少年漫画

伝説の剣豪 宮本武蔵が現代に蘇る『刃牙道』2巻【ネタバレ注意】

小学館/板垣恵介
~前巻までのあらすじ~

勇次郎との決闘を終え、欠伸の止まらない日々を過ごす刃牙。

しかしスカイツリーの地下研究施設で極秘で武蔵のクローンが作られていた。

その鼓動を感じ取る地下格闘士たち。

退屈が終わる時が近づいていた。

 

2巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

出来上がった武蔵のクローン

刃牙と同じく、ハードなトレーニングをしながらも退屈で欠伸の出る日々を送る地下格闘士たち。

同じころ、武蔵のクローンが出来上がった。

〈完成した武蔵の身体 [刃牙道 2巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

しかしデータ上は異常が見られないものの、武蔵は未だ目覚めない。

多くの専門家が意見を出し合う中、ご老公は霊媒師の姉に力添えを求めた。

勇次郎に挑む花山

退屈している花山は、勇次郎に救いを求める。

5年前に対峙したときは惨敗し、恐怖のあまりトラウマを抱えてもおかしくないほどの惨敗を喫した相手。

再び勇次郎と対峙した花山は、欠伸が止まったことを感じていた。

夜の街で通行人が見守る中、花山から勇次郎に仕掛けるのだった。

〈花山vs勇次郎 [刃牙道 2巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

武蔵、現代に蘇る

ご老公の姉、徳川寒子は胡散臭い霊媒師だが、霊を降ろす実力は本物。

その気になれば生きている人間からも霊を抜き取って自らに憑依させることができるのである。

「仏造って魂入れず」だった武蔵の身体に、寒子が息を吹き込む。

〈徳川寒子が武蔵に命を吹き込む [刃牙道 2巻](c)秋田書店/板垣恵介〉

すると武蔵の脳波に変化が現れ、ついに武蔵が現代に蘇った。

【2巻のまとめ】

同じく退屈を持て余す花山は勇次郎に救いを求め、挑む。

そして武蔵のクローンが出来上がり、霊媒師である徳川寒子が命を吹き込むと武蔵が目を覚ました。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

小学館/板垣恵介
その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

全巻まとめに戻る

参考伝説の剣豪 宮本武蔵が現代に蘇り大暴れ!地下格闘士たちは止められるか『刃牙道』全22巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-少年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ