青年漫画

サックスの師匠との出会い、音楽で人を圧倒する才能が片鱗を見せる『BLUE GIANT』2巻【ネタバレ注意】

投稿日:

 

~前巻までのあらすじ~

宮城県仙台市に住む高校生・宮本大は友人の勧めで初めて訪れたライブハウスでジャズの演奏に心を打たれ、サックスプレーヤーを目指すことを決意。

「世界一のジャズプレーヤーになる」という夢に向かって毎日学校帰りに河原でサックスを練習し続けた大は、楽器屋の店主からライブ出演の誘いを受け、小さなジャズバーの出演バンドにゲストとして参加する。

初めてのライブで全力を出そうと頑張る大だったが、常連客から音が大きいだけでうるさいと罵声を浴びせられ、呆然としたままステージを降り帰路につく。

それでもこの悔しさをバネに練習に励む大、その背中を押すかのように犬を飼うおじさんが初めてのファンとなるのだった。

 

2巻のあらすじを振り返ってみましょう。以下ネタバレ注意です。

同級生の三輪と距離が縮まる

花火大会の日、土手で練習する大は浴衣姿の同級生・三輪 舞に声をかけられる。

〈気になる同級生と急接近 [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

長身で男受けがよくないながらも、高校2年の頃から舞に好意を抱いていた大は喜び、一緒に帰ることに。

その帰り道、路上ライブをしている若者の演奏に泥酔したオジサンがケチをつけるところに遭遇。

「ヘタクソで、ナニが悪いんすか。」

〈酔っ払いに突っかかる大 [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

音楽に情熱を注ぐものとして、若者を庇うかのように真っすぐ目を見て言い放つ大。

そんな大の立ち振る舞いに、舞もいつしか想いを寄せるようになっていたのだった。

サックスのレッスンが始まる

土手で1人練習に励む大のもとを、初ライブの機会を提供したバードの川西店長が訪れ、「君の音を聴いてほしい人がいる」といって大を見せに連れ出す。

〈酔っ払いとの再会 [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

そこには先日若者の下手な演奏にケチをつけたオジサンがいた。

オジサンのピアノに合わせて腕試しをすることとなった大は、言われるがままに川原で練習しているときの強い音で演奏を始める。

〈オジサンに認められる [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

技術も未熟、ジャズの基本も全くなっていないながらも、恐れを知らずにツヤのある音を出す大に興味を持ったオジサンは、その場で大にサックスの指導をすることを決めたのだった。

初心者からのスタート

オジサンの名前は由井

 

自宅で音楽教室を開いており、大に音階や楽譜の読み方から教え始める。

他方、大がバイトしているガソリンスタンドが閉店することが決まった。

〈バイト先が潰れることが決まる [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

兄の代わりに働き出してから店長とも長い付き合いだったが、その働く場所が無くなる。

大はそんな寂しさも全て音に乗せて練習し、由井の指導もあってさらに表現力が豊かになっていくのだった。

〈寂しさが音になる [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

大と同級生たちの進路

高校3年の夏季講習が終わり、同級生たちの受験が近づいていく。

同級生の玉田 俊二ヒトシ、輝、タイゾーらが大の家に押しかけ、家にあげて楽しいひと時を過ごす大。

〈同級生たち [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

共に育った友達たちだが、進路はバラバラ。

タイゾーらは受験を控える一方、本気でジャズのプロを目指す大に迷いはない。

〈大に迷いはない [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

その大の自信と決意を聴くと、不思議とタイゾーたちも自信が湧いてくるのだった。

ジャズフェスティバルでの即興演奏

大を指導する由井もサックスの腕はかなりのものだが、由井曰く、自分のプレーで人を泣かせることはできない。

〈由井の見立て [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

技術は未熟でも、大のプレーは人を圧倒できると感じているようである。

そんな大は舞を連れてストリートジャズフェステイバルでデートすることに。

様々なジャズを応援しながら聴く大は、気に入ったスタイルのプレーヤーに自ら声をかけるなどして楽しく過ごす。

そして大もそのお祭りとジャズの楽しさを自ら表現しようと、路上で演奏を開始。

〈観客を魅了する [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

その音が観客を圧倒し、会場でスカウト活動をしていた21ミュージック社の営業・五十貝の耳に止まる。

残念ながら大の演奏の音が大きすぎて注意を食らい、五十貝と出会うより前に大はその場を離れてしまうが、大の演奏は既に他人を魅了し始めていた。

〈演奏者を探す五十貝 [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

大を支えた兄の大きな愛

小学生の頃に母を亡くし、高校卒業と共に就職した兄・雅之に面倒を見られて育った大と彩花。

〈大と彩花を育ててきた雅之 [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

家族思いの雅之は、初任給も大と彩花の為に使うと決めていた。

ジャズにハマった大の為に初任給で買ったのは、テナーサックス。

〈初任給で買った大へのプレゼント [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

それも音楽店で一番いいもので、金額は50万円を超えており、無駄な遊びもせずに36回ローンで即購入したもの。

雅之の大きな愛を受けた大は、その恩に報いるべく川原で練習を始める。

あれから3年、雅之のローンが終わったころ、練習に励んできた大のサックスはかなり使い込まれている。

〈あれから3年、ローンを完済 [BLUE GIANT 2巻](c)集英社/古舘春一〉

兄の支えがなかったら、今の大は無かったといっても過言ではなかった。

ボーナストラック

ガソリンスタンドの店長:未だに大がバイトの日々を覚えていることを知り、涙ぐむ。

宮本 雅之:大が東京で警察沙汰を起こし迎えに行った時の思い出を語る。その日雅之と共に飲んだ大は雅之にポルシェを買うことを宣言するが、泥酔していた為覚えていないようだ。

【2巻のまとめ】

兄・雅之がローンを組んでプレゼントしてくれたサックスを大事に使い込む大。

毎日練習を欠かさない大は、初ライブで大失敗したジャズバーのマスターから音楽教室の講師:由井を紹介され、いろいろ落第点をつけられるもサックスの個人レッスンをしてもらえることとなった。

教室に通うことで大の演奏はパワフルさを増し、ストリートジャズフェスティバルでは即興の短いソロ演奏ながらも居合わせた観衆の心を掴む。

音楽で人を圧倒する、大の才能が開花しようとしているのだった。

次巻へ続きます。

この漫画をもう一度読みたい方はこちら

その他スマホでも読める漫画がいっぱい!<スポンサーリンク>

『BLUE GIANT』全10巻のまとめに戻る

もう一度読みたいオススメ漫画まとめ - にほんブログ村


レクタングル大




レクタングル大




-青年漫画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

前回の教訓で迅速な対応が光る『インセクツR』2巻【ネタバレ注意】

インセクツR (2) (バーズコミックス) posted with ヨメレバ 杉山 敏 幻冬舎コミックス 2012-03-24 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo   ~前巻までの …

リクvs神代 A級トーナメント準決勝『リクドウ』13巻【ネタバレ注意】

リクドウ 13巻 集英社/松原利光 Amazon/Kindle楽天 ~前巻までのあらすじ~ 父に虐待され、母は薬物中毒で入院。 幼くして入所した児童保護施設でも性のトラウマを抱えながらも、ヤクザの所沢 …

新たな邪鬼・炭鉱の姫をかいくぐってついに研究所に到着『彼岸島』15巻【ネタバレ注意】

彼岸島 15巻 松本光司/講談社 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ 宮本青果店の店長の息子である宮本明は、謎の女青山冷との出会いで数 …

垣原の反撃、井上が最初の犠牲に『殺し屋イチ』3巻【ネタバレ注意】

殺し屋1 第3巻 (ヤングサンデーコミックス) posted with ヨメレバ 山本 英夫 小学館 1999-02 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo   ~前巻までのあらすじ~ …

足なが婆さんとの戦い、人間陣営が初めて勝利を挙げる『彼岸島』21巻【ネタバレ注意】

彼岸島 21巻 松本光司/講談社 Amazon/Kindle楽天ebookjapanU-NEXT   ~前巻までのあらすじ~ 宮本青果店の店長の息子である宮本明は、謎の女青山冷との出会いで数 …

おすすめの漫画を探す
  • 検索文字

  • 分類

  • ジャンル

  • 巻数

まだデータがありません。

error: Content is protected !!