少年漫画

世界最高峰の舞台へ『ハイキュー!!』45巻(完)【ネタバレ注意】

投稿日:

 

~前巻までのあらすじ~

ある日「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始めた小柄な少年・日向翔陽。

中学時代は環境に恵まれず、3年最後の大会にようやくメンバーを集めて出場するも、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。

影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校バレーボール部に入部した日向だが、奇しくも影山もチームメイトとなり、他の1年生である月島・山口や主将の澤村、副主将の菅原、2年でムードメーカーの田中、エースの東峰、リベロの西谷らと共に新チームとして始動する。

インターハイ予選では烏野は影山の先輩セッターである及川率いる強豪・青葉城西に敗れ3回戦で姿を消したが、長年のライバル校である音駒ら複数校による東京での合同練習に招待され、音駒に新たに加入した長身の灰羽リエーフや梟谷学園を率いる大エース木兎らライバルたちから貪欲に技術を吸収。

チームとしても新たな攻撃パターンに挑戦し始めた烏野は春高の予選で青葉城西へのリベンジを果たし、王者・白鳥沢との激闘を制して念願の全国大会出場を決める。

烏野がいち早く出場権を獲得した一方、東京都でも強豪が集う予選が開幕し、全国トップ3に入るスパイカー・佐久早率いる井闥山、梟谷、そして音駒の3校が全国への切符を掴んだ。

全日本ユース合宿で影山が、県内の有望な1年生を集めた疑似ユース合宿で月島と日向が経験を積み、春高バレー本戦が開幕。

烏野は2年連続出場の椿原学園を、2回戦ではユース合宿に選ばれたセッター宮侑らを擁する優勝候補・稲荷崎、3回戦で音駒との「ゴミ捨て場の決戦」を制したが、「小さな巨人」星海擁する鴎台との準々決勝で日向が高熱で途中交代を余儀なくされるアクシデントに見舞われ、準々決勝で無念の敗退となった。

その後月日は流れ、影山は高校卒業後にプロ入りしVリーグで活躍する一方、日向は単身ブラジルに渡り、ビーチバレーの修行を経て日本のプロチーム・MSBYブラックジャッカル(BJ)に入団。

侑や木兎、佐久早らと同じチームで戦うこととなり、影山・牛島・星海らが所属するシュヴァイデンアドラーズ(AD)と対決することとなる。

ADには世界トップレベルのスパイカー・ロメロも所属し、それぞれが成長した姿でぶつかり合う。

その中でも高校時代から大きく成長した日向は、日本ではまだ無名ながらも世界レベルのプレーヤーたちと肩を並べていた。

日向と影山を始め強者たちがそれぞれ大きな存在感を発揮し、試合は互角の攻防に。

1セットずつを取り合い、第3セットも一歩も譲らぬ展開となるのだった。

 

最終巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

存在感を増した日向と影山

ひたすらに強さを追求する牛島のスパイクでADが追い上げを見せる。(BJ24-23AD)

依然としてBJのセットポイント。

ADはロメロが必死にボールを繋ぎ激しいラリーとなるが、最後は日向が利き腕とは逆の左で意表を突くツーアタックを決め、第3セットを奪った。(BJ25-23AD)

〈左でのツーアタック [ハイキュー!! 45巻(完)](c)集英社/古舘春一〉

第4セットも両チーム真っ向から攻め合う互角の攻防。

その中でも日向は卓越したバランスでついに牛島の強烈なスパイクをも綺麗にレシーブしてみせる。

発熱で交代を余儀なくされた高校の時の苦い経験をバネに、ずっと自己管理を徹底しバレーに全力で向き合ってきたことで至った境地。

互いの武器で攻め合う激闘の末、先にマッチポイントを握ったBJ。

ここでも日向が「最強の囮」として縦横無尽に動き回り、ADのブロックを振り回して最後は木兎が決勝点を叩き込む。

〈最強の囮 [ハイキュー!! 45巻(完)](c)集英社/古舘春一〉

学生時代から続く影山とのライバル対決は、日向に軍配が上がったのだった。

世界の舞台へ

しのぎを削るライバルたちは日本代表にも選出され、東京オリンピックで国を背負って戦う。

〈オリンピック日本代表に [ハイキュー!! 45巻(完)](c)集英社/古舘春一〉

牛島、侑、星海、影山、佐久早、木兎らに加え、日向も初招集され世界デビュー。

及川もアルゼンチンに帰化し、アルゼンチン代表として日本のライバルたちを倒すために立ちはだかる。

世界を相手に、再び同じチームでタッグを組む日向と影山。

2人はその後も世界のプロリーグへと身を移し、イタリアの影山とブラジルの日向が世界クラブ選手権大会の決勝でも対峙。

〈世界最高峰の舞台 [ハイキュー!! 45巻(完)](c)集英社/古舘春一〉

互いにライバルとして競いながら、世界最高峰の舞台にまで上り詰めたのだった。

【45巻(完)のまとめ】

互いの武器で攻め合う激闘を制したBJ。

その後日向はオリンピックの日本代表にも召集され、影山達と共に世界を相手に戦う。

リーグ戦では日向はブラジル、影山はイタリアのプロチームへと身を移し、世界クラブ選手権大会の決勝で対峙することに。

互いにライバルとして競いながら、世界最高峰の舞台にまで上り詰めたのだった。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『ハイキュー!!』全45巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-少年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

”ミスター2”ことゲバルの正体『範馬刃牙』4巻【ネタバレ注意】

範馬刃牙 4巻 小学館/板垣恵介 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 地上最強の生物と謳われる父、勇次郎との決闘へ向けてトレーニングに励む刃牙。 全盛期のアイアン・マイケルとのシャ …

難敵レウウィスとの死闘、GP編決着『約束のネバーランド』11巻【ネタバレ注意】

約束のネバーランド 11巻 集英社/白井カイウ・出水ぽすか Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT ~前巻までのあらすじ~ 「ママ」と慕われるイザベラのもとで色々な孤児が家族同 …

新たな仲間と必殺技を得てデス・マーチ完走『アイシールド21』10巻【ネタバレ注意】

アイシールド21 (10) (ジャンプ・コミックス) posted with ヨメレバ 稲垣 理一郎,村田 雄介 集英社 2004-10-04 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻まで …

2回戦で起こる波乱『アイシールド21』12巻【ネタバレ注意】

アイシールド21 (12) (ジャンプ・コミックス) posted with ヨメレバ 稲垣 理一郎,村田 雄介 集英社 2005-03-04 Amazon Kindle 楽天ブックス   ~前巻まで …

“阿修羅”vs”黒呪の亡霊”、”測定不能”vs”猛虎”、そして暗躍する刺客『ケンガンアシュラ』8巻【ネタバレ注意】

ケンガンアシュラ 8巻 小学館/だろめおん・サンドロビッチ ヤバ子 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫の …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!