青年漫画

凄腕のギャンブラーとの出会い、裏社会を牛耳るクラブ賭郎立ち会いのもと命懸けの脱出ギャンブルが始まる『嘘喰い』1巻【ネタバレ注意】

多重債務者でパチンコ屋に入り浸る冴えない青年・梶隆臣はパチスロの演出がわからずに戸惑っていた同世代の青年・斑目貘にアドバイスする。
それによって大勝ちできたという貘は恩返しとして梶の債務整理や返済を手伝い、その過程の中で梶は貘が凄腕のギャンブラーであると知る。
さらに梶は命すら対価にするギャンブルや、それを成立させるために立会人を派遣する中立の秘密組織「賭郎」の存在を知らされる。
そして、貘の正体はかつて賭郎で「嘘喰い」と呼ばれ、恐れられた天才ギャンブラーであり、かつ、賭郎の長・お屋形様の座を奪い取る大勝負「屋形越え」に敗れ、すべてを失った男であった。
貘は梶を相棒として、力を取り戻し、再び「屋形越え」に挑むべく、行動を起こす―。

「嘘喰い」の異名を持つ天才ギャンブラー・斑目貘を中心に、絶大な権力を持つ秘密組織「賭郎」(かけろう)の下でギャンブルやゲームを行い、個性的な登場キャラクターたちが生死を賭けた頭脳戦を繰り広げる。

いわゆるギャンブル漫画であるが、頭脳戦だけではなく、暴力や権力にも重点が置かれているのが特徴であり、高度な駆け引きや心理戦のほかに、迫力のある戦闘シーンも多く、格闘漫画(アクション漫画)としての一面もある。

さっそく、1巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

伝説のギャンブラーとの出会い

ある日、多重債務者で闇金や消費者金融に追われていた青年・梶 隆臣はパチンコ店でとあるギャンブラー・斑目 貘と出会う。

梶は店を出たところで借金の取り立てに追われるも、機転を利かせた貘が既に取り立てに失敗した同業を演じながら梶を助け、梶にパチスロを教わった礼として借金返済を助けてくれることに。

ギャンブラーとしてあくまでギャンブルで勝つことを矜持とする貘は違法の闇カジノへと梶を連れていき、しばらく様子を眺めた後に自らルーレットの台に着いた。

「好物であるカリカリ梅を食い始めたら、俺の張ってない数字にただMAXで張ればいい」

予め梶にそう告げていた貘は、熱狂するギャンブラーを演じながらルーレットに賭け続ける。

平凡なセオリーで掛金を上げていく貘を見たディーラーは貘から金を巻き上げるチャンスとばかりに、貘が唯一張っていない数字に玉を落とそうとした。

しかし貘が狙っていたのはディーラーの心理を読んで玉を落とす場所を誘導すること。

カリカリ梅を合図に梶がその場所にMAXで張り、144倍の高配当を手にした。

ほんの数分の間に桁外れの洞察力で場を支配した貘、その正体は伝説のクラブ「賭郎」で行われた闇のロシアンルーレットを生き抜いた伝説のギャンブラー、通称「嘘喰い」なのだった。

ヤクザ相手でも堂々と騙す貘

貘のおかげでルーレットで大金を得た梶は、その金で借金を返済しようとする。

貘のアドバイスで大手の消費者金融の債務は弁護士の力を借りて整理し、残るは厄介な闇金業者から借りた50万円。

アドバイスを最後まで聞かずに闇金の事務所に単身で乗り込み、金利の違法性を訴える梶。

しかし逆に闇金業者に凄まれピンチに陥ってしまう。

貘はそこに客を装って助太刀に入り、ヤクザの大物を演じる。

ポケットに入っていたレシートやクーポンなどのゴミを担保に「梶への慰謝料も含めて400万を借りたい」と言い放ち、強気の態度を崩さない貘。

闇金業者は貘の正体がわからず内心では判断に困っていたが、貘が出したゴミに紛れていた桜花賞の馬券に目が留まる。

業者はその日何度もかかってきた間違い電話で知った桜花賞の万馬券の番号と、貘の出した馬券の番号が同じだったのである。

揉め事を避けつつ万馬券を手に入れられると踏んだ業者はすんなりと貘に400万を差し出し、梶と共に返した。

ところが事務所に何度も間違い電話をかけていたのも貘本人。

適当な番号で万馬券を信じさせ、さらにその闇金業者のバックにヤクザがついていないことも見抜いたうえでの見事な策で今回も梶を救ったのであった。

レンタルビデオの延滞料も丸め込む

梶が引越てきてから1か月程度、ずっと借りたまま忘れていたビデオが見つかった。

結構な額の延滞料が発生し焦る梶だが、ここでも貘が助けに入る。

貘は梶の家に架空請求や怪しいチラシが届いていることを武器にレンタルビデオ店に対して「おたくの店から個人情報が流出したせいでこんなことになった」とクレーム。

適当な証拠を持って見事に延滞料を踏み倒したどころか、個人情報流出を信じ込ませて口止め料や慰謝料までもゲットした。

梶はこの数日間で貘に助けられ信頼を置くようになったが、貘は完全な善人というわけでもないのであった。

廃ビルでの危険なギャンブルとクラブ「賭郎」

廃ビルである九重ビルのオーナー・九重太郎(通称Q太郎)は廃ビルを舞台に闇のギャンブルを主宰していた。

違法カジノで声をかけられた貘と梶は九重ビルに場所を移してQ太郎と個人での賭けをすることとなるが、途中でQ太郎はデカい賭けを提示する。

Q太郎は一千万円を現金で出し、「この金を持ってこのビルを出ていけばそのまま持って帰っていい。こちらはそれを阻止する」と切り出した。

ビルから漂う血の匂いを察知していた貘はこの勝負に負ければ命を奪われることを見抜き、難色を示す。

折り合いがつかず、Q太郎は特別にクラブ「賭郎」に立会人の派遣を要請。

「賭郎」の名を聞いたとき、貘は鬼のような形相をするのであった。

賭郎会員権を賭けた脱出ゲームが始まる

賭郎から二號立会人の夜行 妃古壱が派遣され、賭郎が仕切るギャンブルの説明を始める。

どうやら妃古壱は貘のことを知っている様子だが、プロとして淡々と
・賭郎は441年前に忍でもあった初代の切間 陽炎ノ助が立ち上げた組織であること
・最初は博打の負けを踏み倒す輩を成敗する生業だったが、次第に権力者同士の賭け事にも重用され、現在は国の中枢にまで根を張るようになったこと
・地位や権力を問わず、あらゆる人種から命を含めて確実に取り立てる力が組織の強みであり、数々の歴史上の事件の裏には賭郎による取り立てが関与していること
などを明かす。

貘はQ太郎に対して「一千万円ではなく賭郎の会員権を賭けてほしい」と提案。

立会人である妃古壱は貘に一千万円以上の価値があると判断してその提案を支持。

それでも自信満々の姿勢を崩さないQ太郎は会員権のうえに1千万円も追加することを宣言し、賭郎の会員権+1千万円で合意が成立した。

貘と梶がビルから脱出またはQ太郎とその配下がそれを阻止・無力化した時点で勝敗が決するルール、1分後に開始、それ以外のルールは無し。

命を賭けたギャンブルが始まるのであった。

追手は本物の銃を持った傭兵たち

スタートは7階建てビルの5階であり、エレベータの電源は落とされている。

下る方の階段にトラップが仕掛けられていることを見抜いた貘は冷静に階段を登り、屋上に到着。

後から暗視ゴーグルや銃を装備した傭兵が追ってくるが、貘は交渉を持ち掛けるフリをして手すりのギリギリに下がるように相手を誘導する。

そこで予めビル端の足場に潜んでいた梶が傭兵を無力化し、2人は銃などの装備を入手した。

本物の銃を目の当たりにして今巻き込まれているギャンブルのヤバさにようやく気付いた梶だが、賭郎が仕切っている以上、この部隊で何が起きても警察はおろか何人たりとも介入することはできない。

それでも自信満々な貘は銃で梶にかすり傷を負わせ、伏線を張るのであった。

追手を待ち伏せする貘

Q太郎が雇っていた傭兵は1人ではなく、他にも3人の傭兵と部屋にいた2人がいる。

貘は味方が助けに来たように演じながら倒した傭兵から全フロアに鋼鉄線の罠が張られていること、他の仲間の人数やサブマシンガンを持っていることなどを引き出し、7階をスルーして6階のトラップを解除。

Q太郎が快楽殺人者であると踏んだ貘は、Q太郎がじわじわと殺人を楽しむだろうと予測し、逆に罠を仕掛けた。

そうとは知らずに追ってくる3人の傭兵。

彼らはエレベータ前に仕掛けたマキビシに引っかかったものの、屋上や7階ではなく真っすぐに6階に来たことから、貘はさらに策を考えるのであった。

【1巻のまとめ】

多重債務者の冴えない青年・梶隆臣はひょんなことから凄腕のギャンブラー・斑目貘と出会い、行動を共にするようになる。

さらに梶は命すら対価にするギャンブルや、それを成立させるために立会人を派遣する中立の秘密組織「賭郎」の存在を知ることに。

裏社会に根を張る賭郎の立ち会いのもと、賭郎の会員権と1千万円を賭けてQ太郎と言う老人とゲームをすることになった貘と梶。

金をもってQ太郎の所有するビルから脱出できれば勝ちという内容だったが、実は本物の銃を持った傭兵に追われ、負けたら命を取られる危険なものだった。

それでも貘は冷静に梶を導きながら傭兵を返り討ちにすべく、逆に待ち伏せの罠を仕掛けるのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考命を賭けた高度なギャンブルと手に汗握る超人たちのバトルが目白押し!『嘘喰い』全49巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ