少年漫画

刃牙と花山の激突『グラップラー刃牙』13巻【ネタバレ注意】

~前巻までのあらすじ~

空手の大会に颯爽と現れ、あっさりと優勝した範馬刃牙。

その正体は東京ドームの地下に存在する禁じ手なしの裏闘技場のチャンピオンだった。

地下の闘技場では現役横綱やプロレスラーをはじめ、様々な闘技者が禁じ手なしの異種格闘技戦を繰り広げる。

チャンピオンである刃牙は”紐切り”を得意とする鎬昂昇・マウント斗羽・鎬紅葉を倒すが、「地上最強の生物」と謳われる父、勇次郎にはまだまだ到底及ばない。

父との対戦に向けて過去に想いをはせる刃牙。

13歳の頃の刃牙は不良集団を相手に真っ向から喧嘩するも途中でKOされてしまう。

大富豪である母、朱沢江珠の管理下で英才教育を受けていたが、より強くなるために自立することを宣言し、家出した。

中学校では敵なしの存在だが、江珠は部下の栗谷川に刃牙の対戦相手を探させる。

そこで名前が挙がったのは日本一強いヤクザ、花山薫。

栗谷川は早速接触を図り、花山も刃牙とその先にいる勇次郎に強い興味を持った。

一方の刃牙はボクシングjウェルター級最強のユリー・チャコフスキーとスパーリングするも、手も足も出ずに惨敗。

何もできなかった悔しさで涙を流した刃牙は飛騨山脈での山籠もりを敢行する。

父の知り合いである安藤の手ほどきのもと修業を開始し、脳内麻薬の制御と死に際の集中力を体得。

過酷な修行の末、夜叉猿に勝った刃牙。

6年前に父が残した遺恨も清算し、夜叉猿との間に絆が生まれる。

刃牙は既にユリーを越えるほどに成長していた。

花山もまた、ユリーをあっさりと破壊する力を持っている。

刃牙と花山、両者の激突が近づいていた。

 

13巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

ユリーに圧勝する花山

瀕死のユリーの脳裏に「心が折れることが真の敗北」という祖父の教えがよぎる。

再び立ち上がって花山に挑むユリーだが、花山はユリーの顔面にパンチを打込み、歯と顎を砕いた

〈花山のトドメの一撃[グラップラー刃牙 13巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

花山はその場を後にし、意識を失ったユリーはかけつけた救急隊によって搬送されていく。

花山の事務所に乗り込む刃牙

ユリーが試合会場に現れないことが報道され、栗谷川はすぐに花山の仕業であることに気づいた。

その伝え聞く強さを江珠や刃牙に報告し、刃牙と花山の勝負が決まる。

花山もまた、刃牙のその先にいる勇次郎を見据え、刃牙との勝負を楽しみにしている。

と、待ちきれなかった刃牙が花山の事務所に単独で乗り込み、早くもケンカを仕掛けた

〈単独で殴り込みをかける刃牙[グラップラー刃牙 13巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

刃牙のハイキックがヒットし、花山が人生初のダウンを喫する。

花山の頭に血が上るが、ここで騒ぎをききつけて駆け付けた警察によって中断され、勝負は持ち越しとなった。

怒りの収まらない花山は路上に出て組の所有車であるキャデラックを怪力でオシャカにするのだった。

〈怒る花山[グラップラー刃牙 13巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

決闘に向けて

刃牙は入院中のユリーのもとを見舞い、花山と戦うことを告げる。

腕の腱が切れ、ボクサーとしての夢が破れたユリーだったが、その表情は吹っ切れていた。

一方の花山は病床に伏す母を見舞い、刃牙との決闘に向け気合を入れる。

刃牙vs花山 決闘開始

ケンカは両者が顔を合わせたときに突然始まる。

二人とも徐々に距離が近づいているのを感じながら、ついに大勢の客がいるゲームセンターのビルで出会った

〈2人がついに激突[グラップラー刃牙 13巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

花山がいきなり猛攻をしかけて刃牙をボコボコにし、最上階の窓から刃牙の身体を投げ捨てる

刃牙は壊れたゲーム台のコードを命綱にして落下から免れ、反撃に出る。

正面から渡り合い、刃牙は花山からまたダウンを奪った。

〈刃牙がダウンを奪う[グラップラー刃牙 13巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

本気を出し始めた花山は来ていたスーツを脱いでふんどし一丁になる

その背中には傷だらけの異様な入れ墨が彫られていた。

〈花山の背中の刺青[グラップラー刃牙 13巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

花山家に代々伝わる「侠客立ち」

江戸時代、花山家は旅の博徒であるヤクザに一夜の宿を貸し、その恩に応える形で博徒は山賊の襲撃から花山家の倅の命を身を挺して守った。

その姿は「侠客立ち」として代々花山家に伝わる伝説である。

〈「侠客立ち」の伝説[グラップラー刃牙 13巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

花山は背中にその入れ墨を掘ったうえで敵対する組に乗り込み、背中に無数の切り傷を負う。

斬られたことで入れ墨は崩れたが、これで真の「侠客立ち」が完成したのだった。

【13巻のまとめ】

ユリーの仇をうつため、花山と決闘する刃牙。

無類のタフネスを誇る花山から刃牙がダウンを奪うが、本気になり服を脱いだ花山の背中には代々伝わる「侠客立ち」の刺青が。

両者の決闘の行方は―。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

 

全巻まとめに戻る

参考格闘漫画界の巨塔の原点『グラップラー刃牙』全42巻+外伝【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-少年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ