青年漫画

ライフを全て失うカイジ、最後の策は文字通り命を金に換える赤ライフ『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編』4巻【ネタバレ注意】

 

~前巻までのあらすじ~

機械から配られる2枚のカードから互いに1枚を選び、その数字の大小だけで勝負するワン・ポーカー。

互いに相手の手札の数字がUP(大)かdown(小)かは機械の表示でわかるが、そこからの読み合いが核となるゲームである。

ミニマムベットの1ライフは2億円相当。

椅子に拘束されてゲームが始まり、思いがけない2連勝を飾ったカイジ。

しかし勝負はまだ始まったばかりだった。

幸先のいいスタートを切ったカイジは波に乗り、無傷の5連勝を飾る。

配られるカードにも恵まれたカイジ、しかし和也もただではやられない。

カイジの心に生まれた隙を突くかのように意表を突くレイズで3ライフを賭けることを宣言し、和也のプレッシャーに圧され初の敗北を喫したカイジ。

ここから歯車が狂いだし、downカード地獄に陥ったカイジは負の連鎖を断ち切れず連敗。

ライフは再び逆転され、為すすべなく追い詰められていくのだった。

 

4巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

ライフは振り出しに戻る

和也はまたもUPカード、対するカイジも念願のUP、それもKを手にする。

そのまま勝負にいきたい気持ちをグッとこらえ、あえての7で勝負。

ここは1勝を献上し、ついに振り出しの2ライフに戻ってしまった。

罠を仕掛けるカイジ

12回戦、またしても和也にはUPのカード。

対するカイジもここで2枚目のKを引き当てる。

勝機を見いだしたカイジはポーカーフェイスのまま、なんとかベットを吊り上げていきたいところ。

はやる気持ちを抑え、まずは和也にコールする。

自信がないと思わせて、和也からレイズを宣言させる算段である。

カイジの反応をよく観察する和也は、少し考えた末にレイズを敢行。

罠にかかったことを喜ぶカイジ、しかしここで負ければ全てのライフを失う勝負となるのだった。

まさかの敗北でライフがゼロに

意を決してコールし、勝負に出たカイジ。

Kならほぼ負けることはない…。

ところがその考えを打ち砕くかのように、和也はAを出していた。

理不尽なほどに運に見放されたカイジはこれで無一文となる。

しかし、ワンポーカーはまだ終わってなどいなかった。

命を金に換える赤ライフ

追い詰められたカイジの傍にあったサイドテーブルには、文字通り命を表す赤いライフがあった。

この赤ライフを賭けるなら勝負は続行できる。

いまのカイジの状況で今後の人生に2億円もの大金を得るチャンスはきっとない…。

今後も含めて赤ライフを使うか使わないかは自由という条件に、カイジは今が勝負時だと判断した。

赤ライフを張ってもし負ければ、待つのはきっと装置からの押し出しによる転落死。

大金を得るために文字通り命を張る覚悟を固めるのだった。

【4巻のまとめ】

流れを変えるために機を待ち、Kのカードで罠を張ったカイジ。

しかし土壇場の勝負でも運に見放され、和也のAによってカイジは全てのライフを失ってしまう。

追い詰められたカイジに用意されていたのは、文字通り命を金に換える赤ライフ。

赤ライフを賭けて失えば命を落とすことになるが、カイジは大金を得るために命を張る覚悟を固めるのであった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編』全16巻のまとめに戻る

オススメの電子書籍サイトランキング

No.1【ebookjapan】電子書籍、コミックの品ぞろえ最大級!

もう、漫画を電子書籍で読むならここ一択といっても過言ではありません

創業は2000年の老舗で、大企業のYahoo!と共同運営しておりYahoo!のIDと連携すると特典も。

頻繁にセールも開催しているので、必見です。

No.2【U-NEXT】映画・ドラマも付いてくるエンタメ業界の帝王

動画配信が主要サービスとして推されており、邦画、洋画、アニメにアダルトなど、どのジャンルを取っても質量ともに高水準なうえに漫画や雑誌の取り扱いも豊富です。

漫画だけに絞っても毎月1,200ポイントが付与されるので、実質負担は月に\780!?

No.3【Kindle】Amazonに無いものなど無いってほんと?

スマホだけでなく専用端末もあり、認知度や利用率は他ストアの追随を許さないほど。

漫画だけではなく、書籍・雑誌、実用書、エッセイ本、洋書などもバランスよく取りそろえた王道の読み放題サービス「Kindle unlimited」も要チェック!

-青年漫画

error: Content is protected !!

© 2021 もう一度読みたいオススメ漫画まとめ