のこだわりが強すぎて客が引いてしまうのである。

そこに祖父江と加藤が訪れ、野口が構想していた病院評価機構のまとめ役を委任する。

真悟に「僕は自分のやりたいことを見つけたから、父さんもやりたいことをやればいい」と言われ、国立は医者の世界へ戻ることを決心する。

真悟はイルカの骨を掘りに軍司の家を訪れる。

真悟の夢は、獣医だった

〈夢を語る真悟 [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

エピローグ:木原の告白

夢破れ、今後の方向性も見定まっていない軍司は真悟の夢を応援するしかできない。

そして焼けた実家も明日には取り壊し、帰る家もなくなる。

そんなとき、軍司から実家の取り壊しの連絡を受けていたミキが手紙を携えてやってきた。

手紙の差出人は、木原だった。

木原は手紙で予備選での白紙投票を告白する。

〈木原の告白 [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

自分が軍司の愛を独占したかったこと、その気持ちが軍司の掲げる弱い者たちへの広い愛に反すること、今後は自分が軍司のように凡庸な若手にあたたかく手を差し伸べていくこと。

手紙を読み、軍司は再起を決意する。

〈再起を誓う軍司 [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

エピローグ:朝田はNGOへ

一方、朝田は紛争地のNGOへ。

〈朝田はNGOへ [医龍 25巻](c)小学館/乃木坂太郎〉

それぞれが別の道を歩み始めるのだった。

【25巻のまとめ】

さあ、いかがでしたか。

無事に加藤が教授選を勝ち抜き、改革に着手。

それぞれの登場人物が新天地で新たな道を歩み始めたところで、物語は幕を閉じました。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

堂々の大団円、新たな道を歩みだす
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>
 

『医龍-Team Medical Dragon-』全25巻のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暗い過去を持つ麻酔のプロ、荒瀬『医龍』6巻【ネタバレ注意】

医龍 6巻 暗い過去を持つ麻酔のプロ、荒瀬 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 女性として教授に上り詰める野望をもつ加藤が天才外科医の朝田とオペ看のプロであるミキをス …

前回の教訓で迅速な対応が光る『インセクツR』2巻【ネタバレ注意】

インセクツR (2) (バーズコミックス) posted with ヨメレバ 杉山 敏 幻冬舎コミックス 2012-03-24 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo   ~前巻までの …

巨大化する虫と街に起きた異変『インセクツ』1巻【ネタバレ】

インセクツ 1 (バーズコミックス) posted with ヨメレバ 杉山 敏 幻冬舎コミックス 2007-08-24 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo   ウイルスによって巨 …

クラスメイトの眼球を2つ差し出せ『王様ゲーム 臨場』3巻【ネタバレ注意】

~前巻までのあらすじ~ 廃校となった広島県の高校で見つかった1冊のノート。 そこには当時行われていた恐怖の「王様ゲーム」の様子が鮮明に記録されていた。 ノートの持ち主であった本多奈津子は意中の相手であ …

国立と軍司、それぞれの治療計画『医龍』19巻【ネタバレ注意】

医龍 19巻 国立と軍司、それぞれの治療計画 あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 女性として教授に上り詰める野望をもつ加藤が天才外科医の朝田とオペ看のプロであるミキを …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!