青年漫画

ファンを増やしながらいざ初めてのジャズ・フェスティバルへ『BLUE GIANT SUPREME』6巻【ネタバレ注意】

投稿日:

 

~前巻までのあらすじ~

世界一のジャズプレーヤーになることを夢見て日本を飛び出し、ドイツの地に降り立った大。

カタコトの英語だけ、縁もゆかりもない土地で新たな生活が始まった。

アジア人という人種の見えない壁に阻まれる大だが、楽器店の店主ボリスをはじめ現地で出会った人たちの支えを得て、女性の小柄な体格に見合わぬ力強い演奏をするベーシスト、ハンナ・ペータース、性格に難があるものの確かな技術でひたすらに自分のジャズを追求するピアニスト、ブルーノ・カミンスキと、誰とも組まないことを信条としていたドラマーのラファエル・ボヌーを加え、4人でのバンドが結成された。

全員が腕に覚えのあるプロフェッショナルであり、練習初日から本音でぶつかり合う大たち。

しかし4人で臨んだ初ライブは全員が空回りして大失敗。

バンドとして全くかみ合わないなか、ボリスが呼び寄せた甥のガブリエルが4人のもとに乱入し、半ば強引に連れ出すようにツアーに出ることを決めた。

大失敗の悪評が広まる前に、様々な場所でライブを成功させてバンドを知名度を上げるのが作戦。

ツアー最初のライブは予想外の大衆レストランだが、大とラファエルが観客へのリクエストに全力で応えて場を盛り上げ、ジャズライブとしても成功させて見せるのだった。

 

6巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

バンド名が「NUMBER FIVE」に

順調にライブをして回る大たちは、宣伝のためにバンド名を考え始める。

大は昨夜の車中で聞いたベートーヴェンの第5交響曲に合わせて「NUMBER FIVE」を提案。

〈バンド名の候補 [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

ジャズバンドは通常、リーダーの名前をバンドに入れるため、候補は以下の2つに自然と絞られた。

・Dai Miyamoto and NUMBER FIVE
・NUMBER FIVE

ハンナとラファエルは大の名前が入った方を推すが、大自身は「4人全員が納得した時にオレの名前をつけよう」と言い、バンド名は「NUMBER FIVE」となった。

〈NUMBER FIVEに決定 [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

空港でのピアノ連弾がSNSでヒットする

フランクフルトでの次のライブのリハーサルが2時間後ろ倒しとなり、急に空き時間ができた大たち。

空港にある誰でも弾いていいピアノをブルーノに弾かせて宣伝映像を撮ろうとガブリエルが提案する。

〈空港のピアノをブルーノに弾かせよう [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

自分1人に負担がかかるのに不満を漏らすブルーノは賭けを申し出、「50人集まったら3日間オレにメシをおごれ」と言い、空港のピアノの元へ。

しかしそこには先に誰かが演奏しており、既に人だかりができていた。

〈先に演奏していたのはプロのマレク [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

演奏していたのはクラシック界で有名なプロのピアニスト、マレク・ヤニツキ

本人はフライトまでの暇つぶし感覚で弾いているうちに、いつの間にか観客を魅了していたようだ。

同じポーランド出身のピアニストとして幼いころからマレクにコンクールで敗れ続けてきたブルーノがマレクに話しかけ、旧交を温めるついでに連弾での演奏を提案する。

ブルーノたちにとっては良い宣伝になるが、マレクへのメリットは正直に言ってない。

〈ブルーノが連弾を持ち掛ける [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

それでも「ジャズだったら絶対お前に負けない」と真っすぐ熱意のこもった目で依頼してくるブルーノに、マレクは乗った。

本気のクラシックを披露するマレクの演奏を、ブルーノが即興でジャズにアレンジしていく。

美しいマレクのクラシックピアノと、自由なブルーノのジャズピアノ。

〈2人が観客を魅了する [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

2人の演奏が一際観客を沸かせ、その動画はSNSでもヒット。

こうしてマレクの名を借りてNUMBER FIVEも知名度を上げていくのだった。

川辺で少年と出会う大

田舎の町で車が故障し、自由時間を手に入れた大たち。

ブルーノはスケッチを、ハンナは友人と食事をして過ごす一方、大はのどかな川原でサックスの練習をすることに。

〈少年が聴き入っていた [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

気付けば大の背後には小さな男の子が座って大の演奏を聴いていた。

1日中吹き続ける大をじっと見ている少年、大は少年に飲み物のお使いを頼むなどしながら、不思議と心の距離が近づいていく。

興味津々な少年にも試しにサックスを吹かせてあげると、思わぬ大きな音に少年は自分でビックリする。

〈少年がサックスにハマった瞬間 [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

大との別れを惜しむ少年にとって、サックスにハマり大に憧れを抱いた瞬間だった。

ブルーノの本心

連弾とはいえ、賭けに勝って得意げなブルーノ。

動画によってブルーノも着実に有名になり、自信をつけたブルーノに別バンドからのオファーも来るようになる。

〈ブルーノの名が売れた [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

メンバーの前では自分への高額なオファーを口にして強気な態度を見せるブルーノに大たちはブルーノが抜ける可能性を考え始める。

しかしブルーノ本人は心の中ではNUMBER FIVEを気に入っており、離脱する気はないようだった。

〈ガブリエルにだけ本心を明かす [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

ホルスト・ジャズフェスティバルへの参加を決める

ライブのブッキングが思うように取れず、スケジュールに空きができた大たちは、ジャズフェスティバルへの参加を考え始める。

〈ホルスト・ジャズフェスティバルへ [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

知名度の低い大たちでも参加できそうとガブリエルが見つけてきたのは「ホルスト・ジャズフェスティバル」というオーディション募集中のイベント。

すぐさまオーディションを受けることを決め現地に向かうが、そこは思った以上に小さな田舎町で、ジャズフェスティバルも初めての開催のようだった。

〈片田舎で初開催のフェスだった [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

野外に設置されたステージは小さく、オーディションを受けていたのは大たちの他に高校生のバンド。

運営委員は普段高校教師をしているコーバス地域ラジオ局の職員であるレネ、そして楽器店を営むフィリップの3人だけ。

資金も労力も正直まったく足りていないフェスに不安を覚えさせるが、それでも「見た人が生涯忘れられないジャズフェスにしたい」と口にする運営委員の熱意は本気である。

〈運営の熱意は本物 [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

大はいつも通り本気でオーディションに臨み、文句なしの合格と参加のオファーを獲得。

人が集まるかどうかもわからないなか、たった3人で全ての準備に奔走し、しかもグランドピアノまで用意していた運営委員たちの熱意と想いに心を打たれ、大たちも本気でプレーすることを決意するのだった。

〈運営の熱意が大たちを動かす [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

フェスの成功に向けて気合が入る

フェスの最初を飾ることとなった大たち。

トリは招待枠のなかでもビッグネームであるベーシスト、サム・ジョーダンのバンドである。

オーディションを通過した高校生たちのバンドは初めてのライブであり、緊張しながらも「絶対に失敗できない」と意気込む。

〈高校生たちにかつての自分を重ねて [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

そんな彼らをかつての自分に重ね合わせた大も、より気合が入った。

そしてライブ前夜、レストランでレネたちがジョーダンたちを接待しているところに出くわした大は、「全力でプレーするので、どうか見に来てください」と申し込む。

〈ジョーダンに話しかける大 [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

できることは全てやり、ライブ当日。

このフェスを絶対に成功させてみせる。

運営委員とスタッフたち、そして大も気合が入るのだった。

〈いよいよフェスが始まる [BLUE GIANT SUPREME 6巻](c)集英社/古舘春一〉

ボーナストラック

ラファエル・ボヌー:楽しさを求めて色々な人とプレーしていたのが、大たちとの出会いをきっかけに変わったこと、そして成長した今もたまにフェスやイベントで大に会う度、大から煽られてプレーに力が入ってしまうことを語る。

【6巻のまとめ】

ライブやSNSでのアピールを重ねながら着実にファンを増やす大たち、バンド名も全員が納得するまで誰の名前もつけない「NUMBER FIVE」に決まった。

そしてライブのブッキングが開いたところでホルスト・ジャズフェスティバルに応募した大たち。

片田舎での初開催、資金も人員もまったく足りていない状態だが、運営委員たちの熱意は本物。

大物ベーシストのサム・ジョーダンらが招待されるなか、大たちもジャズフェスを成功に導くために気合が入るのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『BLUE GIANT SUPREME』全11巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミサキが拉致、アキラと山岡一味の直接対決へ『ザ・ファブル』18巻【ネタバレ注意】

ザ・ファブル 18巻 講談社/南勝久 Amazon/Kindle楽天   ~前巻までのあらすじ~ 裏稼業専門の組織、通称「ファブル」がしばらく休業を決め、プロの殺し屋であるアキラとヨウコは一 …

重圧に飲まれ初の敗北、歯車が狂いだし連敗地獄へ『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編』3巻【ネタバレ注意】

賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編 3巻 フクモトプロ/福本伸行 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ 機械から配られる2枚のカードか …

母を想う獅子神と近づく警察の捜査『いぬやしき』4巻【ネタバレ注意】

いぬやしき 4巻 講談社/奥浩哉 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 職場でも家庭内でも立場がない冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎は、ある日犬の散歩中に高校生・獅子神皓と共に宇宙人 …

レクリエーション登山が一変してパニックサバイバルに『モンキーピーク』1巻【ネタバレ注意】

モンキーピーク 1巻 日本文芸社/ 志名坂高次, 粂田晃宏 Amazon/Kindle楽天 会社の士気を高めるためのレクリエーション登山のはずが、人を襲う巨大な猿によって次々と社員が殺されていく。 裏 …

不慮の事故、悲痛なライブ、解散、そして新たな旅立ち『BLUE GIANT』10巻(完)【ネタバレ注意】

BLUE GIANT 10巻(完) 小学館/石塚真一 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ 宮城県仙台市に住む高校生・宮本大は友人の勧め …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!