青年漫画

囚われた師匠と村人たちを救出せよ『彼岸島』23巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

宮本青果店の店長の息子である宮本明は、謎の女青山冷との出会いで数年前に婚約者と共に行方不明になった兄が冷の故郷である彼岸島で生きていることを知る。

その島は吸血鬼たちに侵された島であり、冷も母と妹を吸血鬼たちに人質にとられていた。

明の兄と冷を助けるため、明は幼馴染のケン・ユキ・西山・加藤・ポンたちや知人たちを集めて彼岸島へ乗り込み篤と再会を果たすが、吸血鬼と化した村人たちの奇襲や血が不足したことで狂暴化した邪鬼、そしてその邪鬼をもサイコジャックで手懐けるボス・雅が立ちはだかる。

2年前に雅を解放したことで全ての悪夢が始まった経緯をもつ篤が死闘の末に雅の首を切り落とすことに成功するも、強い生命力を持つ雅によって脱出は阻まれてしまう。

逃げ遅れていたポンも雅の手によって邪鬼のなりそこないである醜悪な亡者となって命を落とし、明はそのまま篤の師匠でもある島のレジスタンスのリーダーに弟子入りし、8か月が経った。

強くなった明だったが、狭い谷での闘いで雅の圧倒的な生命力を前に敗れ、明を助けるために仕掛けた手負いの篤が吸血鬼ウイルスに感染してしまい、そのまま雅と共に雪崩に飲まれ消えてしまう。

篤の身を挺した時間稼ぎで何とか危機を脱した明たちは、冷とともに彼岸島と吸血鬼一族の歴史を紐解き、雅の不死を無力化するためには旧国軍の五十嵐中佐が実験で開発していた「501ワクチン」がカギとなる可能性があることを突き止める。

生き延びていた篤とも再会を果たすが、篤は吸血鬼と化しており、ワクチンを巡り命懸けで争った結果、冷を失いながらも明は篤を倒してワクチンを手に入れた。

先住の吸血鬼一族の生き残りであった師匠はレジスタンスのリーダーとして雅たち吸血鬼との全面戦争を決め、ワクチンを使うための連続注射器の入手を目指して反攻に出る。

雅の戦力を削ぐために、1つずつ吸血鬼の集落を奇襲して潰すゲリラ作戦を取る明たち。

吸血鬼の集落を1つ潰すことに成功するが、雅は冷の妹である紅葉を人質に明を呼び出し、その隙に人間たちの拠点を邪鬼の群れに襲わせる。

その群れの中には炭鉱の姫の姿もあり、苦戦を強いられる師匠たち。

仲間の危機を知った明は立ちはだかる雅に斬りかかり、仲間の想いを背負いながら雅に一太刀浴びせることに成功するのだった。

 

23巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

拠点は壊滅状態に

雅に一太刀浴びせることに成功した明。

雅は明の成長をむしろ喜び、約束として道をあける。

紅葉を連れて師匠たちのもとへと急ぐ明だが、たどり着いたときには拠点は壊滅していた。

時既に遅し、そこに仲間の姿はなく絶望にくれる明は、雅への復讐心を燃やしていく。

そして残党狩りに来ていた吸血鬼たちを尾行し、捕虜になった村人を見つけるのだった。

捕虜の救出へ

あっという間に吸血鬼たちを殺し、捕虜を救出する明。

捕まっていたのは、元邪鬼使いのナオトだった。

天狗岩へ明を案内していたことで襲撃を受けずに済んだナオトは、拠点からけっこうな数の人間がどこかへ連れ去られたことを明かす。

仲間たちの救出のため、明は近くの吸血鬼の集落を襲う決意を固めるのだった。

囚われていた師匠を発見、新たな邪鬼と対峙

雨の音と闇に紛れ、川のなかに身を潜めながら集落へ潜入を開始。

静かにかつ確実に吸血鬼を殺していき、捕虜が捕まっている蔵にたどり着く。

しかしそのなかには蔵の番人と思わしき、大蛇のような邪鬼がいた。

邪鬼に襲われた明はその身体になんとかしがみつくが、邪鬼も激しく暴れまわる。

明が邪鬼と戦う間、紅葉とナオトは蔵の奥へと進み牢で拷問を受けた師匠を発見するのだった。

師匠以外の村人たちを先に救出

蔵の外に飛び出して暴れまわる邪鬼。

吸血鬼たちも異変に気づくが、逆に邪鬼も制御不能となって吸血鬼たちを襲い出す。

身体から振り払われて川の中へ落ちた明はひとまず退却し、紅葉たちとの合流へ。

牢で師匠と再会を果たし、隣の蔵に多くの人間が囚われていることを知る。

ところがここであの邪鬼が番人として戻ってきた。

この邪鬼はあくまでこの蔵を守るのが使命、明たちはいったん退き、隣の蔵で吸血椅子に拘束されていた村人たちを救い出す。

そしてそのなかには加藤の姿も。

涙ながらに再会を喜ぶ明と加藤。

次は師匠を助ける番だが、蔵の外には武装した吸血鬼たちが取り囲んでいるのだった。

師匠の救出を諦め集落からの脱出へ

村人たちも戦える者は武器を持ち、乱戦が始まる。

しかし数が多すぎるため、近くにあった小舟でいったん脱出しなければ全滅が見えている。

明たちは師匠の救出を諦め、小舟に分かれて乗り込み集落からの脱出を図るのだった。

【23巻のまとめ】

明が戻ったころには拠点は壊滅しており、捕虜になっていたナオト・紅葉と共に囚われた村人たちの救出のため別の集落へ潜入することに。

そこで囚われていた師匠と再会を果たすが、大蛇のような姿をした邪鬼によって救出は阻まれ、その他の村人たちの解放を優先する。

吸血鬼たちと乱戦になるなか、明たちはいったん師匠の救出を諦め小舟に分かれて乗り込み、集落からの脱出を図るのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『彼岸島』全33巻のまとめに戻る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ