少年漫画

リョーマが新技で裕太を攻略、不二も観月を圧倒し準決勝進出を決める『テニスの王子様』9巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

テニスの名門校・青春学園中等部にアメリカジュニア大会4連覇を成し遂げた天才少年・越前リョーマが入部。

並みの高校生すらも圧倒する実力を見せつけ、レギュラーの座を賭けた部内ランキング戦に特例での出場が認められる。

最初に立ちはだかるのは2年生レギュラーで海堂。

部内ランキング戦で「マムシ」の異名をとる2年レギュラーの海堂とデータ分析が得意な3年レギュラーの乾から見事に勝利を挙げたリョーマは、レギュラーの座を獲得。

8人のレギュラーが確定し、地区予選が開幕。

ひょんなことから2年レギュラーの桃城とダブルスを組むことになったリョーマは、急造コンビながら個人プレーを武器に快勝を収め、青学はその後も順調に勝ち進んでいく。

そして地区予選決勝では無名のダークホース・不動峰中と対戦、ダブルス2では不二・河村ペアが河村のケガのため途中棄権するも、ダブルス1では大石・菊丸ペアが勝利。

シングルス3でも海堂が執念の逆転勝利で優勝に王手をかけ、シングルス2に出場したリョーマが怪我のアクシデントを乗り越えて勝利した。

青学は手塚を温存した状態で地区予選優勝を果たし、いよいよ都大会が開幕。

ベスト8が出揃い、青学は準々決勝で曲者のマネージャー・観月率いる聖ルドルフと激突する。

ダブルス1では菊丸の体力が尽きてしまい黒星を喫するも、ダブルス2では桃城・海堂ペアが勝利。

シングルス3ではリョーマが不二の弟・裕太と対決することとなる。

左キラーで超ライジングを武器とする裕太の前にツイストサーブは通用しない。

果たしてリョーマは初めての難敵を相手にどう戦うのか…。

 

9巻のあらすじを振り返ってみましょう。

観月に心酔する裕太

超ライジングで早いタイミングで打つことで、リョーマを前に出させまいとする裕太。

しかし裕太の実力を試していたリョーマはギアを上げ、易々と前にも出て1ゲームを奪い返す。

もともと青学に入学した裕太だが、「天才」ともてはやされる兄への尊敬がいつしかコンプレックスとなり、テニス部には入学せずテニススクールに通っていた過去がある。

そこで観月と出会い、兄と比較せず自分を見てくれる観月を慕って聖ルドルフへと転校。

そして観月に教わった第2の武器「ツイストスピンショット」でさらに攻めるのであった。

リョーマが新技で裕太を撃破

勢いよく跳ね上がるツイストスピンショットに苦戦しリードを許すリョーマだが、見様見真似の超ライジングなどで適応していく。

さらにツイストスピンショットには身体に大きな負担がかかることを見抜いたうえで「あんまり使わない方がいい」ともアドバイス。

裕太はムキになってツイストスピンショットを打ち続けるが、リョーマは打球の下にスライディングで潜り込んでジャンプしながら打つ新技「ドライブB」で攻略してみせた。

リョーマとの試合を楽しみ始めた裕太に、観月は「リョーマが地区予選で傷を負った左目を狙え」と指示するが、裕太は正々堂々とした勝負を望んでこれを拒否。

結果、試合は6-3でリョーマの勝利に終わるのだった。

シングルス2:不二が観月を圧倒

敗者や自分の言うことを聞かない者に冷たい態度を取る観月は、部員のことも使い捨ての部品程度にしか思っていない。

裕太に教えたツイストスピンショットも、肩を壊すリスクについてはどうでもいいと考えている様子であり、怒りをにじませる不二がシングルス2で観月と直接対決に出る。

不二のデータ分析によって導いた弱点を的確に突き、5-0とリードを奪う観月。

しかし不二は同じ部にいる乾にも正確にデータを取れないほどの策略家であり、あっという間に苦手なはずのコースを完璧にリターンしてみせる。

観月は支えだったデータを根底から覆され、そのまま一気に5-7で屈辱の逆転負け。

準決勝進出を決めた青学は関東大会への切符を手に入れ、聖ルドルフは5位決定戦に回ることになるのであった。

ダークホースの不動峰が油断した氷帝に勝利

青学の試合の後に行われた準々決勝では氷帝と不動峰が激突。

しかし氷帝はダブルス2試合をサブ組に任せて連敗し、シングルス3でもレギュラーの宍戸が橘に6-0で完敗してしまう。

橘はもともと九州地区2強と言われたうちの1人であり、全国区の実力を持つ猛者だった。

ノーマークの無名校であることを逆手に取り、3試合で一気に勝負を決めた不動峰の作戦勝ち。

まさかの敗戦で5位決定戦に回ることとなった氷帝は、宍戸をレギュラーから外し、代わりにジローを招集する。

準決勝・決勝と5位決定戦が行われるのは1週間後。

こうして都大会の初日が幕を閉じるのであった。

【9巻のまとめ】

リョーマが新技のドライブBで裕太を撃破し、シングルス2でも不二が観月を圧倒。

青学は聖ルドルフを下して準決勝進出を決めた。

他方、別の準々決勝ではダークホース・不動峰が第1シードの氷帝を破る金星を挙げる。

油断して足をすくわれた氷帝は5位決定戦に回ることとなり、その場で負けたレギュラーの選手を降格させるのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

\作品数100万冊以上!初回ログインで70%OFF×6回クーポンゲット!paypayも使える!お得に漫画を読むならこちら/

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

全巻まとめに戻る

参考言わずと知れたイケメン中学生たちによる超次元テニスのオンパレード『テニスの王子様』全42巻【ネタバレ注意】

続きを見る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品揃え最大級!クーポンもポイントも超お得!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

paypayが使えてポイントが貯まるうえ、初回ログインで70%OFF×6回クーポンがもらえる太っ腹ぶり!

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

漫画だけではなく映画やアニメも併せてお得にチェックしたい方にオススメです。

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

Prime会員なら「Amazon Prime Video」で映画やアニメも見られますので、ぜひこの機会にPrime会員になることをオススメします!

-少年漫画

error: Content is protected !!

© 2024 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ