青年漫画

劣悪な地下での強制労働、一発逆転をかけてチンチロに挑戦『賭博破戒録カイジ』1巻【ネタバレ注意】

投稿日:

自堕落な日々を過ごしていた主人公“伊藤開司”(通称カイジ)が、大手金融業者の「帝愛グループ」多額の負債を抱えたことをきっかけに、借金の完済と人生の一発逆転を目標にアングラで行われる様々なギャンブルに挑んでいく青年漫画。

前作では帝愛グループの幹部・利根川との勝負に勝ち失脚させることに成功したカイジだが、全ての黒幕である兵藤会長に敗れ、借金を約1000万円に増やす結果となった。

それ以来逃亡生活を送っていたカイジは遠藤に再びギャンブルを紹介するよう依頼する。

しかし規定によりギャンブルは紹介されず、逆に拉致されたカイジは帝愛グループの地下施設で強制労働をさせられることになった―。

言わずと知れた大人気漫画の第2作です。

さっそく、1巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

利根川が失脚するも兵藤会長は健在

帝愛グループ創立40周年の記念パーティ、兵藤会長は巨万の富を築き上げながらもまだその欲は満たされていない。

〈満ち足りない兵藤会長 [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

自らの王国を築くことを目標に掲げ、その実現のために部下を鼓舞する。

そして昨年の元総理大臣に続いてその王国入りを認める者として、帝愛グループの側近・黒崎義裕を皆に紹介した。

カイジに敗北した利根川が失脚し、黒崎が事実上の帝愛グループNo.2として認められた形。

〈黒崎がグループNo.2に [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

利根川の派閥についていた遠藤はその様子を冷ややかに見届けながら、悔しさをにじませるのだった。

冷遇される遠藤のもとにカイジの情報が入る

利根川の派閥として冷遇されることとなった遠藤は、メインの仕事を外され劣悪債務者からの取り立てを押し付けられる日々。

回されてくる債務者は長期間の滞納や失踪などは当たり前であり、回収の見込みも薄いことからやる気など全く出てこない。

しかしそんなある日、遠藤のもとに劣悪債務者のターゲットとしてカイジが回されてきた。

〈カイジがターゲットで回されてきた [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

カイジは利根川を失脚させた張本人、遠藤はカイジを見つけ出すための策を考え始める。

カイジは強制労働送りに

しかし遠藤が探すまでもなく、カイジの方から遠藤に接触しに来た。

〈カイジの方から接触してきた [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

多額の借金を抱えたカイジは、また遠藤に高額ギャンブルの話を紹介してもらおうという魂胆。

カイジのギャンブル狂いに内心呆れた遠藤は、紹介するフリをしながらカイジの身柄を確保。

既に2度チャンスをフイにしたカイジに3度目はなく、睡眠薬で眠らされ15年の強制労働送りにされてしまうのだった。

〈カイジの身柄を確保 [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

劣悪な地下環境での悪夢のような生活

目が覚めるとそこは地下、多くの多重債務者が劣悪な環境で強制労働させられる地獄だった。

〈劣悪な地下での強制労働 [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

債務者たちは班に分けられ、刑務所よりも劣悪な環境で班員23人との共同生活させられる日々。

プライバシーなどあるはずもなく、娯楽もほとんどない悪夢のような生活である。

しかし脱獄しようにも監視カメラや分厚いドアをクリアしなければならないうえ、ドアの先はまるで未知の世界。

とても脱獄は非現実的であり、唯一のチャンスは勤労奨励のオプションとして認められている「1日外出券」

〈唯一の希望は1日外出券 [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

何とかこれを手に入れ、外の世界で金を増やし、借金を完済する。

それが現実的に考えたカイジの目標となるのだった。

僅かな給料と高額な1日外出券

この地下の世界では金に代わる通貨として「ペリカ」が使われ、給料や生活必需品・嗜好品などは全てペリカで清算される。

1ペリカは日本円の1/10の価値であり、1か月間の給料は9万1千ペリカ(9,100円相当)という雀の涙ほどの額。

〈手に入るのは僅かな給料 [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

しかしこれもカイジたちの借金の金利をチャラにしたうえで僅かずつでも借金の元本を減らすことができる分、幾分かは良心的な設定だった。

しかし誰もが欲しがる1日外出券の値段は50万ペリカ

わずかに得られる給料で半年間、全てを我慢してようやく届く金額だった。

キンキンに冷えたビールの誘惑に負ける

初めての給料日、いつものようにカイジの所属するE班の班長・大槻はビールやおつまみなどの販売を始める。

〈我慢を決意するカイジ [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

その場の欲に流れて散財していく他の者を見下しながら、カイジはじっと我慢を決め込んだ。

しかしよく考えてみれば、半年間我慢して1日外出券を買うにせよ、4万ペリカ程度は余る計算。

つまり今ここでビール(5,000ペリカ)や焼き鳥(7,000ペリカ)も買おうと思えば買える―。

寝ころびながら悶々とするカイジ。

そこに大槻班長が近寄り、「無理はいけない」と言いながら好意で缶ビールを差し入れた。

〈差し入れたビールに飛びついてしまう [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

久しぶりのキンキンに冷えたビールが身体に染みわたり、その旨さは涙がこみあげてくるほど。

あっと言う間に飲み干してしまったカイジは、「買えなくもない」という状況に甘えてビールやおつまみを追加。

階段を転がり落ちるように4万1千ペリカも散財してしまう。

〈欲望に負けて散財 [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

そんなダメ人間の典型例となってしまったカイジの様子を、大槻とその側近たちがほくそ笑むのだった。

反省するも2日続けての豪遊

次の日、欲望に負けて散在してしまったことを強く反省するカイジは座禅を組みながら考えていた。

もうこれであと6ヶ月間ほとんど使うことはできない、しかしそれに耐えられるのか…自分の立てた6ヶ月という最短の設定に無理があったのでは…?

〈反省するも計画を早くも修正 [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

早くも計画を7か月に修正するカイジだが、冷静な判断に見えてダメ人間の思考回路に陥っていた。

そして余裕ができた分、この日もビールに手を出す。

勢いは止まらず、2日続けて豪遊してしまうのだった。

〈2日続けて豪遊 [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

給料の前借りと地下での賭博

さすがに2日連続の豪遊は猛省するカイジ。

しかし大槻が追い打ちをかけるようにカイジに給料の前借りという手段を提案する

〈給料の前借り [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

手数料やとりっぱぐれのリスクを考慮して差し引いた6万ペリカを、1か月前倒しで貸そうというのである。

さらにペリカが足りないなら増やせばいい―。

そう言って大槻は月数回開催している賭場にカイジを招待する。

ダメ押しで「6万前借りしても、今夜中に6万返せば利子はとらない」という条件で、カイジはその夜に行われるチンチロ勝負に参加することとなるのだった。

〈チンチロに参戦することに [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

地下チンチロのルール

チンチロの経験はほとんどないカイジだが、他の馬鹿たちには負けないだろうという自信はあった。

今日の初参加はカイジともう一人、三好という青年

チンチロはサイコロを3つ振り、その目で勝ち負けが決まるギャンブル。

出目の強さやこの賭場での特殊ルールの説明がなされる。

〈地下チンチロのルール [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

<役目>
1(ピン)ゾロ…5倍づけ
2 - 6ゾロ…3倍づけ
456(シゴロ)…2倍づけ
通常の目(2つがゾロ目であり、かつゾロ目以外の目の数字が大きい順に強い)…1倍づけ
目なし(ゾロ目がない)…1倍払い
123(ヒフミ)…2倍払い

<特殊ルール>
・親の目に関係なく子も振ることができる(親の総取り・総払いなし)。
・親をスルーすることができる。
・親の連続はどんなに勝っても2回まで。ただし、1回目に親が1の目・目なし・123・ションベンを出したらそこで親は終了。それ以外は必ず2回目の親をする。
・賭け金の上限は2万ペリカである。ただし、親と子の間で合意があれば上限を撤廃、青天井とすることも可能。

通常とは違う地下でのチンチロ勝負が始まるのだった。

〈勝負が始まる [賭博破戒録カイジ 1巻](c)フクモトプロ/福本伸行〉

【1巻のまとめ】

多額の借金を背負わされたカイジは逃亡生活の末、一発逆転のギャンブルを期待して自ら遠藤に接触する。

しかし多重債務者からの取り立てを生業とする遠藤はカイジの身柄を確保し、地下の強制労働場へと送った。

劣悪な環境で集団生活をしなが強制労働と借金返済に終われる悪夢のような生活を送ることとなったカイジ。

この状況から抜け出すには必要な通貨であるペリカを貯めて「1日外出券」を買い、さらに地上で借金を完済するしかない―。

ところが所属するE班の班長・大槻の巧みな話術の前に誘惑の沼に引き込まれてしまう。

貴重なペリカをビールなど嗜好品で散財してしまったことを猛省するカイジに大槻は給料の前借りを申し出、さらに返済のためのチャンスとして賭場に招待した。

カイジと同様新人の青年・三好と共に参加することとなったのは、特殊ルールが存在する地下チンチロ。

カイジの脱出を賭けた大槻たちとの戦いの火ぶたが切って落とされるのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『賭博破戒録カイジ』全13巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

堂々の大団円、新たな道を歩みだす『医龍』25巻(完)【ネタバレ注意】

医龍 25巻(完) 堂々の大団円、新たな道を歩みだす あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 女性として教授に上り詰める野望をもつ加藤が天才外科医の朝田とオペ看のプロであ …

キー坊vs加納、そしてプロレスラーに狙われる灘神影流『高校鉄拳伝タフ』3巻【ネタバレ注意】

高校鉄拳伝タフ 3巻 集英社/猿渡哲也 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ 兵庫県に住むキー坊は古武術・灘神影流の継承者で地元の不良や暴走族も敵わない高校生。 ある日 …

アイアン木場vsガルシア 因縁のリベンジマッチ『高校鉄拳伝タフ』21巻【ネタバレ注意】

高校鉄拳伝タフ 21巻 集英社/猿渡哲也 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ 兵庫県に住むキー坊は古武術・灘神影流の継承者で地元の不良や暴走族も敵わない高校生。 ある …

1回戦から派手な激闘の連続、そしてバトル・キングの正体が判明『TOUGH』12巻【ネタバレ注意】

TOUGH-タフ- 12巻 集英社/猿渡哲也 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ 鬼龍との決闘を経て廃人となってしまった父・静虎を懸命 …

ブルvs鯱山 キー坊のモンスター・ウォーズ参戦が決定『TOUGH』27巻【ネタバレ注意】

TOUGH-タフ- 27巻 集英社/猿渡哲也 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ 鬼龍との決闘を経て廃人となってしまった父・静虎が2年 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!