青年漫画

ユウvsヨシト 2人の試合は伝説へ『ホーリーランド』13巻【ネタバレ注意】

投稿日:

~前巻までのあらすじ~

学校にも家庭にも居場所がない高校生の神代ユウは、あるきっかけでボクシングのワンツーを独学で覚え、いつしか不良たちを撃退する実力をつけ始めた。

その噂は「不良狩りのボクサー」として広がっていき、さらに強い者たちに狙われるユウ。

柔道使いの岩戸や街のカリスマ 伊沢マサキに導かれながら、自分の存在を賭けて更なる戦いに身を投じていく。

代沢高の空手使い 緑山ショウゴとの決闘を経て親友となるが、度重なる戦いを通じて急成長していくユウと次第に2人は道を違えるようになっていく。

ショウゴが自分の強さを追求するあまり道を踏み外していく一方、ユウは不良だけでなく表の格闘技者たちからも注目を浴びるように。

ユウは相手を倒すのに夢中になってしまう自分に絶望しながらも、加害者となるのを承知で自分に挑んでくる者を返り討ちにする日々を送るようになっていった。

そんなユウに目をつけたのはキックボクサーの小原ヨシト。

一度タイマンが実現するが、ユウは気持ちの乗らないまま臨んだことで惨敗。

今度はありのままの自分をぶつけるため、街を代表してヨシトとの再戦に臨むのだった。

13巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

ユウ vs ヨシト

集中して思い切りよく攻めるユウ。

相討ちなら勝機はあるが、ユウの相討ち狙いに気づいたヨシトも多彩な攻撃でユウにダメージを与えていく。

〈相討ち狙いに気づく[ホーリーランド 13巻](c)白泉社/森恒二〉

徐々に追い詰められるユウだが、窮地を救ったのは土屋の教え。

土屋以外にも、これまで戦ってきた戦友たちとの思い出がユウの身に染みついていた。

〈ユウの投げ技 [ホーリーランド 13巻](c)白泉社/森恒二〉

土屋との取り組みで身につけたレスリングの投げ技をヨシトに見せると、ヨシトはユウが他にも技を隠し持っている可能性を警戒し始める。

ヨシトは慎重かつ丁寧に攻撃するようになり、次第に2人の攻防は素早いパンチの差し合いになっていく。

ユウのパンチに合わせてヨシトのミドルキックがユウのアバラを直撃するが、ユウも相討ち狙いでさらにパンチを合わせる。

〈両者にダメージ[ホーリーランド 13巻](c)白泉社/森恒二〉

両者ダメージは重く、決着の時は近い。

最後の攻防。

ユウはヨシトのローキックで意識が飛びかけながらも、ハイキックを繰り出す。

防御したヨシトの肩が上がらなくなったところにユウの追い打ちの右ストレート。

〈渾身の右ストレート[ホーリーランド 13巻](c)白泉社/森恒二〉

拳はヨシトの顎をかすめ、そのままユウは倒れこんだ。

しかし脳震盪を起こしたヨシトも崩れ落ちる。

最後は本能だけでユウが立ち上がり、立てないヨシトが敗北を認めるのだった。

〈負けを認めるヨシト[ホーリーランド 13巻](c)白泉社/森恒二〉

2人の試合は街の伝説に

街に思い残すことが無くなったヨシトはユウ、まさき、ショウゴに「次のステージ、表舞台でまた会おう」と言い残し、街からの卒業を決意。

ユウとヨシト、2人のタイマンはただ勝てばいいとされていた戦いにかわる崇高な価値観を街の不良たちの間に与え、伝説の試合として語り継がれていく。

〈2人の試合は伝説に[ホーリーランド 13巻](c)白泉社/森恒二〉

ユウを街の代表として指名したマサキも、ヨシトの言葉に街からの卒業と表舞台への復帰が近いのか―。

マサキのもとを土屋が訪れると、マサキは自分の迷いと過去のいきさつを話し始めるのだった。

マサキの過去

2年前、ボクシング部に天才として彗星の如く現れたマサキ。

〈期待の新人マサキ [ホーリーランド 13巻](c)白泉社/森恒二〉

ルックスもよく、一躍周りの期待と人気を得る。

しかし強かった父親が大きな不祥事を起こして行方をくらまし、それ以降「強さ」について人一倍強い想いを抱くあまり、マサキはただ強くなることだけを追求していく。

ボクシングでその才能は伸びていったが、マサキの不遜な態度に先輩たちはいつしか苛立ちを募らせるように。

そして先輩たちに呼び出され、集団でリンチを受けてしまった。

〈先輩たちからリンチ[ホーリーランド 13巻](c)白泉社/森恒二〉

多人数に追い詰められたプレッシャーでマサキの身体はすくみ、自ら許しを乞う言葉を口にしてしまう。

それから、マサキはこの出来事がトラウマとなってボクシングでも結果を残すことができなくなっていく

そしてあの出来事を無かったことにして自分のプライドと強さを取り戻すため、マサキは闇討ちでの復讐を決意するのだった。

〈闇討ちでの復讐へ [ホーリーランド 13巻](c)白泉社/森恒二〉

【13巻のまとめ】

土屋や山崎をはじめ、これまで戦ってきた仲間の教えを武器に全てを出し尽くしたユウ。

ダブルノックダウンとなるが、最後は本能で立ち上がったユウが勝利。

ヨシトは街を卒業し、2人の試合は伝説となって語り継がれていくことに。

一方、同様に今後の進退に注目が集まるマサキ。

マサキは何を求めて街に来たのか、その過去が明かされる―。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『ホーリーランド』全18巻のまとめに戻る



レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アイアン木場vsガルシア 因縁のリベンジマッチ『高校鉄拳伝タフ』21巻【ネタバレ注意】

高校鉄拳伝タフ 21巻 集英社/猿渡哲也 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ 兵庫県に住むキー坊は古武術・灘神影流の継承者で地元の不良や暴走族も敵わない高校生。 ある …

椿vsホセ 世界への挑戦は至高のカウンターの応酬に『リクドウ』16巻【ネタバレ注意】

リクドウ 16巻 集英社/松原利光 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 父に虐待され、母は薬物中毒で入院。 幼くして入所した児童保護施設でも性のトラウマを抱えながらも、ヤクザの所沢 …

三原の夢が潰え、リクの次の舞台はA級トーナメントへ『リクドウ』10巻【ネタバレ注意】

リクドウ 10巻 集英社/松原利光 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 父に虐待され、母は薬物中毒で入院。 幼くして入所した児童保護施設でも性のトラウマを抱えながらも、ヤクザの所沢 …

マサキのカリスマ伝説と街に忍び寄る新たな影『ホーリーランド』14巻【ネタバレ注意】

ホーリーランド 14巻 白泉社/森恒二 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 学校にも家庭にも居場所がない高校生の神代ユウは、あるきっかけでボクシングのワンツーを独学で覚え、いつしか …

初回バチスタ、しかしトラブルが…!?『医龍』4巻【ネタバレ注意】

医龍 4巻 初回バチスタ、しかしトラブルが…!? あらすじを読むAmazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 女性として教授に上り詰める野望をもつ加藤が天才外科医の朝田とオペ看のプロであるミ …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!